スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年の読書とわたし。

今年は本が去年よりずっとずっと好きになった年でした。
本から、感動や人生観を変えるような素敵なことをたくさん学んだし、
そのたびに読書っていいなぁって思いました。

以前は「読書は気休め!」って思っていて、
このブログの前はホンの気休めってタイトルにしてたぐらいdrop0.gif
だけど、今年は本の内容が素直に自分の中に入って、それが自分の人生に生かされている。
そんな不思議な実感に包まれる、幸福な年でした。

本は絶対に裏切らない。
だって、世の中には数え切れない本があって、
読むときは自分と一対一で向き合ってくれる。
自分を傷つけない。だけど何かを与えてくれる。
特殊だよなぁ~。ギブアンドテイクの関係から逸脱してる。
もらってばっかりだから、たまにはお金をギブしないといけないなぁpp_08.gif

私生活でも、仕事もやっと自信が少しだけもてるようになってきて、
プライベートでも友達と楽しく、そしてより仲良くなれた。

周りに流されず、自分の意見を持てるようになったら生きるのがうんと楽になった。
周りの意見を聞く柔軟さを身につけたから、周りの人との関係がよくなった。
まだまだ未熟な部分はたくさんあるけれど、自分なりに考えて成長できたと思う。

いつもそばに本があって、
そしてブログメイトさん達とのつながりもとっても楽しかったheart.gif

こうやって振り返ってみると、色々あったけどとても充実した一年だったなぁとしみじみ。
来年はどんな年になるのかなぁ?
大殺界に突入するらしいけど・・・ドキドキドキ20060610100419.gif
き、気にしないもん!

来年もよろしくお願いします。
以上、年末の挨拶でした!(新年の挨拶はのちほどしますね~)
明日は夜勤!がんばるぞー!!!
スポンサーサイト

恋愛のすべて。


島村 洋子 / 集英社
Amazonランキング:491042位
Amazonおすすめ度:


<評価>
20060517191140.gif

<内容>

異性との出会いから恋の成就まで、様々な恋の悩みに作者が体験をもとに解決法を伝授する。『ヤングユー』掲載の恋愛エッセイ「オンナの花道」の単行本化。


<感想>
これを読んだとき、目からウロコが落ちました。
あまりにも自分が日ごろ思っていることとおんなじだったので。
嘘だと思うなら、この記事を読んでごらん!

そうよ!恋愛は妄想力なのよ。
恋愛できない女はトキメキ能力=妄想力に欠けてるのよ!
(*例外あり→オタク*)
小悪魔テキニックだぁ~?あたしはもてたいわけじゃないんだ!
チヤホヤされたいわけでも、自分のプライドを守りたいわけでもないんだ!
たった一人いればいいんだよ~20060610100518.gif
そういうのが全部全部!詰まってました。
あー気持ちいいっ。
私、島村さんの顔を本で見たことがあるんですが、色っぽくてでも茶目っ気もありそうで、ストレートそうで。。。素敵でした
見た目も素敵ですが、恋愛の大先輩からアドバイスをもらってるようで、心地よい。
モテテクとかくどきテク、おねだりテクって感じの人を惑わす感じじゃなくて、もっと素朴。

長く長く付き合っていく相手を選ぶのに、惑わしてどうするの?
テクニックは多少必要だけど、自分じゃない何かになろうとして疲れるのって本末転倒じゃないかと思う。
上手じゃなくてもいい。そのまんまでの自分でゲットできれば大成功
恋愛ってそもそもそういうもんだったよなぁ、と初心に帰りました。
自分にとってバイブルになりそう。
ホント、恋愛のすべて。でした。

手紙屋さん

手紙屋さん手紙屋さん
かあぼ

新風舎 2006-05
売り上げランキング : 295795

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<評価>
20060623215859.gif

<内容>

インターネットに掲載された“手紙屋さん”の元に送られてくる、人々の切実な願いが詰まった依頼文。思いが募り、身動きできなくなってしまった依頼主たちの心に、“手紙屋さん”からの代筆手紙がやわらかな光となって差し込んでいく。人は誰かに支えられて生きているということに改めて気づかされる、心温まる物語。

