スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銃とチョコレート

銃とチョコレート銃とチョコレート
乙一

講談社 2006-05-31
売り上げランキング : 531
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<評価>
楽しめた20060523175411.gif

<ストーリー>

少年リンツの住む国で富豪の家から金貨や宝石が盗まれる事件が多発。現場に残されているカードに書かれていた【GODIVA】の文字は泥棒の名前として国民に定着した。その怪盗ゴディバに挑戦する探偵ロイズは子どもたちのヒーローだ。ある日リンツは、父の形見の聖書の中から古びた手書きの地図を見つける。その後、新聞記者見習いマルコリーニから、「【GODIVA】カードの裏には風車小屋の絵がえがかれている。」という極秘情報を教えてもらったリンツは、自分が持っている地図が怪盗ゴディバ事件の鍵をにぎるものだと確信する。地図の裏にも風車小屋が描かれていたのだ。リンツは「怪盗の情報に懸賞金!」を出すという探偵ロイズに知らせるべく手紙を出したが……。



<感想>
ついに待ちに待った乙一さんの新作を読むことができました
これは、白乙一でも黒乙一でもないかなー。
血とか殺人とかも出てくるから白ではないし、黒までは残酷ではない。
銃とチョコレート、というタイトルからしてかっこいい。
無性に読んでいてチョコレートが食べたくなった。
もちろん、ビターなのがいい。
さてさて、感想のほうですが
私、はっきり言って推理小説と外国物の話が
とっても苦手なんです
だから前半はとても苦労しました。
面白いんですけど、苦手物がドドドーンとダブルパンチですから。
まぁさすがといいますか。
乙一は読ませるものがありますね。
後半はスルスル読めました。
話がえええーという展開に持っていかれて、次から次に驚かされる。
いじめっこのドゥバイヨルだって悪人に見せかけていい人。。。
と見せかけて。。。さらに。。。
でも、こういうキャラ嫌いじゃないです。むしろ好き。
が、絶対半径1メートル以内に近づかないでほしいです
子供向きなので、ひらがな多いし読みやすい。
主人公の素直さも単純さも好感が持てました。
移民といわれ差別を受けてて、将来は大変そうな彼ですが、
周りには友達がいて、母親がいて、今を生きること楽しむことに気持ちがいってる主人公が
「そうそう!子供ってそうなのよねー」
と子供のころとかぶりました。

鋭い人なら、何となくタネはわかってしまいそう。
でもなー、私は乙一ってすごいなぁと思いました。
子供から大人まで楽しめる作品を作れるって、たくさん引き出しを持っている人なんだなーって。
小学校のときに、教室に小さな本棚かあって、わくわくしながら読んでいた、昔の記憶が蘇ってきた。
もっとも、こんなに凝った展開はなかったけれど、こんな本を子供に読ませたいなーそして本の楽しさを共感しあえたらどんなに楽しいだろう!と子供がいる人がうらやましくなっちゃった

うーーーん、でも読みやすさなら断然こっち
見てみる?

楽しくて、読みやすくて、ストーリーも絵もかわいいマンガ
sonatineは、この山本さんのマンガがとても好きです。
ボーイズラブってやつですが、これってどうなの?と思うくらい微妙なので、そういうのを見ない人でも楽しめそう。
アマゾンの中古なら取り扱いしてます。

右手に銃、左手に愛。
山本 小鉄子
幻冬舎コミックス (2003.4)
この本は現在お取り扱いできません。

新米刑事ヒロム・バンディ時田は、仏蘭西市を騒がす“怪盗ジャック”の逮捕を夢見ている。
大家の厳士郎が、実は老人の変装をした“怪盗ジャック”
そんなジャックに惚れられたヒロム。
果たして泥棒と刑事、二人の恋の行方は!?

この記事へのコメント
こんばんは!
これは本当に面白かったですね~。さすが乙一さん!と
唸りました。
乙一さんならではの捻りが利いた作品でした。
TBさせていただきました。
リサ | URL | 2006/09/13/Wed 00:15 [EDIT]
リサさんTBありがとうございます。
乙一さん、久々の新刊でしたもんね~。
待ったかいがありました。
ちょっとグロテスクな冊子でしたけど、
ピュアな冒険ものだけで終わらなかったところが
乙一さんって感じがしました。
sonatine | URL | 2006/09/15/Fri 20:21 [EDIT]
とても楽しめる作品でしたよね^^
乙一さんの作品はやっぱり良いです!
でも、挿絵が怖くって・・・
夢に出てきそうですよ~><
子どもも楽しんで読めそうですよね。面白かったです。
苗坊 | URL | 2006/11/08/Wed 20:24 [EDIT]
挿絵怖かったですね(><)
ぞっとして夜挿絵のページをめくるのが怖かったです。
チョコレート好きにもうれしいお話でした。
sonatine | URL | 2006/11/09/Thu 19:43 [EDIT]
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/219-fabbda35
銃とチョコレート 乙一
リンツ少年が住む国で、連続強盗事件が発生。リンツ少年が、とある物を手にした事をきっかけに、少年たちの憧れである探偵ロイズと出会い、共に『ゴディバ』と名乗る怪盗を追う長編ミステリー。思わぬストーリー展開や、話の運びがとても面白く、飽きることなく最後ま...
かみさまの贈りもの~読書日記~ 2006/09/12/Tue 22:22
『銃とチョコレート』乙一
銃とチョコレート乙一講談社2006-05-31by G-Tools少年リンツの住む国で富豪の家から金貨や宝石が盗まれる事件が多発。現場に残されたカードには「GODIVA」の文字が。はたして名探偵ロイズは、怪盗ゴディバをつかまえることができるのか!? 乙一さん、やはりあなたはすごい。
ひなたでゆるり 2006/09/13/Wed 00:12
「銃とチョコレート」乙一
タイトル:銃とチョコレート著者  :乙一出版社 :講談社 MYSTERY LAND読書期間:2006/09/18 - 2006/09/20お勧め度:★★★★[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]少年リンツの住む国で富豪の家から金貨や宝石が盗まれる事件が多発。現場に残されているカードに書かれていた
AOCHAN-Blog 2006/10/16/Mon 21:42
銃とチョコレート 乙一
銃とチョコレートヨーロッパのとある国で、怪盗ゴディバという高価なものを盗む悪党がいた。その悪党を捕まえようとしている探偵ロイズは、子ども達に大人気。少年リンツもその一人。リンツは移民の血を引く11歳の少年。父デメルは杯の病気で死に、母メリーと2人で...
苗坊の読書日記 2006/11/09/Thu 19:54
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。