スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタイル・ノート

槇村 さとる
幻冬舎
発売日:2006-03


嫌いじゃないんだけど、目指してるとこが違うような気がする。
片やヨーロッパとするなら、日本、とか。
悪くないんだけど、ピンとこなかった。
スポンサーサイト

智慧の実のことば



★★★★★

素晴らしい本でした。
仕事で、いかに自分がいい加減な気持ちでやってるか反省しました。
「心」が入ってない。
人と人との関係で、大切なのは心なんだな。
それをおろそかにしないように、と思った。
バイブル的な本なのに、1P一言ずつという読みやすさが◎!

チェンマイ アパート日記。

なかがわ みどり,ムラマツ エリコ
JTBパブリッシング
発売日:2007-03-30



★★★★☆

k.m.pさんの旅本、チェンマイ編です。
ほほ笑みの国、チェンマイ。行ってみたい。暮らしやすそうだな。

ぼくの美しい人だから

ぼくの美しい人だから (新潮文庫)ぼくの美しい人だから (新潮文庫)
(1990/08)
グレン サヴァン

商品詳細を見る

★★★★★

27歳のエリート広告マンと41歳のハンバーガー店売り子―容姿・年齢・学歴・地位、すべて不釣合な2人が恋に落ちてしまったら…。男は2人の仲を公けにできない自分に嫌悪し、女は将来を絶望する。男はこれまでの建前生活に嫌気がさし、本音で生きる女にますます魅かれる。人が人を愛した時、どこまで相手に正直に誠実になれるか―永遠の主題を新しい感覚で捉えた話題作。


最初の100Pぐらいは本当につらかったです汗
見慣れない地名も言葉も、そしてストーリーもなかなか入っていけなくて。
私にとっては優しい読書ではなかったけど、二人が出会ってストーリーが動き出してからは
難しかろうが何だろうがとにかくすごかった!
これは、ぜひ一度は読んでおいたほうがいい本だと思います!

難しいけど、とても面白いですグッドキラキラ

エリートでハンサムで若くて、女なんて選ぼうと思えば選べる男。
最愛の彼女を恥ずかしいと思う。

大きく年上で、お金もなく、学歴もなく、美貌だってない。
あるのは情熱と凛としたプライド。
最愛の彼に相応しいのは、美しくて愛らしい娘だって痛いほどわかってる。

どちらの気持ちもわかるんですよ。
恋愛って相手を絶対値踏みしてしまう面があると思うから。
そういうのをひっくるめて、理屈では言えないものに動かされていく二人が羨ましかった。

みんなの一番にならなくっていい。
誰かのいとしい人になれればいい。
それがどれだけ幸せなことかを感じさせてくれました。

縁切り神社



★★★★☆

京都の奇妙な神社に迷い込んだ私は、一枚の絵馬に気づき、ぞっとした。「水野季実子と深田拓也の悪縁が切れますように」―水野季実子とは、まさしく私。深田拓也とは、私が一カ月前まで付きあっていた男。いったい誰が、なぜ…?表題作「縁切り神社」他、男女のリアルで意外な一幕を描く傑作・恋愛小説集!文庫オリジナル。


どっかで聞いたような話だなーと思ったら、世にも奇妙な物語でありましたね。
その時は深キョンが演じてたわ。
表紙から内容から、おどろおどろしてるけど、内容は怖くない。
短編。短い。わかりやすい。面白い。そして、深い。
どの話も印象的で、多彩。
悲しさと希望と、滑稽さといろんな愛の表情を表情を見せてくれ、どの話も面白かった。
特に夜と月と波、という話がいい。
片思いしている相手のよき男友達だった彼。
尽くして忍んで、報われなかった恋の終わりは相手の結婚式にまで招待される始末。
見返りをちっとは、期待したくなるわなぁ。
そんな彼に声をかけた三味線男。
「嫌われたら困るのか?」
の一言が効いてました。
ランディさん、やっぱ好きだわアップロードファイル