HP→コチラ

<感想>
手紙屋さんは実在する。
死んでしまったあの人や、もう二度と会うことのないあの人に。
叶えられなかった思い、叶うことのない思いを胸に秘めたあなたに成り代わって、手紙を書く手紙屋さん。
少しでもエピソードが違うって思ったら、その架空の話は信憑性なくなってしまうし、簡単なようでものすごく難しいのだろう。

テーマは辻仁成の代筆屋と似てるんだけど私は代筆屋のほうが好みです。
代筆屋の方は対象者がいる。だけどこれは一方通行な手紙。
自分の理想に仕立て上げた対象者に、手紙をもらったりあげたふりをする。
実際の職業にするなら手紙屋さんの方がニーズがありそうだけど07_r.gif

自分の気持ちを昇華するため、相手の気持ちを自分に都合のいいようにする。
たとえ、一時的にでも。
それって、どうなんだろう?
嬉しいのかなぁ?

手紙屋さんの仕事のきっかけとなった深い訳は、まえがきに書かれたときから、本全体、内容から表紙にいたるまでを包み込む。
素朴で、優しいのに、なぜか寂しい。


所詮、嘘。

きっとわかっている。
だけど、それを求める人が確かにいるから、続けたい。
そして、自分のためにも。

嘘でも幻でもいい。たとえそれが一瞬でも。
そういう存在がある、というだけでも救いになる。
そういうことが世の中にはたくさんあると思う。
もしかしたら自殺する人は、ずっと自分自身の欲していた他人からの優しさを、こういった手段で自分の手を使ってでも手に入れることができたなら踏みとどまったかもしれない。
手紙屋さんのほうが読み手よりもずっとシビアに考えていると思う。


もし自分の抱えているもの、後悔、不安、怒り、悲しみに耐えられなくなったら手紙屋さんにぜひお願いしたい。
自分がどんな言葉で癒されたいと願い、それをどう手紙屋さんに表現し、どんな風に癒してくれるのか、見てみたい。
他人の手を借りたとはいえ、一番自分の欲していたありのままの自分の言葉なのだから。

見えない誰かと


瀬尾 まいこ / 祥伝社
Amazonランキング:3422位
Amazonおすすめ度:


<評価>
20060523175411.gif

<内容>

「以前の私は人見知りが激しく、他人と打ち解けるのに、とても時間がかかった。社会に出てからも、わざわざ親しくもない人と一緒に何かするくらいなら、一人でいたいというつまらない人間だった。でも、…」誰かとつながる。それは幸せなことだ…待望の初エッセイ。


<感想>
私の利用する図書館にはインターネットで予約できたり貸し出し情報が見れるサービスがある。
瀬尾さんのこの本はずっと貸し出しOKになっていて、不思議だなぁ?予約が殺到しそうなのに・・・と思いながらもいざ図書館へ。

理由がわかりました。あるべき場所にない
司書さんに探してもらって、「もしかしたら今お客様が読まれているのかも…よかったらご予約をされませんか?」とすすめられた。
じゃあ予約しておこうかな~と思ったら、「ありました!」と。
接客後も、一生懸命探してくれて、あるべき場所にない本を探し出してくれたのだ。
嬉しかったなぁ~若くて初々しい姉ちゃんが、とても清々しい対応をしてくれて。
もしかしたら、この姉ちゃんも瀬尾さんのファンで、読みたい気持ちをわかってくれたのかしら?
何にしても、本好きとして、こういった司書さんがいるというのは頼もしく、嬉しい体験だった。
そんないい出会い方をした本だったが、内容のほうも清々しい本だった。

瀬尾さんの小説と瀬尾さんのイメージが重なった。のんびりしてて、でも仕事には誠実に向き合ってて。
脱力系だけど、とてもいい先生なんだなと思った。
温室ディズほどじゃないかもしれないけど、所々生徒の嫌がらせとか大変な事件はある。
けど、瀬尾さんはくよくよしなくって、してるのかもしれないけど、生徒を恨んだりはしてない。
人を大切にする。自分も大切にする。
仕事に対して、好きで情熱もあるけど、いい感じに力が抜けてて、そんな瀬尾さんの姿勢が好きだなぁと思った。
仕事を必死でやってる人を見ると苦しくなる。
正直焦りもあるけど、そんなに頑張らないといけいないのか人生って。

