スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DEATH NOTE完結!!!

DEATH NOTE 12 (12)DEATH NOTE 12 (12)
大場 つぐみ 小畑 健

集英社 2006-07-04
売り上げランキング : 1
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ついにキラとメロの対決に決着がつきました
私は立ち読みばっちししてたので、結末は知ってましたけど
最後まで読者をちっとも飽きさせず、展開が読めなかったのはDEATH NOTEぐらいでしょう。
ホント、すんごくおもしろいマンガでした。
大場つぐみさんって何者か気になりますが、次の作品でもお目にかかりたいものです
ライトとメロ。
どちらのいう正義が正しいのかはわかりません。
私もキラの意見に多少賛同するところはあるし、
でも見てたらメロを応援したくもなるし・・・

結局私は。。。。。。。。


が好きでした

以下ネタばれです


ライトがこういった結末を迎えるってことは何となく予想はできていましたが、壊れっぷりがすさまじくて×××
ライトーお前さん美形クールキャラで売ってたんじゃないのかい?
何セミヌード披露してんの???
ラストに出てるのはミサミサ?という意見もありますが、私は違うと思う。
キラがいなくなったら、世界は変わらない。
結局、力を見せることでしかキラのいう平和の世界は築けなかったということですねぇ。
ライトの意見は嫌いではないです。
だけど、こういった強い力を持てば、どうしても一般人が巻き沿いになってしまうでしょ。
完璧な神はいないし、完璧な世界もない。
ノートを持つ以前のライトなら、キラを純粋に追う立場に立ったでしょう。(いわゆる白ライトです)
ノートはライトにとって、やはり不幸なものだった、と思います。

松田さんの言う、テルさん殺人説は、私は否定派です。
何となくですけど。。。


追伸

L死亡のときの「が・・・ま・・・」ってなんだったんだろう?
13巻がでるらしいからそれでわかるかなぁ。
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/218-61a75122
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。