スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめからその話をすればよかった

はじめからその話をすればよかったはじめからその話をすればよかった
(2013/10/10)
宮下 奈都

商品詳細を見る

待望の初エッセイ集!
――“宮下奈都"を形作るもの、すべてがここにある――

迷いながらも真摯に生きる登場人物の姿を、瑞々しい文章で丁寧にすくいあげる作風で、
初の単行本『スコーレNo.4』刊行以来、静かな、けれども熱い視線を注がれ続けてきた著者。
3作目の単行本『よろこびの歌』では、登場人物たちの成長が共感と注目を集め、
シリーズ化を望む声に応え2012年に続編『終わらない歌』が上梓された。
2011年刊行の『誰かが足りない』が2012年本屋大賞の第7位に選出されるなど、
書店員からの熱い支持を受け、新作を待望される気鋭作家のひとりである。

単独の著書として10冊目にあたり、『終わらない歌』以来1年ぶりとなる本書は、著者初のエッセイ集。
小説を書く理由、自著の創作秘話、三人の子供たちを愛おしむ日々、大好きな本や音楽と共にある暮らし……。
2004年の作家デビュー以来9年間で紡がれたエッセイ81編と、
単行本初収録となる掌編小説4編を収める、宮下ファン必携、極上の一冊の誕生だ!


素直で、感性で生きている人なんだな、と読んでいて気持ちが良かったです。
自分の心にちゃんと向き合って、大切なものがわかっているひと。
そしてチャーミングな人だなぁと思いました。
なんたってホルモンで作家になった人だもん(^^)
読んでいてとっても楽しかった。エッセイまた書いて欲しいなぁ。
スポンサーサイト

天国旅行


現実に絶望し、道閉ざされたとき、人はどこを目指すのだろうか。すべてを捨てて行き着く果てに、救いはあるのだろうか。富士の樹海で出会った男の導き、命懸けで結ばれた相手へしたためた遺言、前世の縁を信じる女が囚われた黒い夢、一家心中で生き残った男の決意――。出口のない日々に閉じ込められた想いが、生と死の狭間で溶け出していく。すべての心に希望が灯る傑作短編集。


もやっとする作品。
すべて「死」がからんでいて、すっきりしない。
もやっとするんです。何か考え込んでしまう。
こういうもやもや、しをんさんはうまいなぁ。

大事なことほど小声でささやく


心の傷は、ぜーんぶ、ここに置いて帰りなさい。 生きることへの感謝を取り戻せる場所。その店に集う人々のくすぶっていた人生が、今生まれ変わる。

その階段を下りると、希望の扉が待っている。
生きることへの感謝と愛おしさを取り戻せる場所―そこは奇跡のスナック「ひばり」。その店を経営するのは、2メートルを超えるマッチョなオカマのママ。規格外のカラダと愛と、痺れる言葉で、心に傷を抱えた人達の止まっていた時間が、静かな夜とともに動き出す。

駅前の寂れた通りの地下にあるスナック「ひばり」。そのママは身長2メートルを超えるマッチョなオカマ・通称ゴンママ。彼(彼女?)の回りに集まるのは、一癖も二癖もある「変わり者」ばかり。エロジジイ社長、金髪モヒカンの歯科医師、シャイで生意気な男子高生、謎のセクシー美女、うだつの上がらない中年サラリーマン……。同じトレーニングジムで出会った彼らは、いつもは愉快にトレーニングに励んでいるようにみえるのだが、それぞれ人知れず心に傷を抱えていて――。
心の垢を洗い流す感涙小説!


設定のわりにはさらっとしている作品。もうちょい盛り上がりがほしいとこ。

「夢はね、必ず叶えなくちゃ駄目なの。叶えるとね、アラ不思議、あなたの過去が変わるのよ」


のひとことがすごく好きです。

太陽のパスタ、豆のスープ


結婚式直前に突然婚約を解消されてしまった明日羽。失意のどん底にいる彼女に、叔母のロッカさんが提案したのは“ドリフターズ(やりたいこと)・リスト”の作成だった。自分はこれまで悔いなく過ごしてきたか。相手の意見やその場の空気に流されていなかっただろうか。自分の心を見つめ直すことで明日羽は少しずつ成長してゆく。自らの気持ちに正直に生きたいと願う全ての人々におくる感動の物語。


文庫本の表紙、かわいいなぁheart.gif

自分ならって考えると、結婚に逃げたい気持ちとか独身の人への優越感とか、
それが叶わぬ劣等感とか、ひとり暮らししたものの実家に戻りたいと言い訳してしまうとことか。
妙にリアルで、グッときました。

