スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロビンソン病


好きな人の前で化粧を手抜きをする女友達。日本女性の気を惹くためにヒビ割れた眼鏡をかける外国人。結婚したいと思わせるほど絶妙な温度でお風呂を入れるバンドマン。切実に恋を生きる人々の可愛くもおかしなドラマ。恋さえあれば生きていけるなんて幻想は、とっくに失くしたけれど、やっぱり恋に翻弄されたい30代独身恋愛小説家のエッセイ集。



★★★★★

狗飼さんのエッセイは初です。
小説はよく読んでいて、深くのめりこんだ恋愛がちょっと読み続けててきつい時があったのですが、
この本は読みやすくてとってもオススメです。
特に草食男子と肉食女子の話が面白かった!
そもそもなんで草食男子が増えたかって考えると、男子ばっかりは責められないよなぁ。
そんな男子もかわいい。愛しいって思えちゃう狗飼さんの懐の広さが素敵だなって思った。
スポンサーサイト

春の魔法のおすそわけ

西澤 保彦
中央公論新社
発売日:2006-10



★★☆☆☆

40代の冴えない独身作家が、酔いから覚めると見知らぬポシェットと2千万円が!
出会った美少年をお金で買い、やけ旅行に行こうとするのだが・・・。というお話。
ちょっと不思議な設定も、最期の最後でなるほど!と思わせてもらいました。
単純なんだけど、ちょっとあったかい。タイトルがいいですねえ。

でも、合わなかった

やさぐれるには、まだ早い!


「ミホちゃん、彼氏に何あげるの?」「ヤカン」
大学入学を機に秋田から上京して20歳で作家になった豊島ミホの東京っぽくない東京暮らし。初めて彼氏の居るクリスマス、AV鑑賞入門、ひとり花火大会、同棲問題…。“底辺女子高生”だった彼女は、ここで何を見つけたのか。それとも、何も見つからなかったのか。



★★★★★

どの話も共感しまくりだったり、あぁ!言われてみると!と新しい発見があったり。
豊島さんは才能ないっていうけど、やっぱり私はあると思うんだ。
だって、読んでて本当に楽しくて、こういう作家さんがいてよかった!って思ったもん。
選挙=片思いの話とか、透視男の話とか好きすぎてどうしようって思ったもん!
特に共感したのは結婚式の話。
お似合いの完璧な二人に、やがて訪れる苦労も乗り越えて・・・にびっくりするとこ、わかるってうなずきまくりでした。
私、偏見ってわかってるんですけど、顔が良かったら大抵のこと何とかなるだろうって思ってることがあって、
可愛い子の失恋とか、カッコイイ人の悲恋とか都市伝説だろうと思ってるので、結婚式でとてもお似合いで人柄がよい友達の幸せそうな顔を見てるともう結婚=幸せのゴールって思ってしまう。
豊島さんの言うように幸せな時間はあっても、幸せな人間はいない。の一言にちょっと反省しました。
そして願わくば、そんな二人にいつかなってみたいなぁとコッソリ思ってみました。

豊島さんの休業宣言、初めてこの本で知りました。
本当に残念で、胸が痛くて、私は豊島さんの本が好きだったんだなぁとしみじみ思いました。
同時に作家さんの抱える苦しみや思いやりも少しなりとも触れることができました。
無理して欲しくない。豊島さんが思うだけ自由に生きてほしい。
今は離れたとしてもいつかきっと、また豊島さんの作品に出合えると信じたい。
だから勝手に、待っています。

植物図鑑

有川 浩
角川書店(角川グループパブリッシング)
発売日:2009-07-01


★★★☆☆

またしてもカスヤさんのイラストに惹かれました。
手のしぐさとか花冠とかワンピとかイチイチ可愛いんだもん
この本は植物オタクのちょっと素敵な生き倒れの男の子を拾っちゃった女の子のお話。
たくさんの雑草(って言ったら怒られるかな?)と山菜料理がでてきて、私も作って~!とか山菜デートしたい~!!と読みながら思いまくってた。
でも、読み終えた後にふと気付いた。・・・本当に山菜デートがしたいと思う?
野イチゴへのドリームは素敵だが、なんつーかそこまで行こうとする気力まで湧いてこないのはあたしだけ?
恋のなせる技なのかしら?ちょっとめんどくさそー
よくよく考えてみると、

これってオタ彼のお話だわ!