瀬尾さんの疲れて一年休業の話は、意外だった。
そして、休んでもいい、とココロが軽くなった。

決められたレールを歩くこと。道を踏み外さないこと。
人並みに仕事に就くこと。
社会人になったら、逃げられない。
一度そこに行ったら引き返せない。
列車はどんどん進んでいって、そこに私の意志なんてない。
ただ、そこに乗っていれば、「間違い」はない。

社会人になって、そういったイメージがぼんやりあった。
道から外れること。
それは可能だけど、世間の目、安定をすてることへの不安などリスクも負わなければならない。
納得なんてしていないのに、どんどんどんどん進んでいく。
私が迷うのなんて、お構いなしに。

そういう不安があった。そして今もぼんやりある。
仕事に対しての考え方。迷い。
それもぼんやりある。
いつも自分が正しいとか、間違ってるとかそういったことを言い切るほど自信はない。
だから、こうしなさい、と言い切る本を読むと反発したくなる。不安の裏返しってやつ。
そして、瀬尾さんのように大らかで、柔軟性があって、自分の気持ちに正直で、仕事に誠実に向き合っている人の本を読むと本当に癒される。
明日も頑張ろうって思える。
エッセイだけど、読んだあとは小説と同じ爽快感があった。

砂時計


芦原 妃名子 / 小学館
Amazonランキング:37918位
Amazonおすすめ度:


<評価>
20060523175411.gif

<ストーリー>
両親の離婚で田舎に引っ越してきた杏。
そこで母親の自殺という衝撃的な体験をします。
彼氏の大悟は杏の闇を受け止めようとするのだけど、順風満帆だった彼に彼女の闇は受け止められず、好き合いながらも別れてしまいます。
お互い違う誰かと付き合いながらも、忘れられず、時は戻らないまま、進み続ける、と言う話。

12歳から50歳までの主人公の恋愛と人生の物語。

<感想>
ちまたでものすごく評判がいいので読んでみました。

この作品、デスノートのように血眼になって読むような感じじゃないんですが、読む手は止まりませんでした。
全10巻で、登場人物たちがどんどん成長し、生活を変え、環境の変化にどう自分自身が向き合うのか、どう変わっていくのかが描かれています。
最後はじぃちゃんになったとこまで描かれているので、一人の人生をの見せてもらったかのような、読み応えがありました。

恋愛について、人生について深く深く心に響くとても素晴らしい本で、読めてよかったなぁと心から思いました。

続きを読む

となりの801ちゃん


小島 アジコ / 宙出版
Amazonランキング:225位
Amazonおすすめ度:


<評価>
20060623215859.gif

<内容>

アイラブ腐女子。僕は28歳、オタク会社員。付きあってる彼女が腐女子でした。ちょっと変わったカップルの実録ラブストーリー。ベストオブ常習者サイト2006(ブログ/テキスト部門)ネットランナー主催金賞受賞。


<感想>
普通におもろかった。それ以上でもそれ以下でもない。
彼女がとんでもなく醜態自分をさらけ出してるのに時々引きつつも、嫌いになったりしない。
いいなぁー、こういう恋愛。ほわわんとした気分になった。

トリックスターから、空へ

トリックスターから、空へトリックスターから、空へ
太田 光

三三七拍子 天下御免の向こう見ず ヒレハレ草 爆笑問題 太田光自伝 カラス パラレルな世紀への跳躍

by G-Tools


<評価>
20060623215859.gif

<内容>

太田、お前は何者で何になりたいのか-。憲法9条、戦争と平和、この国の行方、自分を見つめ直す勇気…。爆笑問題・太田光が語るメッセージ。『TVブロス』連載を再構成して単行本化。


<感想>
太田光さん単品のエッセイは大好きで、無条件に購入します。
きちんとすじが通っていて、いつも新しい気づきを与えてくれるから。

今回の本は、戦争と憲法というお堅いのがテーマだから、多少とっつきにくさもあったけど、面白かったです。
内容もすばらしいけど、芸人さんのサービス精神があるからなのかな。難しい問題をわかりやすくストレートに表現しているとこがすき。
だから私みたいな「難しいのは苦手・・・」と思ってても読めちゃうんですよねー。

