スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボーイズ・ビー 桂 望実

4093861331ボーイズ・ビー
桂 望実

小学館 2004-03
売り上げランキング : 16,736
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

川端隼人12歳、小学6年生。この夏、ママを亡くした。弟がいる。直也6歳、小学1年生。直也はまだママが「死んだ」ということがわかっていない。消防士のパパは夜勤が多い。だから、ぼくが直也の面倒を見なければならない。ぼくには泣いてる暇はない。
 園田栄造70歳、靴職人。5年前、ばあさんが死んだ。気安く近づいてくるやつらが大嫌いだ。ガキは特に嫌いだ。わがままで、未熟なくせに姑息で、甘えてみせもする芸達者だ。
 ――さびしさを覚悟し、張りつめて生きる老人と少年。アトリエばかりが集まった古いアパートで出会った2人に、やがて奇妙な連帯感が生まれて……。


読みやすいのに、サクサク読めない。
だけど、読みたいと思わせるじんわり暖かい話。

隼人のがんばってる姿。
亡くなった母親の妹の、侵入。
父親の不在と不安定な弟。
彼は大きなものを背負って、生きている。
少し、赤ちゃんと僕という漫画を思い出した。
だけど、違う。
全部自分で背負っているんだ。
それは父親が安心しきっていることと、頑張りすぎで言えないでいるから。

読めども読めども、終わらない。
だけど、決して面白くないわけじゃない。
そんな、不思議な本でした。

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/116-80b99312
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。