スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

希望名人ゲーテと絶望名人カフカの対話


希望名人ゲーテと絶望名人カフカの対話希望名人ゲーテと絶望名人カフカの対話
(2014/04/23)
フランツ・カフカ、ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ 他

商品詳細を見る

どこまでも前向きなゲーテの言葉と、どこまでも後ろ向きなカフカの言葉。今のあなたには、どちらのほうが心に響くでしょう?

「絶望するよりは、希望を持つほうがいい」――ゲーテ
×
「ああ、希望はたっぷりあります。 ──ただ、ぼくらのためには、ないんです」――カフカ

希望と絶望の「間の本」があってもいいのではないかと思いました。 ゲーテが希望を語り、カフカが絶望を語り、読者の皆さんが それぞれに心に響く言葉を見つけ出すことができる、そんな本が。
――「はじめに」より


本屋さんでビビビときて購入した本。
ゲーテの底抜けの明るさも、カフカのどこまでも底抜けの根暗さも。
そして、その二人を冷静に突っ込む頭木さん(著者)のバランスも全部好き。

笑ったのは、大地に足をつけて立て、って言っているのに対し、カフカは大地そのものがないっていっているところ。
こう言われちゃったらゲーテなんて返しただろう?
意外なのは、ふたりとも対象的な友達がいたことですね。
ゲーテにはカフカのような、カフカにはゲーテのような。
ふたりの背景も知れて、名言も見れて、いろんな考えがあるんだな~って思いました。

装丁も内容も発想もぜんぶ好みでした。何度も読み返してはにやにやしてます。オススメ!!!
スポンサーサイト

みさおとふくまる


八年前、みさおおばあちゃんは一匹の猫と出会いました。おばあちゃんは、「福の神様が来て、全てが丸く治まるように」と願いを込めて「ふくまる」と名付けました。「お日様の下を生きる事ができれば、すべてが好日」。おばあちゃんと、ふくまるは今日も畑へ出かけます。



ごぶさたしています。
更新はしていませんでしたが、結構本は読んでいました。

会社の友達とふらりと立ち寄った居酒屋さんに置いてあったこの本を読んで
涙がでてきました。

毎日が辛くて、逃げ出したくて、頭の中がぐちゃぐちゃになっているときに

決してめかしこんでいるわけでもないふたりの素朴な生き方が、
とても幸せなものに見えました。

わたしもこんな生き方がしたい。

と思いました。


見ていると猫が飼いたくなります。

社会人大学人見知り学部 卒業見込


中二病全開の自意識を閉じ込めて、社会への参加方法を模索した問題作!ダ・ヴィンチ連載の読者支持第1位!オードリー若林の社会人シリーズが、待望の書籍化。社会を生き抜くための“気づき”がここに。すべての社会人へのエール。


できれば卒業しないで~!!!
人見知りで社交ベタな若林さんのエッセイ本です。
自分に嘘がつけない人なんだろうなぁ。

ネガティブの反対はポジティブじゃない。没頭だ!

の一言よかったなぁ。

この本を読むと、考えることって大事だなぁ。って思う。

続きもみたいなぁ❤

自分を愛する力


一気に読みました。
五体不満足を読んだ時は、障害をものともしてない、何でもできるって思ってたけど、
この本を読むと「あ、できないこともあるんだ。やっぱり現実そうだよね」
って感想を持ちました。
乙武さんは介助を受けることは、自然なことでマイナスとは思っていない。
だからフォーカスされていない。
そこを知りたがった自分に「いやだな」って思った。

今の子供は自分で考えない。考えない子供が悪いんじゃなくて失敗をしないようにしてきた背景がある。
休憩時間にトイレに言ってきていいか確認する子がいる話。
わかるような気がします。
わかるけれど、間違ったら怖い。誰かのせいにもしたい。
私は悪くないって思いたい。

こういう気持ち、すごくわかりました。
考えさせるってことは、期待してるってこと。
あなたならきっと答えられる。間違ってもきっと考えがある。
待つ姿勢、受け入れる姿勢。
それがあれば、子供もみんな自由になれるような気がした。
自分を愛する力、肯定する力って欲しいなぁ。

今、乙武さんがツイッターでたたかれているけど、あれも自分の不満を素直に出せたのは
自分に自信があるからだろうな。

irodori

irodoriirodori
(2012/02/24)
高島 彩

商品詳細を見る

聞く 笑う、ツナグ。が好きだったのでこちらも購入。
こっちはエッセイとかブログな感じ。
写真も多くて読みやすいけれど、「アナウンサー高島彩」を求めて読むと物足りない感じ。
逆に、高島ファンには前作よりも読みやすい。
知りたいけれども、連発して欲しくはない。
ひとりの読者のワガママな感想です。