あのね 子どものつぶやき


★★★★★

ふくらんだカーテンにしがみつき、「風つかまえた!」と喜ぶ絵里ちゃん。お絵描きしながら、「元気ないねぇ」と色が薄くなったサインペンのことを心配する怜那ちゃん。朝日新聞の「あのね」欄に寄せられた投書を集めました。永遠に保存しておきたい、真っ白な気持ちをお届けします―。


子供のかわいさ全開です絵文字名を入力してください
アップロードファイルと笑って、あまりの素直さにキュンとなり、とっても読んでて和みました~。この本、大好き。
個人的には、

テレビで火事のニュース。
「警察が火事の原因を調べています」とアナウンサー。
「火事の原因は火じゃない?」


が一番ツボでしたうふハート

ぼくはこうして大人になる


海辺の田舎町に暮らすぼくは、中学三年生。優秀でまともな少年に見せるだて眼鏡をかけ、人に云えない不安を抱えつつ、級友たちの過分な信望を得て平穏な学校生活を送っている。ところがある日、クラスに七月という少年が転入してきた。なかなかみんなに馴染もうとしない彼と関わるうち、修学旅行中に騒動がおきて…。繊細にして傲慢、冷静にして感情的な、少年たちの夏を描く。



★★★☆☆

長野さんらしい聡明で儚い美少年たちがでてきます。
一つ違うのは、そういづつけられると思っていた主人公の環境があることをきっかけにガラリと崩れるとこですね。
でも、そこで自信を根こそぎ奪われた彼の気持ち、あーわかるなぁ、思春期ってそうだったなぁって懐かしくなりました。
いい意味でも悪い意味でも青臭い作品で、でもやっぱり長野さんらしい作品。

とある飛空士への恋歌


「これはきれいに飾り立てられた追放劇だ」数万人もの市民に見送られ、盛大な出帆式典により旅立ちの時をむかえた空飛ぶ島、イスラ。空の果てを見つけるため―その華やかな目的とは裏腹に、これは故郷に戻れる保証のない、あてのない旅。式典を横目に飛空機エル・アルコンを操縦するカルエルは、6年前の「風の革命」によりすべてを失った元皇子。彼の目線は、イスラ管区長となった「風の革命」の旗印、ニナ・ヴィエントに憎しみを持ってむけられていた…。『とある飛空士への追憶』の世界を舞台に、恋と空戦の物語再び。



★★☆☆☆

とある飛行士への追憶がとても素晴らしかったので購入。
こちらは舞台設定はそのままに、新しい登場人物たちによる新しい物語です。
皇子という最高の地位からの転落。失った家族と家。信頼。
あまりにつらい過去を背負いこんだ、マザコンヘタレ野郎という不名誉なセカンドネームを持つカルエルが主人公。
私的には、ちょっと「うわっ」って引いた場面が1つあったぐらいで、そんなにマザコンとは思わなかったけどなぁ???
それよりも、話がなぁ・・・・。
イスラの設定は面白いし、過去の回想シーンはお見事なんだけどそれ以外がしらけてしまった。

東京マーブルチョコレート

東京マーブルチョコレート―ハロー、グッバイ、ハロー。 (ワイドKC)東京マーブルチョコレート―ハロー、グッバイ、ハロー。 (ワイドKC)

講談社 2008-02-12
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


★★★☆☆

チヅルと悠大。二人が恋人同士になる前の片思いの話。
切なくて、谷川さんらしさがでてて、よかったです!
とても好きな相手と結ばれることはなかったけど、だからこそ巡り合えた。
片思いの話はつらいけど、ラストはこの二人が出会うところでしめくくり、これからの二人の幸せな恋を予感させるものでした。

なら見るしかないじゃないか!!!
ってことで、二人の恋人同士編のDVDを見てみました。
東京マーブルチョコレート -全力少年- Production I.G × スキマスイッチ [DVD]  東京マーブルチョコレート -マタアイマショウ- Production I.G × SEAMO [DVD]
劣化することなく、動く谷川さんのアニメです。かわいい。
こちらは悠大側の視点の「全力少年」とチヅル側の視点の「マタアイマショウ」に分かれています。
これがまた・・・・っ!!!


