スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニート

ニートニート
絲山 秋子

角川書店 2005-10-29
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

現代人の孤独と寂寥、人間関係の揺らぎを完璧な文体で描いた傑作短篇集。
かけだしの女性作家と、会社を辞め、引きこもりをつづけて困窮を極める青年との淡い関係を描く表題作。大阪の彼女と名古屋の育ての母との間で揺れる東京のホテルマンを描いた「へたれ」他全5篇。気鋭の傑作短篇集。


ニートの男性、あるいは女性と関わった駆け出し小説家のお話。

・・・
・・・・・。

うーーーーーーん。
あたしは受け付けませんでしたase.gif
文章がどうのこうのっていうよりは需要と供給の問題。
sonatineはニートの内面についてぐぐっと掘り下げてある内容かな、と期待したのですが、実際はニートに関わった女性の客観的視点で書かれていて、さらに絲山さんはサラっとした文章だから、ニート入門書と思って読むと、「ん?」となります。

あまりに軽すぎて物足りない気がしました。
そして、最後の「愛なんていらねー」

あれは。。。ナンデスカ????
スカトロ07_r.gif
最後だけ、話がひとつポカーンと浮いていましたよ。
どうしたんだろう?
んで、その描写がグロイのね。
オエーって吐き気がする。

だけど、単調な短編が多かったから、これがある意味、一番刺激的に読めました。

袋小路の男がよかっただけに残念!
sonatineのオススメ度は★★☆☆☆ですな。
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/193-12a0bd9c
「ニート」絲山秋子
タイトル:ニート著者  :絲山秋子出版社 :角川書店読書期間:2006/08/29 - 2006/08/30お勧め度:★★[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]現代人の孤独と寂寥、人間関係の揺らぎを完璧な文体で描いた傑作短篇集。かけだしの女性作家と、会社を辞め、引きこもりをつづけて困
AOCHAN-Blog 2006/09/19/Tue 11:50
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。