スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しずく


西 加奈子 / 光文社(2007/04/20)
Amazonランキング:4715位
Amazonおすすめ度:


<ストーリー>

・・・・・・・・・・・・・・
そうか、あなたがいたんだ。

迷っても、つまずいても、泣きそうでも。
人生って、そう悪くない
・・・・・・・・・・・・・・

・幼なじみ
・三十女と恋人(バツイチ)の娘
・老婦人と若い小説家
・旅行者と嘘つき女
・二匹の雌猫
・母と娘
少し笑えて、結構泣ける、「女どうし」を描く六つの物語



<評価>
20060523175411.gif

<感想>
ずーっと小説を読む気になれなくて、実用書ばかり読んでました。
気持ちが落ち着かなくて、自分と向き合うゆとりがなかった。
そんなとき、友達から本を紹介をされ、読書意欲を取り戻した!
読んでみたら、読書熱再燃焼炎
読書をしたことで、以前の自分のペースを取り戻せてきました。
他人の世界を垣間見て、共感し、学ぶという楽しさ。
そっかー、私読書好きだったよなぁとしみじみ感じました。

その小説リハビリ?の一冊目にこの本を選んだのはつくづく正解だったと思います。
日常的な話で、変わったことは何一つない。
主人公たちはかっこよくもない、普通の人。
見栄はったり、臆病になったり、人のことを羨んだり。
生き方に正解はない。
自分でその時イイと思ったことをやっていけばいいんだなぁと気づかせてくれました。
これがやたら元気のよいお話だったり、サクセスストーリーやミステリーだったら、落ち込んでたかも。
なんというか、気持ちが穏やかになるお話でした。

お気に入りは、三十路と恋人の娘の話の「木蓮」がアップロードファイルと笑えてオススメ!

でも、「影」もよかったなぁ。
決め付けれる嫌悪感と、自然体でいることの難しさ。
受け入れられたときの嬉しさと、裏切られたときの悲しさ。
どれもわかりすぎるくらいわかる。
そのどれもが私らしい私だと気づかされた。

猫が主人公の、表題作「しずく」もよかったなぁ。
私動物が主人公のものって苦手意識があったけど、
童話っぽくって簡潔で読みやすかった。
変わっていってしまう過程がリアルにイメージできる。
胸がギュと切なくなるお話でした。

シャワーキャップも・・・よかったなぁ。
のほほんとしたお嬢様育ちの母親としっかり者の恋に悩む娘の話。
親子愛を感じました。
言葉を巧みに使う人もいる。行動で示す人もいる。
言葉がほしい人も、行動がほしい人もいる。
人それぞれ。
でもどちらも深い、深い愛情があり、それを感じ取り受け取ることができれば、とても幸せなことだと思う。
考えすぎる人にとって、無邪気な人は羨ましく、歯痒くもなるときがある。
でも、同時にその無邪気さにホッとさせられるときもある。

どの話もよかったなぁ。
西さん、色々な引き出しをもってますなぁ。
スポンサーサイト

みんなしりたいピルのおはなし

みんなしりたいピルのおはなし―きれいなお肌とかわいいココロ みんなしりたいピルのおはなし―きれいなお肌とかわいいココロ
うみの みちこ、ヨモギ田 リョオコ 他 (2003/10)
情報センター出版局

この商品の詳細を見る

副作用はないの? どこに行けば手に入るの? いくらくらいかかるの? 「ピル=避妊」だけじゃない。女性のココロとカラダに効く不思議なおくすり、「ピル」の効用について紹介します。


ただいま、生理不順の治療中です~。
婦人科ではピルをすすめられたんだけど、副作用が怖くて漢方にしてます。
が、漢方は効果が出にくいらしいので、ピルについても勉強することにしました。

んで、図書館で探してたんだけど~~~

見てみて!かわいいでしょはーと!!!
内容もイラストがいっぱいだし、ピルユーザーさんの声がたくさんのっていてわかりやすい。
ピルのほしい情報がたくさんのってますよ。
「ドイツでは使用率が60%」とか、肌がきれいになるという驚きの情報もあれば、やはり多少なりともデメリットもあり。
むくみや体重増加も人によってはあるそうです。
可能性は低いとはいえ、やはりできるだけ薬はつかいたくない。
でも漢方は食前だからすっごく面倒なんですよねぇ。
そういうデメリットもあるけど、この本を読んでやってみようかなぁと思いました。
今度、婦人科の先生に詳しく聞いてみよう!

「美」へのレッスン

「美」のレッスン―キレイを引き出す心と体のメイク術 「美」のレッスン―キレイを引き出す心と体のメイク術
嶋田 ちあき (2001/07)
三笠書房

この商品の詳細を見る

スキンケアは「保湿」が要、化粧水をつけるときの大切なポイント、色をうまくコーディネートする方法、知的ですてきな女性の条件…。圧倒的人気のメイクアップアーティストが贈る絶対キレイになれる本。



こういう本を読んでいると、それぞれ言ってることが違うので惑わされてます。
オイルクレンジングがいいのか、だめなのか。
乳液は必要か、否かとか。
最終的には、著者の考え方が好みかってところに判断がゆだねられるんじゃないか。
一人に絞って信じぬくほうがいいと思うのだけど、どれもこれも美容本はわかりませ~ん。

でも、嶋田さんは結構好きな考え方ですアップロードファイル
コテコテにぬったくれ!っていうんじゃなくて、ベース命!
引き算メイク大賛成です~。
雑誌みてると奇抜なメイク特集もおもしろいけど、芸能人って結構ナチュラルですよねぇ。
アイシャドウもほとんど色なしっぽく見えるものが多いし。
眉毛、まつげ、ベース。
そういう顔を位置づけるものをまずはきちっとするように心がけます。

マスカラは必需品なんですね。
うーーーーん、努力します。

海馬 脳は疲れない

海馬―脳は疲れない 海馬―脳は疲れない
池谷 裕二、糸井 重里 他 (2005/06)
新潮社

この商品の詳細を見る

「自分の頭は十分に使われていない」と感じたことはありませんか?頭をうまく使えなかったゆえに、損な目に遭ってしまったこと、ありませんか?あなたの脳のチカラは生かされないまま眠っているかもしれません。どんな年齢であっても、「脳は使い尽くせる」と気づきさえすれば、才能はいくらでも伸ばすことができるのです。自分は「カシコくない」と思ってしまっている人、必読です!!