ひどかった・・・・がっくり
マタアイマショウはまだ見れるんですが、悠大側の全力少年がひどい。
マンガでは無器用だけど繊細で魅力的な悠大も、相当なヘタレに。
こんなにヘタレとは思わなかった><
対するチヅル。マンガでは、ぴょんぴょん飛び回ってパワフルな彼女が、彼氏が好きって言ってくれないからと別れを切り出そうとします。
マンガを読んでから見ると、彼女ってそんな言葉だけに頼る女性には見えないし、
女性って言葉がないと不安にもなるけど、そういう人ばっかりじゃない。
悠大は確かに口下手だけど、ちゃんと行動で示してる。それでいいじゃんって私は思うんだけど・・・。
ドタバタありながらもハッピーエンドで幸せ~四葉のクローバーな感じにしたいのはわかりますが、ドラマとして見るにはあまりに弱すぎるし、ほんのりするにはあまりに単純すぎる。
DVDは谷川さんキャラクターデザインで参加されてるんですが、どうせならストーリ-もやってほしかったなぁ。

はじまりはオトコトモダチ


お世辞にも可愛いとは言えないアキホは、大のイケメン好き。
イケメン彼氏をゲットすべく奔走するも、目当ての先輩は気の合う女友達としか見てくれないし、ほかのコたちも最初から射程外宣告してくる始末。
でも…100人のイケメン男友達をつくればひとりくらいは好きになってくれるかも!
果たしてアキホの作戦の行方やいかに。
てゆーか、そもそも男女の友情なんて成立するの。


★★★☆☆

初読みの作家さんです。
多分合わないだろうなぁと思いつつも興味があって読んでみたら、意外と面白くてすいすい読んだ。
友達トークのように進む文章が軽くて読みやすい。でもこれは好き嫌いがあるかも。
アキホは地味なんだけど、自分の立場をしっかり踏まえたうえでポジションを理解し、セルフプロデュースも上手。おまけにタフな体力と精神力の持ち主。
ネットワークとフットワークの広さが、のちのち実を結ぶことがあるのかも、と思えてきました。

イケメン好きという下心は大いにあるものの、したたかで、いじめられてもたくましい。
魅力がないわけじゃなくて、こういう人と結婚したらいい人生だったな。って終焉を迎えられそうです。

アキホは性格は悪くなくて、ただイケメンにまっしぐらなだけだけど、
実際いたら、女嫌いだろうなぁと思う。
口には出さないけど、じぃ~っと品定めしているタイプ。
そして、こういうしたたかで、決して美人でもないのになぜあの子ばかり!とやっかんでしまう先輩方の気持ち、よ~くわかります。
男性には優しいかもしれませんが、このタイプは女性には厳しいです。

この本、面白いんだけど、好きかどうかと聞かれると好きじゃないのが不思議。

夜明けの縁をさ迷う人々

夜明けの縁をさ迷う人々夜明けの縁をさ迷う人々

角川書店 2007-09
売り上げランキング : 142418
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

もしあなたが世界からこぼれ落ちても、私が両手をのばして、受け止めよう―『博士の愛した数式』『ミーナの行進』の小川洋子が世界の片隅に灯りをともす、珠玉のナイン・ストーリーズ。


現実世界とはちょっと違う童話チックな話もあるし、ありそうであり得ない世にも奇妙な物語が好きな人にはもってこいな本です。
普通に生きられなかったり、ちょっと人と感性が違ってて、この主人公たちの守るべきものは1つ。
その偏ったところがかなり好きハート
装丁もビターな展開も、純粋なきれいすぎる狂気も怖いけど魅せられる。
個人的には涙を売って楽器の音色を上質なものにする「涙売り」、「教授宅の留守番」が特にお気に入りです。

とりかへばや物語

とりかへばや物語  ビギナーズ・クラシックス 日本の古典 (角川ソフィア文庫)とりかへばや物語 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典 (角川ソフィア文庫)
鈴木 裕子

角川学芸出版 2009-06-25
売り上げランキング : 140839
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

