スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたのそばで 野中柊

4163242600あなたのそばで
野中 柊

文藝春秋 2005-09-08
売り上げランキング : 88,082

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


20歳差の夫婦、教師と生徒、兄の嫁との恋、浮気相手との恋。
医者と患者との恋。同性や兄弟への恋慕。
この短編集の主人公は、障害のある恋をしている。
そして、みんな必死なんだ。
好きで好きでたまらなくて、どうしようもなくて、あぁこの気持ちをどうしよう!不安定な気持ちを何とかして!って感じ。
本の中には男性が主人公の作品もいくつかあって、男性が恋をしているのってかわいいなって思っちゃいました。

美人の先生と付き合っている、生徒会長の高校生の話がかわいかったなぁ。
恋にまっしぐらで、妹や猫、まわりがわずらわしく思ったり。
本当に、男の子でもあんなかわいい恋の仕方をするんだろうか?
したらいいな。そうだったらもっと男の子を身近に感じるのにな。
シャツの質感、かみ締めた唇、食べる音、歌う声。歩く音。
柔らかなにおい。
そういうのが、感じられる作品でした。
あと私は男の人が、特に年下の男の子が好きな人のことを「あなた」って呼ぶのが好きです。
相手への尊敬を含んでいるように感じるから。

相手の気持ちなんてすべてわからないけど、私を安心させてくれるのは確かにあなたしかいないんだなぁって。

だからきっと、恋はやめられない。

テーマ : 図書館で借りた本 - ジャンル : 本・雑誌
この記事へのコメント
またまたお邪魔です。

>男の人が、特に年下の男の子が好きな人のことを「あなた」って>呼ぶのが好きです。
>相手への尊敬を含んでいるように感じるから。
ああ、いいなぁと思いました。
恋に敬意って大切なことかもしれませんね。
☆すぅ☆ | URL | 2005/10/27/Thu 04:24 [EDIT]
共感してもらえてうれしいです。
両想いになっても決して自分のものにならないと思えるくらい、相手の人を好きになりたい。尊敬したい。
ずっとずっと恋をしていたい。
そう思う、sonatineです
sonatine | URL | 2005/10/27/Thu 17:50 [EDIT]
本作もTBさせていただきます。
久々の野中作品だったのですが予想以上に楽しめました。
桜井 | URL | 2005/11/04/Fri 10:44 [EDIT]
sonatineさん、こんにちは。ご無沙汰しています。
この本、わたしも読みました。
全体的には甘ーい話というイメージなのに、
実は皆障害のある恋をしているのですよね。
tamayuraxx | URL | 2006/03/12/Sun 13:06 [EDIT]
お久しぶりで~す。
障害が一種のテーマとなって、真剣に恋愛しているのはほほえましく読めました。
この本かなり好きです!
sonatine | URL | 2006/03/12/Sun 14:26 [EDIT]
こんばんは、sonatineさん。
TB・コメントありがとうございます。

あらためて、いろんな取り合わせがあるものだなと
思ってしまいました。
恋って、こんなにいいものなんですね。

モンガ | URL | 2007/01/20/Sat 20:54 [EDIT]
こういったわっかりやすーい組み合わせが
私は好きです。
恋っていいなぁと思わせてくれる本ですね(^^)
sonatine | URL | 2007/02/05/Mon 23:00 [EDIT]
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/111-4d214715
『あなたのそばで』
恋という奇跡hReview by ☆すぅ☆ , 2005/10/27 あなたのそばで 野中 柊 文藝春秋 2005-09-08    装丁(松尾たいこ氏だ)とタイトルから、これはもう甘い甘い恋愛小説なんだろうな(あんまり甘いのは苦手)と、心のスイッチを恋愛モ...
「女流作家」の楽しみ方! 2005/10/27/Thu 04:25
あなたのそばで / 野中柊
甘い想い、苦い想い、子供の恋、大人の恋。恋にはつきものの様々なかたちや思いを描く恋物語が6つ収まった短編集。『運命のひと』の主人公・恭子は結婚生活9年目。インテリアデザイナーとして、夫で建築家の俊と仕事もプライベートもパートナーとして支えあっている
書庫  ~30代、女の本棚~ 2005/11/04/Fri 10:45
あなたのそばで  野中 柊
あなたのそばで野中 柊 07-17 ★★★☆☆ 【あなたのそばで】 野中 柊 著  文藝春秋 《息づまるほどの幸福で満たす物語?》 内容(「MARC」データベースより)いつの日か、きみは僕に出会うよ。僕を好きになるよ-。頁をめくるとたちどころに恋をしたくなる。
モンガの独り言 読書日記通信 2007/01/20/Sat 20:28
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。