おばさんの自然な優しさっていいなと思いました。
ドリフターズリスト、私も作ってみようと思います。

ビブリア古書堂の事件手帖 2

ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)
(2011/10/25)
三上 延

商品詳細を見る

ずいぶんとごぶさたになってしまいました。
転職してから、なかなか本が読めません。
テンションがローだったときに、気分転換に読んでみました。

現実が目まぐるしく変わっているので、ビブリアのゆったりとした雰囲気がほっとしました。
わたしもこんな風にのんびりと暮らしたい~♪

本作品は栞子さんたちの距離が縮まっていきます。
推理も見事★雰囲気が好きです。
キャラの魅力はあんまり感じないけど(^^;)古本にまつわる話が面白いです。


もうすぐ3も発売です!
ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~ (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~ (メディアワークス文庫)
(2012/06/21)
三上延

商品詳細を見る

ビブリア古書堂の事件手帖


ブームにつられ、購入したものの積読でした。
買って、しまった!このラノベ的なストーリーは無理かも・・・と思ったのですが、
結構面白かったです。
謎解きというよりは雰囲気がすごく好きです。
本好きの真髄の域まで行ってしまうとああいう行動になるのか、自分ではびっくり。
2もぼちぼち読みたいです

異国のおじさんを伴う


どれをとっても素晴らしい短編集でした。
タイトルの付け方も一見「???」なのに読み終えてみると、ウマイ!!!

「藤巻さんの道」
完璧な彼女。しかし意外な欠点があって・・・。
この話から、虜になりました。
最後まで「どうなるの?」とハラハラしました。

「夜の空隙を埋める」
2件だけ謎の停電がある。
ミセス・グハーと物申しに行こうとした私。そこで見たものとは・・・。
人生の寄り道って必要だなぁと思わされるお話。このお話がいちばん好きです。
主人公は彫刻の学校に通っていて、それで生計を立てていこうとは思っていなくて、
帰国したら変わらぬ毎日が待っているだろう。

「そんな日々の中で私、きっと何度も思いだすと思うんです。
たとえば今日、あなたと歩いた夜道のことなんかを、まるで人生の大事な一ピースみたいに」


って言葉が大好きです。
こんな思い出をいくつ、命が尽きるまで集められるかな、って思いました。

「クリスマスイヴを控えた三日後に控えた日曜の・・・」
どうでもいい相手と思いつつ、ほのかな発展への期待も抱えた女性がみたのは、
年老いた女性と男性の買い物現場で・・・。
こういうことがもっとあったらいいなぁ。
最初は苦い顔していましたが、最後に言葉一つで雰囲気をがらりと変わって、温かい気持ちになりました。

「くじら見」
タイトルが素晴らしい!
ハネムーンで、気の乗らない「くじら見」に連れ出された夫。
船酔いに苦しむ夫とは裏腹に、逞しくその場を楽しむ嫁。
ふたりのすれ違いと「こいつあなどれんな」という感じが気持ち良かったです。

「竜宮」
主人公はフリーライター。
周りに効率悪いといわれても、テープ起こしの作業は欠かさない。
それにはおばあさんと子供、そして亀の物語があって・・・。
切ない話でした。
仕事をする上で失敗は避けれないし、こういう失敗をした人の方が将来的には伸びる気がします。
失敗とかごまかしたりとか気付かない人も多々いますから。
人の気持ちを自分に都合のよいように捻じ曲げる。
悪意はないにしろ、結構わたしもやっているなぁと反省しました。

「思い出ピロリ」
ひょんなことから見知らぬ葬儀屋の男性とドライブすることになった主人公のお話。
ホラー要素もあるのに女性がクールなのですがすがしく読めました。

「ラストシーン」
飛行機の乗客のDVDの残り10分をめぐるお話。
妙な連帯感と、条理とそして最後の・・・。
乗客を名前なしで、座席番号と特徴で表してあって、不思議な雰囲気でした。

「桂川里香子、危機一髪」
自由人な主人公が、恋した相手はエジプト人。
家族の猛反対の中、顔合わせに向かう途中、ふたりに思わぬすれ違いが・・・。
こんなに自由に生きてみたいし、いってることに一本筋が通っていて気持ちいい!!!
里香子さんの魅力に尽きる、お話です。

「母の北上」
父を亡くした母は、こじんまりとした部屋へと北上する。
北上する母を心配した息子は、忠告を繰り返すのだが・・・。
日常の些細なことを面白く描いてあります。お母さんのいじけた感じがとてもキュートです。

「異国のおじさんを伴う」
ひげ人形の会に招待された主人公。そこで贈呈されたのは・・・。
意味不明なタイトルですが、本当にその通りのことになりました。
人生が生まれ変わるくらい変わるのは、居心地のいい安定した場所を手放すことから生まれるんでしょうね。



* * * * *

どれも読みやすいのに、人生について考えちゃう素敵な本でした。
生きていて、となりに誰かがいて、わかってるようでわからない人や自分がいて、
予期せぬアクシデントがあって・・・
見えない未来をあくせくしながらハンドルを操縦するのって悪くないよっていう本でした。
わたしも近々、仕事を辞めて海外に旅行に行くので、余計に共感したのかもしれません。
すごく、心を柔らかくしてもらった気がします。おすすめです!

