スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百歳

柴田トヨ
飛鳥新社
発売日:2011-09-13


百歳まで生きるって、選ばれた人だと思う。
やる気があっても、努力しても、誰にでもできることじゃない。
そんな選ばれた方のいうことは、説得力があるのです。
理屈なんてふっとばして、心にストンとはいってくる。
トヨさんの魅力はもちろん、百歳という貫禄も感じました。

いろんな人に貸して、感じてもらいたいなぁって思います。
被災地の方への詩と近づいていく死と静かに向き合っているのが印象的。

年をとるとやさしくしてもらいたくなる。

の、ことばに

自分が恥ずかしくなりました。
スポンサーサイト

虹の岬の喫茶店

森沢 明夫
幻冬舎
発売日:2011-06


トンネルを抜けたら、ガードレールの切れ目をすぐ左折。雑草の生える荒地を進むと、小さな岬の先端に、ふいに喫茶店が現れる。そこには、とびきりおいしいコーヒーとお客さんの人生にそっと寄り添うような音楽を選曲してくれるおばあさんがいた。彼女は一人で喫茶店を切り盛りしながら、ときおり窓から海を眺め、何かを待ち続けていた。その喫茶店に引き寄せられるように集まる人々―妻をなくしたばかりの夫と幼い娘、卒業後の進路に悩む男子大学生、やむにやまれぬ事情で喫茶店へ盗みに入った泥棒など―心に傷を抱えた彼らの人生は、その喫茶店とおばあさんとの出逢いで、変化し始める。心がやわらかさを取り戻す、感涙の長編小説。


新聞でオススメされていたので読んでみた。
当たりでした~。
夜勤中に読んでたら仮眠の時間を割いて読んでしまった(笑)

泥棒に入っちゃった包丁研ぎの男の話がジーンときました。
こんな風にさりげなく、人の背中を押せるって素敵だなぁって思うし、
まっすぐに仕事が好きで、能力も努力もあるのに、社会で生かせる場所がないってことが読んでいてもどかしくて
それと同時に仕事が好きでプライドを持っているってカッコイイな、とも思いました。

最期の話もとってもいいんです。
喫茶店のおばあさんに襲いかかる台風。老い。そして孤独。
それを乗り越えるのは、最終的には自分。
ふいに弱くなっていく心と台風の激しさの、対比が見ていてドキドキしました。

成功とか、上昇とか多くを望まなければ、人はひっそりと自分の思う通りに生きていける。
夢とか希望とか嘘臭いって印象だけど、この本を読んで、そういうすがれるもの信じれるものを何か一つ。
人って必要なんじゃないかなって思いました。
とっても素敵な本に出会っちゃいました幸せ~

人はね、いつかこうなりたいっていうイメージをもって、それを心の中で祈っているときは生きていけるの。
でも、夢とか希望とかをなくして、祈るものがなくなっちゃうと、つい道を誤ったりするものなのよ

こめぐら


密やかなオフ会で発生した謎。男たちが真剣に探し求めるのは、とんでもないものの鍵だった!?キツネさん殺害事件の容疑者は当然ながら(?)どうぶつばかり。“非本格推理童話”の結末は?1994年の本格的作家デビュー以来、コミカルで上質なミステリの執筆に取り組んでいる著者が、16年のあいだに発表したノンシリーズ作品を集成。ボーナス・トラックとして、猫丸先輩探偵譚を一編収録。


初読みの作家さん。
ネタが肩透かしくらう展開なので、こういう推理小説もありなのね、と新発見。
いちばん最初のオフ会の話が面白かったです♪
全体的にあっさりしていて、本格的なのが読みたくなりました。

淀川ベルトコンベア・ガール

淀川ベルトコンベア・ガール 1 (ビッグコミックス)  淀川ベルトコンベア・ガール 2 (ビッグ コミックス)

「ともだちが、ほしい!!」

………家庭の事情で高校にも進学せず、
大阪・淀川べりの小さなあげ工場で働く瀬川かよ、16歳。
大人たちに囲まれ、黙々と仕事するかよの職場にある日、
那子という美少女がパートタイマーとして働くことになり…?

ひとりぼっちのかよの小さな願い……同世代の親友を作ることは
かなうのか?

思春期の少女たちが抱える痛みと、喜び。
一生に一度、かけがえのない16歳の青春が今、始まる---!!



16歳で親元を離れ、世代の違う人たちと社員寮で暮らす「かよ」
きれいで進学校に通う「那子」

勤労少女。

という言葉にはどこか茶化した響きがある。
でも、かよちゃんにはぴったりな言葉だと思う。

ちょっと懐かしいイラストと、見えにくいそれぞれの悩み。
置かれている状況から、自分で逃げることが難しい残酷さ。
今が華、と言われる世代なのに、ふたりはどこか生き難そうにしている。
もっと、楽しいことをいっぱい楽しめるといいなぁ、と
素直に応援できる主人公たちです。

かよちゃんの過去が気になります!
かつて子供だった大人向けの、ほろ苦い物語だと思います。

ミラーボール・フラッシング・マジック


中学生に口説かれる女、夫に肉体交渉する妻、10年来の片想いが終わる女、Hなシングルマザーの赤子を抱き妄想する男etc…。 恋・欲望・友情を凝縮した全10編を収録。(うち3編は年の差愛にまつわる描き下ろし!) 『アイアムアヒーロー』の花沢健吾、推薦! 初回配本限定、描き下ろしペーパー付きです。


オチがないとか好き嫌いが分かれそうですが、わたしはかなりハマりました!!!
人は瞬間に、本能で恋ができるんですねぇ
とくに、中学生に口説かれる30女の話が好きです。番外編もかわいかった!!!
ヤマシタトモコさん、ハマりそうです♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。