スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめからその話をすればよかった

はじめからその話をすればよかったはじめからその話をすればよかった
(2013/10/10)
宮下 奈都

商品詳細を見る

待望の初エッセイ集!
――“宮下奈都"を形作るもの、すべてがここにある――

迷いながらも真摯に生きる登場人物の姿を、瑞々しい文章で丁寧にすくいあげる作風で、
初の単行本『スコーレNo.4』刊行以来、静かな、けれども熱い視線を注がれ続けてきた著者。
3作目の単行本『よろこびの歌』では、登場人物たちの成長が共感と注目を集め、
シリーズ化を望む声に応え2012年に続編『終わらない歌』が上梓された。
2011年刊行の『誰かが足りない』が2012年本屋大賞の第7位に選出されるなど、
書店員からの熱い支持を受け、新作を待望される気鋭作家のひとりである。

単独の著書として10冊目にあたり、『終わらない歌』以来1年ぶりとなる本書は、著者初のエッセイ集。
小説を書く理由、自著の創作秘話、三人の子供たちを愛おしむ日々、大好きな本や音楽と共にある暮らし……。
2004年の作家デビュー以来9年間で紡がれたエッセイ81編と、
単行本初収録となる掌編小説4編を収める、宮下ファン必携、極上の一冊の誕生だ!


素直で、感性で生きている人なんだな、と読んでいて気持ちが良かったです。
自分の心にちゃんと向き合って、大切なものがわかっているひと。
そしてチャーミングな人だなぁと思いました。
なんたってホルモンで作家になった人だもん(^^)
読んでいてとっても楽しかった。エッセイまた書いて欲しいなぁ。
スポンサーサイト

僕らのごはんは明日で待ってる

僕らのご飯は明日で待ってる僕らのご飯は明日で待ってる
(2012/04/25)
瀬尾 まいこ

商品詳細を見る

葉山イエス。
イエスはあだ名。何に対しても心が広い、キリストのような奴だから。でも実際は、人に対して無関心だっただけ。趣味(?)は黄昏と自分探し。上村小春。
唐揚は苦手だけど、ケンタッキーは好き。ポカリ派。自分をしっかり持っていて、決めた事は覆さない。でも、おばあちゃんの言葉は日本国憲法より重い。
流されるがままの男子と、頑なまでに我が道を進む女子。ちっともイマドキでもなければ情熱的でもない高校生の二人は、体育祭の競技“米袋ジャンプ”がきっかけで付き合う事になった。大学に行っても、“恋愛”と言って良いのか分からない淡々とした関係を続ける二人だが、一つだけ自信を持って言えることがある。それは、互いを必用としている事。
でも人生は、いつも思わぬ方向に進んで行き……。


こんな風な恋愛って素敵だな。
飾らないで何でも言い合えるのに、頼りあってもいて、恋愛もあって。
本当に相性のいい人は、条件なんてあんまり気にならないのかもしれませんね。

大人かわいい女子文具

大人かわいい女子文具 2011年 11月号 [雑誌]大人かわいい女子文具 2011年 11月号 [雑誌]
(2011/09/30)
不明

商品詳細を見る

タイトルもびびび。中身もびびび。モデルさんもびびび。
そして文具の背景のインテリアにもびびびでしたー。

最近はシンプルで、無駄がなくて、でも雰囲気が清潔感にあふれてて・・・って人に惹かれます。
この本で言うと、最初にのってる伽奈さんとか、
あとは蒼井優ちゃんとか多部未華子ちゃんとか素敵だなぁって思います。
まずは全力で体を引き締めて、草原を全力で走りまわれる人になりたいな。

なんか、雰囲気のある雑誌で好きです

スイートリトルライズ

スイートリトルライズ (幻冬舎文庫)スイートリトルライズ (幻冬舎文庫)
(2006/08)
江國 香織

商品詳細を見る

この日常に不満はない、と瑠璃子は思う。淋しさは人間の抱える根元的なもので、自分一人で対処するべきで、誰かに―たとえ夫でも、救ってもらえる類のものではない。瑠璃子と二歳下の夫、総。一緒に眠って、一緒に起きる。どこかにでかけてもまた一緒に帰る家。そこには、甘く小さな嘘がある。夫(妻)だけを愛せたらいいのに―。


高校を卒業してから、なんとなく江國さんの本を読まなくなった。
メジャーすぎてもっと人に知られていない人の本を読まなければ、という感じだった。
でも、やっぱり江國さんの作品は読みやすくておもしろい。
しかも、大人になってから読むとまた違う見方があるのも発見だ。

甘いタイトルとは逆に、この夫婦は冷めきっている。
夫からの求愛から始まった妻の恋は、いつしか逆転し、恋というよりも義務のように繰り返される単調な生活に変わってしまった。
そして、それを埋めるかのようにふたりは別の人に恋愛を求めて・・・という夫婦で不倫やっちゃっています。

夫婦互いの視点から描かれるのも興味深い。
私はどちらかというと夫に同情。あぁ、でも夫の不倫は嫌悪感でいっぱい。
逆に妻の側は夫婦生活は理解できないけど、妻の不倫は許せる気がした。
男女の違いってこうも違うんだなぁ。
読後感のもやもやも、それも含めて楽しい読書タイムになりました。
また、江國さんの本を読みたいです♫

* * * * *

続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。