<感想>
対話本って苦手アップロードファイル
ロマンスがない。情景がない。
いすに腰掛けて向かい合って話すだけ。
風の音だったり、相手のしぐさだったりそういうのがない。
活字の嵐に飲み込まれる感じ。

しっかしこの本はおもしろかった!
話がわかりやすいし、二人の性格が魅力的星
自分の感性を大事にして、常識という枠に振り回されない。
世間がこうだ!といっても、もっと効率的な方法を探していく。
かといってかたっくるしくもなく、柔軟性に富んでいる。
天才肌ってこういうタイプなんだろうな~。

とっても面白いんだけど、やっぱり苦手ジャンルなので途中からつらかった。
でも、そんな私みたいなタイプでも一章一章のくぎりに要点をぎゅぎゅっとつめこんだまとめが用意してあります。
この心遣い・・・最高ですHeart

以下はsonatineの気になった内容をピックアップ!

続きを読む

アンジェラ!

アンジェラ!! アンジェラ!!
ソラニ ユホ、秋山 舞子 他 (2007/01/12)
講談社
この商品の詳細を見る

超セレブ、だけど超ワガママでソクバク系!ヘンでカワイイヒロイン誕生!!
世界的デザイナーを父に持つ、超セレブなお嬢サマ、美羅野(みらの)アンジェラ、15歳。通い始めた高校で、ビンボー高校生、錦之介に突然、ファーストキスを奪われて……!?


セレブお嬢様の純情ラブコメ。
かわいらしかったです。ワガママかなぁ・・・?
ただの世間知らずじゃなくて、芯があって読んでいて気持ちがいい。
錦之介も、肝心なときに助けになってくれる男らしい人で素敵。
セレブファッションも見ものです。
恋っていいなぁと思わせてくれるかわいらしいお話でした。
デザートで続編が出てて、それがまた面白い!
早くコミックにならないかしらん?

本当の幸せをよぶ「心の法則」ノート

本当の幸せをよぶ「心の法則」ノート 本当の幸せをよぶ「心の法則」ノート
ジェームズ・アレン (2004/04/25)
イースト・プレス

この商品の詳細を見る

こういう成功本って活字が多い割りに内容がまどろっこしくて困る。
でも、この本はすっゴーーーーーーーくシンプル。
絵と簡潔な文章がでかでかと書いてある。
ぐるぐる迷ってるときに開くと、ズンと胸の辺りに響いて
「そうだよなぁ」っとさっぱりした気持ちになれる。
ぐるぐるしてるのは言い訳だったんだと気づく。
何を選ぶのか頭の中で整理ができて、さあ進め!って気合が入る。
この本はバイブルのひとつです。

頭のうちどころが悪かった熊の話

頭のうちどころが悪かった熊の話 頭のうちどころが悪かった熊の話
安東 みきえ (2007/04/02)
理論社

この商品の詳細を見る

<ストーリー>

もし人生の意味に悩んだらとりあえず食べてみてください。7つの動物ショートストーリー。「小さな童話大賞」(毎日新聞社主催)受賞作『いただきます』収録。


<感想>

「どうせまた寝ることになるっていうのに、なぜ起きなくちゃいけないんだろう?」


あはは、このブログ名とおんなじだわー。

甘すぎない童話でした。
うまい具合にまとまろうとしていて、ホッと安心しようとしたらギョっとするようなことがかかれていたりする。
人の心は変わりやすい。優しくもあるし、残酷でもある。
冷たいことのようで暖かくもある。
安心して読めない童話だけど、人生ってそんなもんだよなぁと思わせてくれるビターな童話でした。

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

ツレがうつになりまして

ツレがうつになりまして。 ツレがうつになりまして。
細川 貂々 (2006/03)
幻冬舎

この商品の詳細を見る


コミックエッセイです。
軽いタッチで、でもうつの状態をわかりやすく書いてあります。
ツレや身近な人がうつになったとき、専門書は難しいことを書いてあるけど、こっちのほうが欝に対して、「ま、いっか」と気楽に構えれていいかもー。

この本を読もうと思ったのは、彼氏に「うつみたい」と言われてから。
学校で学んではいたけど、もう少しきちんと勉強しとこうと思ったわけです。

この本は、ツレがうつになった細川さんの視点で書かれてる。
何で?という突っ込みもガンガンはいっていて、
「気持ちわかるよ」とか「そういうときもあるよ」って欝の人に共感を示すのって無理だよなぁ。むしろわからんところはわからん!でいいんじゃないか、と思えてきました。
うつから回復した当事者のツレさんだって、あのときの自分の最悪の状態を思い起こすことが難しいと言ってるんだから。
うつ経験者の知り合いに、「どうしてほしかった?」と聞いたら
「そっとしといてほしい」「何も言わずそばにいてほしい」という回答が。
何も言わずただそばにいる。変に気を使わず(ポイントはつかむべきだけど)怒るときは怒っていいし、正直でいいんだなぁと思いました。

大切な人がうつになったときに、おすすめな本です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。