まず最初に「読書は唯一の趣味。いや、趣味というより癖」というコラムが載っていて、そうそうそう!!!と共感しました。
三浦しをんさんは「シュミじゃないんだ」って熱く語ってましたけど、私はそこまでの情熱はない。
けど趣味っていうより、気がついたら本を読んでいることが多くて。
これって癖だったんですね。
そっかそっか。

たまーにそういったエピソードが載っていますが、今回は本当に憲法の話題が占めてました。
好みで選ぶなら、パラレル…や三三七拍子の方が好きなんですが
こういう本も読み応えがある、いや読まなきゃいけないなと思いました。
いつもは太田さんの意見にほぼ説き伏せられてしまうのですが、
今回は戦争がテーマということで、「んーでも私はこう思うぞ?」と違うと思うこともちらほら。
文中にも出てくるけど、戦争に対する考え方って人それぞれ違うんですよねぇ。
太田さんの言ってることは正しい。筋も通ってるし。
だけど、筋が通ってることが支持されるとは限らない。
この人が総理大臣になったら人はついていけないし、才能がある人が正しいやり方で政治を変えていこうとしても同じことが言えると思う。
どうしようもないこと、見えない圧力、足の引っ張り合いや理不尽さがある。
それに人間は常に正しいことをできるわけじゃないし、時々失敗もする。エゴもでる。

正しいことをいう。自分の意見をいう。だけど常に迷い、立ち止まり、これでいいのかと自問自答しながら進む人。
それが太田光という人のあり方。
そういうところが、大人として、社会人として、日本人として、人として必要じゃないのかと思いました。

この本で、日本人は結構こてんぱんに言われていますが、私は逆に日本人でよかったなーと思いました。
美しいことばかりを目指すんじゃない。
優しさ、弱さ、中途半端さ、その背景に何があるのかを考えると
どうあるべきか、日本の個性、そして役割が見えてくる。
さらに、その価値観は時代とともに変化するべきであると述べられている。
この人の作品の中で、変化に対する肯定が多く聞かれる。
そして、現在の自分、社会を受け入れようとする。
無責任に社会が悪いと意見は責任転嫁だと否定する。
その先になるものを見据え、石橋を叩きながら自分の生き方を模索している人。

今回もいろんなことを考えさせられ、新しい発見をたくさんもたらしてくれました。
普段、単純が一番!と言っている私ですが、時には立ち止まり、考えることも必要かなーと思いました。

それにしても、いつも変なタイトルだな(笑)

イヴの夜

イヴの夜イヴの夜
小川 勝己

光文社 2006-10-21
売り上げランキング : 35889

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<評価>
20060605131725.gif

<ストーリー>
恋人を惨殺された挙句、殺人犯の疑いをかけられ社会から追い出されてしまった光司。
デリヘル嬢をしながらも、人との交流がうまくできないひとみ。
関係のない二人がイヴの日に、勘違いから殺人未遂にまで発展し・・・。

<感想>
この作品の売り文句。それはsonatineの大好きなテーマ不器用さん
このワードがあるだけで、無条件に読まなければ!という気になります。
さてさて、期待に胸を躍らせながら読み始めた作品でしたが、
評価厳しいですが、心は動かされたんです。
面白いな~とも思ったし、読ませるだけの力はある。

前半は二人の不器用っぷりが、どもり、人の和にうまく入っていけない、妄想癖などの描写がていねいで、これぞ不器用の中の不器用って感じで、ものすごく惹き込まれました。
容疑者に対するマスコミの対応について、痛い、腹立たしい、ひどい、と思いつつ、マスコミ側の視点の「働きマン」を読んでいたから彼らだって好きでこんなことしてるわけじゃないんだよな~って複雑な気持ちでした。
きっと、世の中にはこういった被害者がたくさんいるんだろうなぁ。

