スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワーキングガール・ウォーズ

ワーキングガール・ウォーズワーキングガール・ウォーズ
柴田 よしき

新潮社 2004-10-21
売り上げランキング : 93,215
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

墨田翔子、37歳、未婚、入社15年目、有名企業企画部係長。恋人・人望ともになし。でも、それが何か? これぞ「おひとり様」の胸のうち! 働く女の本音と弱音を描いた本格「負け犬」小説。


柴田さんは、sonatineにとって読んだあとに前向きな気分にさせてくれる作家さんの一人ですheart.gif
前回は窓際の死神という作品で、少し重め(だけど好き)だったんですが、こっちは明るくてスパーっとする作品でした。

無駄に年くって、どんどん薄汚くなったりはしない。


ていうセリフがとても印象に残りました。
彼女は、いい人でもないし、悪い人でもない。
仕事はできるけど、情けはかけない。
プライベートは充実してるわけじゃないし、焦りを感じないわけでもない。
だけど、自分の仕事に対して、待遇に対して、自分自身に対してプライドは持っている。
それが彼女のファーストプライオリティだと思った。
負け犬って、あのベストセラーから生まれた言葉だけど、あれはあくまでも定義であって、必ずしもそうでないと思うのね。
多分、作者さんも言葉の独り歩きに少なからず戸惑っているとは思うのだけど。
この女性たち、仕事もしてそこそこの生活を維持できてるけど迷いもある。だけど、自分の最優先すべきことをきちんとわかってる、もしくはわかってきたところ。
そんな女性はつくづく素敵だなぁと思う。

素敵な30代の女性は、余分なものを捨てて必要なものを吸収する。
そんな印象がsonatineにはあります。
それぞれが個性があるように、きっと誰もが最優先したいことって違うと思う。
sonatineは周りからの視線、やりたいこと、楽をしたい、などなどあちこちに寄り道して、あれれ?どこに行きたかったんだろ?とわからなくなることが多々あります。
これから、彼女のように自分をもっとわかっていきたいな、と思いました。

んで、最後にタイトルのこと。
これってワーキングガールなんですね。ウーマンじゃなくて。
まだまだ乙女ってニュアンスなのかしら?
この記事へのコメント
おはようございます。
タイトルなんですが、確かにウーマンではないところに、この作品のよさがあるような気がします。
sonatineさんの意見。なるほど!ですね!(笑)

柴田さんの作品は、これが初めてなんです。
かっちりとした文章で、読みやすくて、他の作品も読んでみたくなりました。
ゆう | URL | 2006/07/07/Fri 08:46 [EDIT]
ゆうさんTBありがとうございます。
私もたくさんは読んでないのですが、アンソロでちょくちょく読んでみるとやっぱりこの作家さんはすごく好きだなぁと感じます。

たしかに、言われてみると文章はかっちりですね!
私も最初男性が書かれているかと思いました。
sonatine | URL | 2006/07/12/Wed 22:03 [EDIT]
こんばんは。

「負け犬小説」って言葉。きっと編集者だかが流行にのって売るためにつけたんでしょうね。そんなのつけたくてもいい作品は売れるのに。きっと柴田よしきはそんなのつけてほしくなかったんじゃないかしらって思います。だって翔子は負け犬じゃないですものね。

sonatineさんも素敵なガール目指してがんばってください!
kbb | URL | 2009/03/14/Sat 23:41 [EDIT]
私も負け犬ってつけなくても売れるのに。と思う。
柴田さん的には、時代のブームに乗っかっちゃったと思われて不本意だったかもしれませんね。

ハイ、素敵なガールを目指します!
次はボーイってでるといいですね(笑)☆
sonatine | URL | 2009/03/25/Wed 12:35 [EDIT]
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/183-28a81d97
ワーキングガール・ウォーズ 柴田よしき
入社15年目の有名企業企画部係長に就いている37歳の墨田翔子と、ケアンズの旅行会社に勤める29歳の嵯峨野愛美。ひょんな事からであった二人の日々を、それぞれの視線で交互に描く連作短編7編。最初から最後まで、社会で生きていく女性の鬱憤やストレスが、嫌という...
かみさまの贈りもの~読書日記~ 2006/07/07/Fri 08:45
ワーキングガール・ウォーズ-柴田よしき
「ワーキングガール・ウォーズ」 柴田よしき おはようございます。 昨日の記事に書いた「転活日記」って言葉ですが、何回か発音してみると、「天かす日記」にしか聞こえなくなるのは僕だけでしょうか?なんだかおいしい天丼を食べたくなってきました。 さて、柴田よし?...
あれやこれや 2009/03/14/Sat 23:38
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。