スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暗黒童話 乙一

暗黒童話暗黒童話
乙一

集英社 2004-05
売り上げランキング : 6,996
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

突然の事故で記憶と左眼を失ってしまった女子高生の「私」。臓器移植手術で死者の眼球の提供を受けたのだが、やがてその左眼は様々な映像を脳裏に再生し始める。それは、眼が見てきた風景の「記憶」だった…。私は、その眼球の記憶に導かれて、提供者が生前に住んでいた町をめざして旅に出る。悪夢のような事件が待ちかまえていることも知らずに…。



2006年初の本は、乙一の暗黒童話でございます。


か~なり怖かったぁ・・・naku2.gif
グロイ、怖い、何より不気味。
読みながらぞぞぞ~っとしたのは久しぶり。
新年早々何読んでんだよ、私!と言いたくなるほど人間嫌になりました。
乙一作品はミステリーでもホラーでも、ドラマを盛りこんだ内容になっているので、ちょっぴり切なくなりました。
なにより大好きなミステリー要素が入ってたのが嬉しかった。(素直に喜んでいいのかはわからんが07_r.gif
ワタシは最初、傍観者で貫き通すかと思ってたら果敢に立ち向かっちゃいましたね。それが意外。。。
美しい愛の裏側には、他者を苦しめてもかまわない、自分がどうなろうとかまわない、という残酷で不気味で、自分勝手で一途で独りよがりな切ない愛の形があるのですね。

一言で言うと、とってもきれいなブラックな童話を見ている気分でした。

まさに、暗黒童話。

うまいっ!ネーミングのセンスに脱帽。

でも、あんな気分になるのはもういいや。
しばらくホラーは封印しようuna.gif

この記事へのコメント
sonatineさん、こんばんは。
新年早々ブラックな物語を読まれていたとは。素敵!
私はブラックでもホワイト(ってあるのか?)でもなく、
微妙なパステル調の作品を選んでしまった気がして、
4日の今になって少し後悔の色を帯びてきております。
乙一作品はもっぱら積読本のまま手付かずなので、
今年こそは読んでみたいです。
最後になりましたが、どうぞ今年もよろしくお願い致します!
ましろ | URL | 2006/01/04/Wed 21:19 [EDIT]
遅ればせながら、今年もどうぞよろしくお願いします♪

乙一さんの『暗黒童話』積んであります。
せっかくの長編…読むのがもったいない、なんて
大事にしてきたのですが今年は読みます~(笑)

それでは、また♪
柊 | URL | 2006/01/06/Fri 11:59 [EDIT]
ましろさん、柊さんこんにちは。
今年もよろしくお願いします。

私もこの作品は買って半年も読んでなかったのですが、思い切って読みました。
多分、お二人とも気に入るのではないかと思います。
そのくらい怖い面白い本です。
sonatine | URL | 2006/01/06/Fri 13:29 [EDIT]
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/137-b2cce7eb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。