権大納言の息子は内気でおしとやか、対して娘は活発で外交的。このままでは貴族として暮らすことが難しいと心配した父親は、2人を男女の性を取り替えて成人式をあげさせた。娘は男性として女性と結婚、息子は女官として女性の東宮へ出仕。すべては順調に進んでいるようだったが…。『源氏物語』の影響を色濃くうけながら新たな境地を開いた物語は、登場人物の心に深く分け入りながら、大団円へと物語を収斂させていく。


古典にこんな面白い話があったなんてびっくりびっくり!!!
古典はあんまり好きじゃないんだけど、とても面白かったです。
現代語訳もついてあり読みやすい(てか現代語訳しか読めないアップロードファイル)し、一つ一つの説明が丁寧で、描きたかったものがよく見えてきて時代背景の理解がスムーズにできます。
一見、丸く収まったかのように見える結末。
でも、ジェンダーの枠を出ることを許されなかった悲しさも残しています。
これも、解説あっての理解なんですけどね。
平安時代の貴族の姫君は、ただしとやかに男性に従うしかなかった。
楽と言えば楽だけど、切ないです。
今は男性が女性化しているらしいですね。それもまた切ないです。

かよちゃんの荷物

かよちゃんの荷物 1 (バンブー・コミックス)   かよちゃんの荷物 2 (バンブー・コミックス)

無職だったりだらしなくて太っちゃったり。
ゆる~いマイペースなかよちゃん。
クラスに一人はいそうな、変わってるけど周りを和ませる感じの人。
F4でいうと花沢類?・・・いや違うか。
いばら・ら・ららばいの茨田さんはかよちゃんとは逆に肩の力が入りすぎてる女の子で、この対比が面白いなぁと思いました。
友達になるなら断然かよちゃんなんだけど、読んでいて好感が持てるのは茨田さん。
かよちゃんは等身大の自分であんまり悩んでないし、友達に囲まれて楽しそうだから。
これを読んで、自分は頑張る人が好きなんだなぁとつくづく思った。
ゆるすぎてストーリーが入ってこないところもあったけど、2巻からはちょっと変化があって、面白かったです。
あるある系(共感系ともいう)エッセイが好きな人にはいいかもしれません。

星の玉子さま


森 博嗣
Amazonランキング:203622位
Amazonおすすめ度:


誰もいない星、ふたごの星、野球少年の星、孤独な少女の星…。いろいろな星を訪ねて宇宙を旅する玉子さまと愛犬ジュペリの物語。


星の王子様ならぬ玉子様です。
お間違えなく。
かわいいイラストも森 博嗣さんによるもの。
私、森さんが絵もお上手なんて知りませんでした。無知でごめんなさい・・・。

玉子さまとジュペリは一人だけしかいない小さな星を旅します。

人が一人だけしかいない星では、その人が何をするのか、
ということで、その星の雰囲気が決まります。


の一言にズドンとやられました。
星に一人だけしかいないのなら、その一人が雰囲気を作るのは当然で、
明るい人縄跳びする人いろいろよりどりみどりで、それがいいとか悪いとかじゃないけど
これってなんだか他人事に思えないわぁ。
どうせなら、縄跳びが大好きな少女の星のように、好きなことをして生きていたいなぁ。

うちのごきげん本


安野モヨ子と二ノ宮知子が帯で推薦してたので買ってみた。
どんだけ帯につられてんだか・・・。
こちらはコミックエッセイ。しかもダヴィンチに連載で、本の紹介という面白そうなにおいがする本です。
が、読んでみると「あれ?あんまり読みたくならない・・・」
最初の角田光代の「All small things」を紹介してる所は◎!
でも他のはあんまりなじみのない本ばかり。小説が少なかったのが残念だし、
内容にあんまり触れてないのも残念。魅力が伝わらないよ~!

となりのモテは蜜の味


ばば かよ
Amazonランキング:148470位
Amazonおすすめ度:


本屋さんで「自分見失い系女子必見」に惹かれて読んでみた。
モテのバイブル的エッセイではないのが非常に好感が持てます。
むしろ、この装丁の猫のように、モテブームをシュールにみている。
か弱そうに見える女子の回では、か弱くなく、華奢に見られたい願望を抱えている私は、うひょひょ♪と元気になりました。
ばばさんは女性だけど、男性視点の感じがして面白かったです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。