スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キス

キスキス
安藤 由希

BL出版 2004-11
売り上げランキング : 100,781
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

元気でいてほしい。しあわせでいてほしい。あした知らない町で目をさましても。いつか、いろんなことをわすれてしまっても。あたたかな気持ちを届ける、三つの話のオムニバス。第6回・ちゅうでん児童文学賞大賞受賞。


普段だったら、こういう照れるタイトルのは手に取らないのですが、最初の文章に惚れた
神様に誓ってもあいつのことは好きだったんじゃない。って言い訳めいた文章で始っていて、どんな話なんだろ?ってムムムと興味がわいてきた。
3篇あるんだけど、それぞれ登場人物がかぶっていて、違う視点から見たら別人のように思えたりした。
自分にないところを相手が持っていると焦ったり、それを許せたり、気にも留めなかったり。
ないものを得る必要はない。と思う。
相手の、いい面を見れる、ということが大切なことだと思うのだ。
だからsonatineは最後の話が一番好きだ。
思春期は、他人の目線がやたら気になったり、うらやましく思えたりする。
優れた誰かになりたいとも思う。
大人になった今では、違う誰かになろうとしてもなれないとわかった。
諦めも自分の力量もわかった。
本当に自分のほしいものも、手の届く理想もわかりつつある。

歴史に名の残る人物になる、と昔は信じていた。
そういった話ではないけれど、ふとそんなことを思い出した。
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/186-4b91ef87
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。