酔って記憶をなくします


先日知り合いの方が、気になっていた社内の男性との飲み会をセッティングしてくれました。
ずっと憧れていて、接点がない方だったので、前日は緊張しすぎて眠剤を拝借。
そんな気合の入った飲み会で、緊張を紛らわすために飲んだハイピッチな生ビールのせいで、


記憶が飛びました

知人の話によると、結構話はしていたらしいのですが、せっかくのチャンスを電話番号も聞かずにおじゃんにしてしまいました。


迎えに来てもらった親の車で派手にリバースとひどい二日酔い。

自分にがっかりだよ。


ってことでなぐさめるために読んでみました。



とりあえず、蝉にはならなかったし、日本海も見えなかったし、怪我もなくてよかった(笑)
記憶をなくしたら人は人じゃなくなるんだなって思いました。
傍目で見てる分にはとても楽しい本です♪

第2図書係補佐


僕の役割は本の解説や批評ではありません。自分の生活の傍らに常に本という存在があることを書こうと思いました。(まえがきより)。

お笑い界きっての本読みピース又吉が尾崎放哉、太宰治、江戸川乱歩などの作品紹介を通して自身を綴る、胸を揺さぶられるパーソナル・エッセイ集。巻末には芥川賞作家・中村文則氏との対談も収載。



又吉さん自身がとても読書家で、本を愛でてらっしゃる気持ちがビンビン伝わってきます。
僕なんかが・・・とすごく謙遜しているけど、貧乏でも何としてでも読みたい本への執着が羨ましいです。
本の手引書ではなく、本を読んだ時の又吉さんの状況とか感性に近いものをエピソード化したもの。
面白い切り口ですね。特に彼女との出会いの場面では、読んでて笑えるまた読みたい!!!

聞く 笑う、ツナグ。


高島さん、大好きなんで買ってみました。
可愛くて、聡明で、上品で、素敵なパートナーまでいて、仕事は順調。
そんな雲の上の彼女でも、結婚に逃げたいと思ったり、可愛いだけでは許されない世界があるんだなぁと思いました。
そんな中で、生き残って生き生きと仕事をされているのは、ルックスも含めた彼女の努力とかココロ配りとかがあるからなんだろうなぁ。
そうやって、集団の中で求められているものに対してどう向き合っていくか。
これは長谷部さんの心を整える。にもいえるんですが、とっても素敵だと思う反面、人間って厄介な世界にいるもんだなとも思ってしまうのです。
ともあれ、ますます高島さんが好きになった一冊でした。また読みたい!!!

結婚式で本当にあった心温まる物語


父から息子へ、母から娘へ、息子から母へ、娘から父へ、祖父母から孫へ、親族から新郎新婦へ―想い、感動、涙、笑いでいっぱいの世界でひとつだけのウエディングストーリー。


お友達に借りました。
100%幸せに溢れる本です。
人を思いやるっていいなぁと思いました。結婚式、いつかしたいなぁ。
年をとっても、ふたりだけでもやりたい。
ウエディングプランナーさんの仕事って、大変そうだけど素敵な仕事ですね。
人を思いやるって素敵なことだなぁ。
本当に心があったまりました。
悲しい時は暗い物に惹かれがちだった。
でも、そういう時こそ、温かい物を見て、聞いて、立ち直る方がいい。
そう思いました。素敵な1冊です。

心を整える。


心が最近乱れまくっているので、購入して読んでみた。
非常に真面目でひたむきで、芯が強くて、冷静で…
サッカーに無知な私ですが、この人のプレイ、そしてチームを見たいと思ったし、
長谷部さんに惚れてしまいました
もちろん情熱大陸も見ましたよ♪
有名人とは思えないしゃれっ気のなさと、本で感じた本人像とまったく差異がなかったです。
メールと電話、毎日されるんですね。彼女になった人は幸せだなぁ~★

そのことはさておき。
さっそく役に立ちましたよ。「恨み貯金をしない」の話。
問題のすり替えって、自分に都合のいいように楽なように考えてしまう。
そういう時も必要だけど、本質と向き合うことが必要なんだって思い、
それがふっと現実の生活で思いだして、生かすことができました。
もっと本を読んで、吸収して、自分のものにして、成長したいって思いました。
長谷部さんのことを知るにもいいし、実用書としても読みやすくとてもいい本だと思いました。
かなりストイックな生活をされているようなので、引退後は思いっきり羽を伸ばすのかな?
私の頭の中は最近、長谷部さんでいっぱいです。
明日の北朝鮮戦!がんばれ~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。