なんて、いろんなことを考えながら読んでいったのですが、二人が出会ったところらへんから変な方向に進んでいくんですよ。
この話の山場のシーンでは、滑稽で苦笑してしまいました。
その後の二人の関係も不自然すぎる点がいくつもあって、
きっと結末を先に考えられたんだと思うのですが、そこに行き着くまでの展開が急すぎる。
ごく普通の不器用さんが売り文句だった前半に対して、後半は明らかに怪しい人なんですよ。

作者紹介のところに

「人間の誰もが持つ、心の弱さ、負の要素の書き方には定評がある」


ってあったけど、確かにそういうの得意そうです。
おしむなら、構成力。
この人、ハードボイルドな展開よりも
ひかりをすくう、みたいな素朴でシンプルなストーリーの方が絶対合う!と私は思いました。

恋する文豪


柴門 ふみ / 角川書店
Amazonランキング:84719位
Amazonおすすめ度:


<評価>
20060517191140.gif

<内容>

妻や愛人や自分探しや病気やらでけっこう忙しかった文豪たち。彼らが残した名作、24作品を柴門ふみが「恋」の観点からナビゲート! これからの人生の課題図書を予習する、目からウロコの文学エッセイ集。


<感想>
昔の偉い文豪さんがいかに素晴らしい小説を書いていても、
読むにくいことがネックとなって、ギブアップしてばかり。

現代まで語り継がれるほどの名作ならば、ぜひ手に取り感動を味わいたいという気持ちはマンマンにあるのだけど…と思っていたところ、この本に出会いました。

すっごーーーくおもしろかった!直球ど真ん中の本。
私のように昔の文学に興味があるけど難しくて手が出ない人も
昔の文学に興味があって、たくさん読んでいる人にも
ぜーんぜん興味がないって人にもオススメなんですheart.gif

まずこの本の魅力は、ストーリーをわかりやすく説明してあるとこ。
実際この本を読んでも、よしっじゃあ本編にトライしてみようって人は少ないと思う。
というのも柴門さん自身も苦戦するほど昔の台詞回しは難解のようだから。
それをうーんうーんと考えながら読む進むのってものすごく大変そう・・・drop0.gif
少なくとも、かぶれ読書好きの私は無理です。
それをブログを読んでるかのようなわかりやすい文章で、
ストーリーの起承転結を、現代の話題も含めて説明してくれる。
本のポイントを絶対にはずしてないところがプロですねぇ
この本はこういうストーリーで、こういうことを伝えたかったんだろうっていう解釈が判りやすく書かれてるので、一冊の本を読み終えたような満足感に浸れます。

次に文豪ってすごく気難しそうなイメージがあったんですが、
現代の作家さん以上に自分の恋愛を反映させてるんだなぁってびっくりしました。
それとか名作名作って言われてても、設定や展開は昼ドラみたいにありえないもの、ベタなものが多い。
難しいことを書いたって、いきつくところはシンプル。
人間って複雑なようで、単純なのが本当なのかなぁと思いました。

文豪も名作も身近に感じられる、本当に楽しい本でした。
これはぜひ、手元に置いておきたいっ!

3日で運がよくなる「そうじ力」


舛田 光洋 / 三笠書房
Amazonランキング:75位
Amazonおすすめ度:


<評価>
20060517191140.gif

<内容>

換気する、捨てる、汚れを取る、整理整頓、炒り塩。この5つのステップで人生にマイナスになるものが取り除かれ、人生がガラリと好転します。きれいな部屋は“幸運”を呼び込む宝箱。


<感想>
文庫版、万歳
「そうじ力」であなたが輝くで私の掃除人生を大きく変えてくれた舛田さんの本が文庫に
内容はとほとんど一緒なので、持っている人には不要と思いますが、文庫のほうが簡潔に書いてあるし、持ち運びがよいので、保管用にはこちらのほうをオススメ。

私、ほんっとに掃除しない人だったんですよ。
一ヶ月に一回ぐらいしかしないんで、いつも部屋はこんな感じだったんですが、この本と出会ったおかげで3日に一回掃除するようになりました。
まず捨てられなかった洋服をゴミ袋2袋分捨てたし、古かったタンスも買い換えた。
冬に換気するなんてありえない!(寒いから)と思っていたけどちゃんと換気するようにもなった。
部屋が汚くても幸せだ~っていってたけど、掃除したほうがはるかに運気がいいです

