スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バカの壁

バカの壁バカの壁
養老 孟司

新潮社 2003-04-10
売り上げランキング : 1,212
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「いくら話してもわかってもらえない」「想いがどうしても伝わらない」
誰もが味わう苛立ち、不快感。それを解くキーワードは「バカの壁」だった!
「"話せばわかる"なんて大嘘だ」と思ったことは誰にでもあるはず。「バカの壁」こそが、コミュニケーションの断絶を解くキーワードだ。この壁についてわかると、身の回りの話が通じない人の思考がわかる。大人と子供、上司と部下、さらにアメリカとイラクとでなぜ話が通じないのかもわかってくる。誰もがぶつかる人生の問題について、「こんなふうに考えてみては」と様々な視点を提示したエッセイ。


初・新書デビュー
新書って全然興味なくて、かたっくるしくて、読みにくいもの、と思っていたんですが、WEBダ・ヴィンチのさとう玉緒さんのコーナーが面白くて、読める新書を・・・と思い買ってみました。

感想は続きにて

受け付けませんでした
たしかにバカの壁の理論はわかる。
だけど、ねちっこい
個性個性というけれど、みんなが個性というなら大変だ。
うんこで名前を書く人だって、個性といえば個性だ。とか。

なんだかねぇ。。。こんな言葉使いたくないんだけど。
発想が突飛というか、極端なんだよね。
もっと、素直っていうか常識の範囲内で考えようよ~。

たとえば、りんごの話でも、それぞれ違うりんごなのに、それを同じりんごというのはおかくないか?という話があるんだけど。
そんなことを考えても、きりがないし、sonatineはそんなことにまったく興味がないんだよねぇ
一致性や矛盾ばかり考えていったって、どうしようもないじゃん。

わかろうとしない者に、労力を費やしても無駄だ。
この一言で、終わらせてしまえばいいのに。
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/168-2e723e4a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。