スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心の傷に時効はない(毒舌です)

心の傷に時効はない心の傷に時効はない
武田 志津子

文芸社 2003-07
売り上げランキング : 1006945

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


<評価>
ひどい!読む価値なし20060610100518.gif

<ストーリー>
夫のドメスティックバイオレンスに長年苦しめられてきた妻は、夫のアルツハイマー発症をきっかけに、復讐を果たすために、自分の脳と夫の脳を入れ替える手術をする。

<感想>
はっきり言います!こんなひどい小説読んだことないです。
文章も内容も同じことの繰り返しだし、
妻がいかに理不尽な仕打ちを受けていたかを読者に共感させようとしているのはわかるんですが、一方的過ぎてイライライラ。。。
そんなにいやなら一度くらい家出してみろよ!
連れ戻されるのが怖くって、というフレーズを何度も言うなよ!!!

んでね、ストーリーもありえないんです!
精神科医の松井がたまたま訪れる釣りの場所にこの夫婦が暮らしていた洋館があって、なんか気になるなーってことで不法侵入。
そこに、妻の日記を発見。
それを覗き見るのが楽しくてしょうがない精神科医。
そしたら未来にタイムスリップ。
でも、生活に困ることはなく、普通に仕事を続けていられる。
そして患者として訪れたのは、DVをやっていた夫。
最初はお前が苦しむのも無理はない~と適当に聞いてた松井だが、(なんて医者!)
話を聞くうちに同情してきて二人は親友となり話は終わる。
んで、最後のエピローグにはこの話と関わりのないかかぁ天下について述べられるのも謎20060605131725.gif

んでね、一番最後のページに編集部から

本文中、所々不適切な表現がありますが、実態を具体的に伝えたいとの思いからで、他意はないことをお断りします。

って書いてあるんだけど、苦しい言い訳だなー。
気づいてるんならこんな本出すな!

さらに設定も無理やりすぎる。
いきなり妻の同級生が出てきて、しかも自分を好きだった人でちょうど脳神経外科医。
んで、相談してきた妻に手術の話をする。
(普通好きだった人を死なせるような話をもちかけるかなー???)

法律で、自分の脳を移植することはOKになっていて、特にアルツハイマー病に関しては良い事とされていた。(親族は×、関わりのない人に限る)



どんな法律やねん!
そんなこと通るわけないし、本としてそんなことを書いてる事態、人権否定してるとしか思えない!
アルツの人だから殺していい?
そんなこと誰に言う権利があるっていうんだ!!!
明日の記憶、私の頭の中の消しゴム見て出直して来い!!!

法律が未来ということで、ちょこちょこ変わってます。

精神障害者の事件が増えたため、罪を同等に償うようになった。
ガソリン自動車が廃止され、電気自動車になった。
死を自由に選択でき、安楽死や自殺がOKになった。
臓器を作ることが可能となり、寿命が延びた。
美容整形のカタログができ、通販と同じ感覚で整形ができるようになった(子供は×!)
サービス業はストレスがたまるのでセルフサービスに。
障害者や離婚した母子等は手当てが手厚くされ、一生働かずに最低限の生活ができるようになった。


残念ながら、こんな突飛なことでしか未来と呼べる設定を表現できていません。
この作者さん、社会的弱者と呼ばれる人に恨みでもあるのかしら?
妄想小説、としか言いようがない。
自分で思うのは勝手だけど、この本はとてもじゃないけど受け入れられない。

心に傷に時効はない、というタイトルに惹かれてにとって見たものの
とんでもなくハズレな小説でした。
本を見る目は確かだと思っていたのに、ショック20060610100518.gif
この記事へのコメント
すごい!
こんにちは~~。すごい小説ですね!
読む価値なし!と言われると逆に「どれどれ」と思って読みたくなってしまうのはなぜでしょうか(笑)
ビミョー...とか言われたり、まぁまぁよかったかなー。。。とか、言われると読む気がしないのに、読むなといわれるほどに読みたくなる
なんちゅう天邪鬼なのでしょう(笑)
でも、外れたときのショックはお察ししますよ。
なかなか、ひらめきで面白い本にめぐり合うのは難しいですよね~。
しみじみ共感します。
short | URL | 2006/06/28/Wed 10:37 [EDIT]
おはようございます。
shortさんのコメント同様、本当に、すごい小説ですね・・・
私も、違った意味で興味を持ちました。

図書館で、今度探してみようと思います。
ゆう | URL | 2006/06/28/Wed 10:46 [EDIT]
多分私も、ここまで酷評されてたら却って見たくなっちゃうタイプです(笑)

お二人の感想、心待ちにしております☆
どんな意見でもかまわないので、読まれたときは感想を一言いただけるとうれしいです。
sonatine | URL | 2006/06/28/Wed 20:54 [EDIT]
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/215-b86c8f59
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。