この本は、はっきり言うと脅し。と私は思っています。
もちろん、いい意味の。
掃除するとこんなにいいことがあるよ~って書いてあるから逆を考えるんですよ。
掃除しなきゃどうなるんだろうって

それがいい形で習慣になったので、この人の本は一生手元に置いておきたいです。
そうそう、新しい出会いを得るには古い下着を捨てるのがいいそうです
ちょうど、古い下着捨てるかどうしようか…と考えていたので早速処分したいと思います。

掃除はちゃんとするようにしたし、いらないものは思い切って捨てれるようになった。換気もちゃんとするし、ほこり取りも時々する。
重曹や塩で掃除はまだしてないけど、年末だし部屋の大掃除するときにやってみようと思います。
気軽に始められて、とってもいい本です

五つの箱の物語


今 市子 / 朝日ソノラマ
Amazonランキング:94137位
Amazonおすすめ度:


<評価>
20060523175411.gif

<内容>

今市子ファン必読の、初期のボーイズラブ系作品集。「箱」をテーマにした表題作の連作5編「落日」「君といつまでも休日」「エレベーターのパンドラ」「雪の下の柩」「あたたかい箱」と読み切り4編を収録。


<感想>
すごい・・・の一言。
箱から飛び出す、雰囲気のまったく異なるストーリー。
コミカルだったり、シリアスだったり、切なくなったり、ほのぼのしたり。
私は南くんの恋人の男の子バージョンの話がお気に入りです。
あの話も男の子同士になると、こんなコミカルになるのねー(笑)
BL要素はあるけど、心理的描写が丁寧でほとんど気にならないと思います。エロいのも一切ないし。
恋愛以上のものを描いてるんで、そういうのを気にするのがもったいないです。
この人は、才能がずば抜けてます。
惜しむならば、初期のものなので絵柄やファッションが古いのが残念。
私はそういうのがダメなんですが、この作品は多少そこに妥協しても読む価値があったと満足しています。

続きを読む

美人練習帳―素顔をつくりかえる『フェイスニング』!


犬童 文子, 野田 節美 / ぺんぎん書房
Amazonランキング:109569位
Amazonおすすめ度:


<評価>
20060523175411.gif

<内容>

プチ整形に頼らなくても顔の筋肉のトレーニングで、目力、ぷるるくちびる、もっちり素肌をゲット! 健康や美容に効果のある「顔の筋肉」=「表情筋」を動かし鍛える方法「フェイスニング」のやり方をイラストで紹介。


<感想>
表情筋ってあんまり重視してませんでした。
表情は豊かなほうだし、それよりむくみとかリンパの流れよくするほうに目が言ってました。
でも、実際の顔のほうは、ほうれい線は気になるし、まぶたは重たいし、あごは二重あごになりかけだしー

この本読んで、表情筋が衰えてるせいだったのね!と改心しました。
イラストでフェイスニングの方法を紹介してあるんですが、かわいい女の子のねぇちゃんが、不細工な顔でトレーニングしてるのです57.gif
つまり、トレーニング中は誰にも見せられない顔になります(笑)

私はイラストのほうがわかりやすい派なのでかなり好きです。
シンプルで、悩み事にわけられてるし、トレーニング内容が多すぎないのもいい。
それに、無理してやりすぎるとよくないとか、いくつになっても表情筋は鍛えられるとか、簡潔に説明してあるとこもいい
イラストがたくさんで、難しいことは書いてない。
なのに、朝起きたら顔がものすごく軽くなってたんですよっ!
むくみがとれたのかしら?
とにかく全然、いつもと違うんですよ。
発展中のニキビふきでものも枯れてたし(偶然かな?)