虹の岬の喫茶店

森沢 明夫
幻冬舎
発売日:2011-06


トンネルを抜けたら、ガードレールの切れ目をすぐ左折。雑草の生える荒地を進むと、小さな岬の先端に、ふいに喫茶店が現れる。そこには、とびきりおいしいコーヒーとお客さんの人生にそっと寄り添うような音楽を選曲してくれるおばあさんがいた。彼女は一人で喫茶店を切り盛りしながら、ときおり窓から海を眺め、何かを待ち続けていた。その喫茶店に引き寄せられるように集まる人々―妻をなくしたばかりの夫と幼い娘、卒業後の進路に悩む男子大学生、やむにやまれぬ事情で喫茶店へ盗みに入った泥棒など―心に傷を抱えた彼らの人生は、その喫茶店とおばあさんとの出逢いで、変化し始める。心がやわらかさを取り戻す、感涙の長編小説。


新聞でオススメされていたので読んでみた。
当たりでした~。
夜勤中に読んでたら仮眠の時間を割いて読んでしまった(笑)

泥棒に入っちゃった包丁研ぎの男の話がジーンときました。
こんな風にさりげなく、人の背中を押せるって素敵だなぁって思うし、
まっすぐに仕事が好きで、能力も努力もあるのに、社会で生かせる場所がないってことが読んでいてもどかしくて
それと同時に仕事が好きでプライドを持っているってカッコイイな、とも思いました。

最期の話もとってもいいんです。
喫茶店のおばあさんに襲いかかる台風。老い。そして孤独。
それを乗り越えるのは、最終的には自分。
ふいに弱くなっていく心と台風の激しさの、対比が見ていてドキドキしました。

成功とか、上昇とか多くを望まなければ、人はひっそりと自分の思う通りに生きていける。
夢とか希望とか嘘臭いって印象だけど、この本を読んで、そういうすがれるもの信じれるものを何か一つ。
人って必要なんじゃないかなって思いました。
とっても素敵な本に出会っちゃいました幸せ~

人はね、いつかこうなりたいっていうイメージをもって、それを心の中で祈っているときは生きていけるの。
でも、夢とか希望とかをなくして、祈るものがなくなっちゃうと、つい道を誤ったりするものなのよ

チヨ子

宮部 みゆき
光文社
発売日:2011-07-12


五年前に使われたきりであちこち古びてしまったピンクのウサギの着ぐるみ。大学生の「わたし」がアルバイトでそれをかぶって中から外を覗くと、周囲の人はぬいぐるみやロボットに変わり―(「チヨ子」)。表題作を含め、超常現象を題材にした珠玉のホラー&ファンタジー五編を収録。個人短編集に未収録の傑作ばかりを選りすぐり、いきなり文庫化した贅沢な一冊。


解説の人が絶賛していたけれども、面白い小説とは思わなかった。
あっさりしていて、ホラーの要素はいずこに?
しいていえば、最後の長編が読みごたえはあった。

向日葵の咲かない夏


夏休みを迎える終業式の日。先生に頼まれ、欠席した級友の家を訪れた。きい、きい。妙な音が聞こえる。S君は首を吊って死んでいた。だがその衝撃もつかの間、彼の死体は忽然と消えてしまう。一週間後、S君はあるものに姿を変えて現れた。「僕は殺されたんだ」と訴えながら。僕は妹のミカと、彼の無念を晴らすため、事件を追いはじめた。あなたの目の前に広がる、もう一つの夏休み。


気持ち悪い小説でした。私はダメ~
前半は推理物で、ドキドキできるのですが、後半は輪廻転生とかもう何でもアリになってしまっていて、
最後はもう物語が破たんしているように思いました・・・。
事実が二転三転しすぎると、信憑性が薄れて、主人公の言うことが信用できない(笑)
同じテーマでも乙一さんのお話はよかったのになぁ。
夏と花火と私の死体 (集英社文庫)夏と花火と私の死体 (集英社文庫)
(2000/05/19)
乙一

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。