今回は植物という健全なテーマだったから爽やかに見えるけど、これがアニメだったりメカニックだったりするとまたそれは違った雰囲気になったかも。
感化されるもよし。放置するもよし。
さて女性読者の皆さんはどっち派でしょうか?
ちなみに私はイツキくんみたいなオタクだったら歓迎しますよ!
ただし、山菜デートはひかえめで

ストロボ・エッジ

ストロボ・エッジ 7 (マーガレットコミックス)ストロボ・エッジ 7 (マーガレットコミックス)

ストロボ・エッジ 6 (マーガレットコミックス) ストロボ・エッジ 5 (マーガレットコミックス) ストロボ・エッジ (4) (マーガレットコミックス) ストロボ・エッジ 3 (マーガレットコミックス) ストロボ・エッジ 2 (マーガレットコミックス)

by G-Tools

大人気のピュアラブストーリーです。
多分、君に届け系が好きな人はハマるはず!
男の子・女の子。
恋に一生懸命で、ひたむきで、駆け引きなんてできなくて。
イベントとか近づいたり離れたりでアップダウンを繰り返してさ。
こんな高校生活を送りたかったなぁ。戻りたい・・・でも戻ってもこんなんじゃないだろうなぁ。
主人公の片思いしている蓮くんはもちろん、他の男性キャラもとっても魅力的。
そして、そのキラッキラの中でも特に澄んでいる主人公に投影して、願望をかなえてもらいたくなる。
頑張れ、頑張れ。
そう、ストロボ・エッジには乙女の願望が詰まっているのデス!

ちなみに著者の咲坂さんの字とか雰囲気とか好きな音楽とかが自分と似ていて、妄想癖のところとか大いにうなずいてしまった。

神さまのカルテ

夏川 草介
小学館
発売日:2009-08-27



栗原一止は信州の小さな病院で働く、悲しむことが苦手な内科医である。ここでは常に医師が不足している。
専門ではない分野の診療をするのも日常茶飯事なら、睡眠を三日取れないことも日常茶飯事だ。
そんな栗原に、母校の医局から誘いの声がかかる。大学に戻れば、休みも増え愛する妻と過ごす時間が増える。最先端の医療を学ぶこともできる。
だが、大学病院や大病院に「手遅れ」と見放された患者たちと、精一杯向き合う医者がいてもいいのではないか。
悩む一止の背中を押してくれたのは、高齢の癌患者・安曇さんからの思いがけない贈り物だった。第十回小学館文庫小説賞受賞作。


★★★★★

お久しぶりです。ずいぶんと久しぶりの更新になってしまいました。
相変わらず本は読んでいますし、ブログも辞めるつもりはないので、頻度は多少落ちてしまうかもだけど、
これからもよろしくお願いします♪

さて、復活第一弾の記事はこの本!最近人気でてきてますねぇ。
私はカスヤナガトさんのイラストが大好きです。女の子が清楚で頬をほんのり染めて、あぁなんて可愛いんだろう!
・・・と思って読んでみました。
ほとんど、カスヤナガトさんの表紙は本能的に手に取ってしまいます。
いわゆるジャケ買い、というものです。(・・・買ってないけど)

医療物って、難しそうだし重そうだし、苦手・・・と思ってたけどそんな人にもオススメなこの一冊。
とにかく読みやすい。
登場人物たちは、突飛な設定だけど、人間くさくて憎めないし、
内容が医療がメインじゃなくて、人の生きざまがメインだからなのかも。
まさか、夫婦のあり方について考えるとは思わなかったし。
ちくしょー、なんでこんなにあったかいんだよ!と思いながら気が付いたら泣いてた。
冷え切った体にあったかいお話は効いた。とてもオススメな作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。