この本、図書館で借りてきたんですが、購入検討中です。

美肌・漢方塾


<評価>
20060623215859.gif

<内容>

長びく肌トラブルに効く、女性専用漢方の本
化粧品を替えても、皮膚科にかかってもスッキリ治らない、長引く肌トラブルに効く女性専用漢方の本。大人のニキビやアトピー、しみ、たるみetc。そしてその背景にあるひえや生理痛、むくみなども、漢方のナチュラルな薬とケアで解消できる!美容家と漢方薬剤師があなたにぴったりの処方をアドバイスします。漢方薬は古臭くて苦そうだし、長く飲まないと効かない。こんな先入観を一掃するいまどきの漢方的生活の知恵を満載。パーソナルチェックで自分の体質・気質を知ってから、不調症状別の解消法を読んでください。漢方薬だけでなく、スキンケア、食材とレシピ、アロマテラピー、ツボ押しなどを親切丁寧にお教えします。内側からキレイ&健康になりたい女性の必読書!


<感想>
しばらく漢方の本を読んでましたが、もう読むのはやめようと思います。
というのも、漢方ってまだ、生活に身近なものじゃないんですよ。
病院で漢方薬として処方してもらうと1500円ぐらいでくるけど、薬局で購入すると4000円ぐらいする。
漢方医がもっといれば、保険が利くからいいんだけど、めったいにいないのが現状。
漢方がいいのはわかる。利用したい気持ちがある。
だけど…あーもうっ!もっと漢方医が増えてくれー!
漢方を使いたいんだ!だけど使えないんだよ!
こういう漢方の本を読んでるとそういうもどかしさをものすごく感じる。
だからもう読むのをやめようと思ったわけです。
決してこの本が悪いわけではありません。
内容はシンプルでイラストも載ってて、見やすい・わかりやすい漢方に興味がある人にはとてもいい本だと思います。
半分は占いっぽい感じになっていたので、それは残念だなぁ。

世界珍獣図鑑


今泉 忠明 / 人類文化社
Amazonランキング:305661位
Amazonおすすめ度:


普段、まったく図鑑には興味なかったんですが、本上まなみさんがエッセイで面白い!といっていたので読んでみました。


楽しかったです~~~~~♪♪♪
知識を増やすことって楽しい!!!
ナマケモノには凶暴なのと臆病なものの二種類いるって知ってた?
人魚の祖先といわれた、マナティーとジュゴンを発見した人のがっかりな気持ちってわかる?

くりーむしちゅーの上田さんの気持ちが今はわかる。
知るって楽しい。教えるって楽しい。

知らない世界をもっともっと知りたいっ!!!って好奇心をムズムズくすぐられるのが図鑑の楽しいとこなのねheart.gif
なぜなぜ娘っ子だった子供時代の気持ちを思い出した。
この本は読者の視点で書かれているから読みやすい。
サル科のウカアリというお顔がまっかっかな動物なんて、「酔っぱらいのおっさん」なんてコメントがつけられてるんですよ~57.gif


ちょっと本文の中から、お気に入りをご紹介しますね。

続きを読む

水城せとなさんのマンガ


水城 せとな / 秋田書店
Amazonランキング:5466位
Amazonおすすめ度:



あーなんて美しい絵!
なんて美しいしぐさ!
そして、繊細な心理描写!

水城先生の本って、ハッピーハッピーだけで終わらなくて、葛藤したり迷いながら生きていくってところが好き。
(公式サイト→コチラ

マンガを読んで、美を磨こうと思ったのは初めて。
この登場人物たちはイラストの美しさだけじゃなくて、心、しぐさが上品。色っぽい。
美輪明宏がよく美しさについてエッセイで書いてるけど、あーこういう世界なんだろうなって思う。

マンガとは別モンなんだけど、モテ服、エロかっこいい、かわいいに走りかけてた私ですが、これからは上品を目指そうと思いました。

さてさて肝心のストーリーの方も読ませてくれます。
面白いです!
微妙にBLのにおいがしないでもないですが、基本的にはノーマル本といっていいでしょう。(雑誌プリンセスだし)
私は水城先生の絵も、切ないストーリーも大好き。
ですが、これちょっと設定に乗りにくい。

体が上半身が男、下半身女の美少年が主人公で、本当の自分を模索する生徒たちが集まる放課後授業に参加するようになるって話なんですけど、これわざわざ授業にしなくてもいいのでは、と思うんだけどー?
そこを除けば、本当に面白いです。

続きを読む

ひかりをすくう


橋本 紡 / 光文社
Amazonランキング:51437位
Amazonおすすめ度:


