スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会人大学人見知り学部 卒業見込


中二病全開の自意識を閉じ込めて、社会への参加方法を模索した問題作!ダ・ヴィンチ連載の読者支持第1位!オードリー若林の社会人シリーズが、待望の書籍化。社会を生き抜くための“気づき”がここに。すべての社会人へのエール。


できれば卒業しないで~!!!
人見知りで社交ベタな若林さんのエッセイ本です。
自分に嘘がつけない人なんだろうなぁ。

ネガティブの反対はポジティブじゃない。没頭だ!

の一言よかったなぁ。

この本を読むと、考えることって大事だなぁ。って思う。

続きもみたいなぁ❤
スポンサーサイト

自分を愛する力


一気に読みました。
五体不満足を読んだ時は、障害をものともしてない、何でもできるって思ってたけど、
この本を読むと「あ、できないこともあるんだ。やっぱり現実そうだよね」
って感想を持ちました。
乙武さんは介助を受けることは、自然なことでマイナスとは思っていない。
だからフォーカスされていない。
そこを知りたがった自分に「いやだな」って思った。

今の子供は自分で考えない。考えない子供が悪いんじゃなくて失敗をしないようにしてきた背景がある。
休憩時間にトイレに言ってきていいか確認する子がいる話。
わかるような気がします。
わかるけれど、間違ったら怖い。誰かのせいにもしたい。
私は悪くないって思いたい。

こういう気持ち、すごくわかりました。
考えさせるってことは、期待してるってこと。
あなたならきっと答えられる。間違ってもきっと考えがある。
待つ姿勢、受け入れる姿勢。
それがあれば、子供もみんな自由になれるような気がした。
自分を愛する力、肯定する力って欲しいなぁ。

今、乙武さんがツイッターでたたかれているけど、あれも自分の不満を素直に出せたのは
自分に自信があるからだろうな。

かっこうの親 もずの子ども


幼児向け雑誌の編集部で働く、シングルマザーの統子。
子どもを保育園に預け、シッターの協力を得ながら、仕事と育児を両立させている。
4歳の息子・智康は、夫・阿川の希望もあり、不妊治療の末に授かった子どもだ。
産後、すべてが順調かにみえたが、ささいな喧嘩をきっかけに、阿川と統子は離婚に至った。
予定通りには進まない仕事、智康の突然の病気、実母との気持ちのすれ違い、
園でのママ友との人間関係など、統子に悩みは尽きないが、日々を全力で過ごしている。
そんなある日、統子は旅雑誌のグラビアページに智康とそっくりの、双子の少年が載っているのを見つけた。
それをきっかけに、統子と智康は、五島列島・中通島へ向かう……。


ダヴィンチの紹介本。
子供のいる人もいない人もリアルに感じる!ってことだったので、子供のいない私でも子供がいる感覚を味わいたいと思い読んでみました。

閉塞感で苦しくなる前半。
働く女性って、こんなにも多忙で制限されるものなんだろうか?
ましてやひとりでやるなら・・・。
育児と仕事との両立に疲れきっている主人公。
子供を育てるって怖い。ささいなことで一命を落としたり、自分が体調を壊すだけで世界ががらりと変わるのか。

所々に見える子供への愛情やほほえましいやり取り。
これらがあるから、「あ、この人不幸じゃないんだな」って中盤ごろに分かった。

どんな子でも子供は育つ。

心強い言葉だな。

子供を持ったらもう一度読み返したい。絶対違った感想が持てると思うから。

つばさものがたり

角川書店(角川グループパブリッシング)
発売日:2013-01-25


パティシエールの君川小麦は、自身の身体に重い秘密を抱えたまま、故郷・北伊豆で家族とケーキ屋を開いた。しかし、甥の吐夢からは「ここは流行らないよ」と謎の一言。その通り、店は瞬く間に行き詰まってしまう。力尽きた彼女に新たな勇気を吹きこんだのは、吐夢と、彼にしか見えない天使の“レイ”だった…。小麦のひたむきな再起を見届けたとき、読み手の心にも“見えない翼”が舞い降りる。



ずいぶんとご無沙汰しております。
読書好きはかわりませんが、読むペースが減り、飲むペースが増えております。
そんななか久々に買った本がとても面白くて、また図書館に行きたいなって思い始めました。

お勧めするのがこの本。
超★感★動しましたぁ~naku2.gif

病気のためにいくつものことを諦め、つかみかけた夢さえなくしてしまう。
生きていれば、なんとかなるって言葉があるけど、踏ん張りたいのに体が言うことを聞かない。
そんななか、叶夢とレイは彼女にとって希望となった。

仕事への情熱と打ち込めるもの。そして、作品に対しての自信。
「これ!」ってものを見つけられて、いいなぁ。って思った。

ラストに、「がんばってよかったなぁ」の言葉。
私、こんな言葉言えないわ。
わたしなら、なんていうかな?
最期の最後、悲しいのに嬉しくて、何度も読み返してはわたしなら・・・って考えた。

読み始めたらとまらなくて、夜更かししちゃいました。お勧めです!!!

太陽のパスタ、豆のスープ


結婚式直前に突然婚約を解消されてしまった明日羽。失意のどん底にいる彼女に、叔母のロッカさんが提案したのは“ドリフターズ(やりたいこと)・リスト”の作成だった。自分はこれまで悔いなく過ごしてきたか。相手の意見やその場の空気に流されていなかっただろうか。自分の心を見つめ直すことで明日羽は少しずつ成長してゆく。自らの気持ちに正直に生きたいと願う全ての人々におくる感動の物語。


文庫本の表紙、かわいいなぁheart.gif

自分ならって考えると、結婚に逃げたい気持ちとか独身の人への優越感とか、
それが叶わぬ劣等感とか、ひとり暮らししたものの実家に戻りたいと言い訳してしまうとことか。
妙にリアルで、グッときました。

おばさんの自然な優しさっていいなと思いました。
ドリフターズリスト、私も作ってみようと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。