<評価>
20060523175411.gif

<ストーリー>

突然こころが壊れてしまった。そんな私を、哲ちゃんは静かにそっと抱きしめてくれた。私にとって、ありふれた日常が最良の薬になった…。この世界に降るもうひとつのひかり。ひとの可能性を描く切実な物語。


<感想>
すごくいい話でした。一気に読ませてもらいました。
本当は評価20060517191140.gifにしようか迷ったんですが、気分が落ち込んでしまったので★4にしました。
話自体は、どちらかというと前向きな終わり方なんですがー。
この話って私がふっとした瞬間に悩むことを考えさせられるんですよ。

好きなことで多少苦労しても生きていくか。
好きじゃなくても生活していける道を選ぶか。

っていうことに。

智子は好きなことを仕事にして、働いて働いて体と心が悲鳴を上げてしまったわけですが、本人は仕事は好きだったわけ。
つまり好きなことする=楽しいわけじゃないんだなー。
じゃあ自分は将来どっちを選んだらいいのかな、って考えたら
落ち込んだわけです。
でも、この本を読んでこんなことを考えるのは私ぐらいだろうなぁ。

結局、智子もてっちゃんも定職につかず、お金がある間は今の生活を続けることにしたのですが、私はこの終わり方がもやもやが残るけど、好きです。
今を生きるってこういうことなんだろうなーと思いました。

例えば、お金がないなら困ることは目に見えてる。
先を見据えて行動する。それがずっと続くと安泰というレールに乗っかれる。
今を生きるってことはその時を懸命に生きることで、
将来とかそういうのじゃなくて、今の自分を大切にし、生きること。

仕事をするようになって、安泰に生きることを当たり前に求めてきた。
だけど、「これでいいの?」って思いが時々わーって浮き上がってくる。
子供はいいよなぁって嫉妬してみたりもする。
「人生これからだよ」って子供たちに向かって言う大人になって、
同時にまるで自分の人生の可能性がないようにいっている気もしてた。

無限の可能性をもっているのは子供だけではない。私たちにだってまだまだたくさんの可能性がある。



この言葉に、とても救われた。

続きを読む

夜にそびえる不安の塔


井形 慶子 / 講談社
Amazonランキング:6779位
Amazonおすすめ度:


<評価>
20060523175411.gif

<内容>

占い、スピリチュアルブームの中で著者は霊感と未来を読む力の解明にのりだす。5年にわたる潜入取材の間に、次々に起こる不思議な出来事!人間の運命を操るものの正体とは?息もつかせぬ迫力で綴る渾身のノンフィクション。ついに解明したスピリチュアル世界の真実。


<感想>
占い大好きなsonatine。
占いルポと聞いて飛びついたものの、井形さんの本と知って、かなりびっくりしました~
だって、現実主義者の運命は自分の手で切り開く!って感じのパワフルな女性だもの。

まぁ、やっぱりといいますか・・・
ただのルポじゃ終わらない。
人生が絡んできます。
んなアホな!?って思うような小説もびっくりな井形さんの日常です。

もちろん占いに依存する人の気持ちに沿った内容でもあり・・・。
読んでいて、怖くなりました。
普段行く占いって、100%の的中率ってことはない。
だから、違うじゃんって文句言いながらも自分の人生を生きることができる。
だけど、完璧に当たる占い師が、未来や周りの人の心を読んで自分の人生をよりよいものにしてくれるのならば、どうだろうか?
選択肢は限定される。
悪いとわかっている道に、進むものなどいないから。
それは、自分の人生?

まー凡人には、こんな超人の占い師を抱えることはできないし、こんな展開もありえないんですが、井形さんってつくづく普通の人生から外れてるなー。波乱万丈だわ。
最後は運命を切り開いたとても力があるお方。
いろんなジャンルの本を出して、多才なお方。
成長するためには、出会いと別れを繰りかえすというけど、
この人の場合やけにすれが多すぎやしないか!?

文章は真面目で面白みはないですが、読ませる力があります!
読んだら、やめられませんでした。
嘘をつかない井形さんはこの本でも健在でした。

でも・・・
秘密は守りましょう&隠し撮りは駄目ですよ
そんなことをバカ正直に書いちゃうとこも素敵です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。