スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

図書館戦争

図書館戦争図書館戦争
有川 浩

メディアワークス 2006-02
売り上げランキング : 16921
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<評価>
面白かった20060517191140.gif

<ストーリー>

正義の味方、図書館を駆ける!―公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる法律として『メディア良化法』が成立・施行された現代。超法規的検閲に対抗するため、立てよ図書館!狩られる本を、明日を守れ。


<感想>
読書ブログさんで多々面白い~という評判を聞いたので、読んでみました。
いやぁ、面白かったです
図書館を舞台にした本は、どうしても堅いイメージがあって苦手なのですがこれは設定がぶっ飛んでいるので、かなり楽しく読めました。
だって、図書館員が本を守る軍隊になるんですよ?
それも死傷者を出すほどの激闘。
されど本、といえども、本を読まない人にとってはたかが本。
だから、その熱意は本好きな人ならよ~くわかるんですが、本嫌いな人には「推薦図書のでもいんじゃ?」とか「なくたって大丈夫」という人もいるのではないでしょうか?
(私は推薦図書よりちょっと危険な物が入ってるのが好きなので、もちろん反対派ですが)
と、言うわけでこの本はそこそこ本が好きな人におすすめです

あとがきに、連ドラを意識したとありますが、私の中ではマンガでした。
メディア良俗法と図書館法がこんなにも対立するものなら法律でどちらかに一本化されないのはなぜだっとか
こんなヒイキいかんでしょう、てかこんな私情を通せる職場っていったい。。。とか
突っ込みどころもあるのですが、よくぞ図書館を舞台にした小説をこんなに面白くしてくれたと作者に拍手を送りたい
もーこれ読んじゃったら、他の図書館物の本、読めないよ
結構、プライバシーの問題とか自由に関する宣言とか、有害図書に関することとか現実的に問題となりそうなことも書いてあって読み応えもあります。

が、それだけでは正直この本は面白くないと思います

この本を面白くしているのはそれぞれのキャラクターの魅力です。
堂上と郁、手塚くんのやりとりとか
柴崎さんのできる女~で毒吐キャラなとことか
小牧さんの優しそうで実は冷たそうなとことか

それぞれの発言の突飛さにびっくり楽しく読めました。
ネタは読んでいくとわかるんですが、やっぱりラブがあると面白いなぁ、とラブコメ好きの私は思うのです
(私は堂上さんのツンデレ?にやられました。あーでも手塚くんも小牧さんも捨てがたい)

最後はありきたり+はっきりしない二人の行方でしたが、実るといいなぁ~と思います。
彼は自分の恋心自覚していますが、彼女はまだ微妙ですからね。
多分、小牧さんがサラっとばらしそうな気がしますが。
後々の展開を考えると、ハッピーエンド以外ありえない、そんな楽しいお話です
この記事へのコメント
こんばんは。
TB&コメントありがとうございました。
堂上さんは確かにツンデレかも(笑)
続編が出るようなので、ふたりの恋の行方はまだまだ持ち越しになりそうですね。でも、ほのかに両思いっぽい雰囲気。
私は手塚君がお気に入りです。
たかとう | URL | 2006/07/21/Fri 22:09 [EDIT]
これは本当に最高でしたね!
そして今自由に本を選び読めることの幸せを感じています。
さてー、9/10に続編が出ます。『図書館内乱』というタイトルらしいです。楽しみですね!
リサ | URL | 2006/07/22/Sat 00:31 [EDIT]
えぇぇー!続編ホントにでるんですか!?
嬉しいサプライズです♪
情報ありがとうございました☆
sonatine | URL | 2006/07/22/Sat 22:08 [EDIT]
こんばんわ^^
私も、皆さんがオススメしてらっしゃったので、気になった人です^^
想像以上に良かったですね~
ストーリーも良いですし、やっぱり出てくる人皆が良いです。
特に、堂上と郁の関係はとっても気になります。
ツンデレですか^^いい表現ですね^m^
続編も読みますよ~
苗坊 | URL | 2006/11/27/Mon 00:19 [EDIT]
あたしもここまでブロガーさんたちが盛り上がってなかったら見なかった本です。
分厚いし。。。。
でも読んで面白い!めちゃめちゃおもしろーーーいっ!!!
いつもにやけてしまいます。
sonatine | URL | 2006/11/28/Tue 14:12 [EDIT]
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/225-6422f596
『図書館戦争』有川浩
図書館戦争有川 浩 メディアワークス 2006-02売り上げランキング : 10070Amazonで詳しく見る by G-Tools 公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる法律として『メディア良化法』が成立・施行された近未来の日本。その強引な超法規的検閲に対抗するため、『図書...
今夜、地球の裏側で 2006/07/21/Fri 21:37
『図書館戦争』有川浩
図書館戦争有川 浩メディアワークス2006-02by G-Tools正義の味方、図書館を駆ける!―公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる法律として『メディア良化法』が成立・施行された現代。超法規的検閲に対抗するため、立てよ図書館!狩られる本を、明日を守れ。 いや~良か
ひなたでゆるり 2006/07/22/Sat 00:29
「図書館戦争」有川浩
タイトル:図書館戦争著者  :有川浩出版社 :メディアワークス読書期間:2006/10/16 - 2006/10/18お勧め度:★★★★★[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]正義の味方、図書館を駆ける!―公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる法律として『メディア良化法』が成立
AOCHAN-Blog 2006/11/07/Tue 14:27
● 図書館戦争 有川浩
図書館戦争有川 浩 メディアワークス 2006-02by G-Tools , 2006/04/05お父さん、お母さん、お元気ですか。私は元気です。念願の図書館に採用されて、私は今──毎日軍事訓練に励んでいます。主人公、郁の、こんな手紙ではじまるこの本。な、なんで図書館で軍事訓練?と思っ
本を読んだら・・・by ゆうき 2006/11/17/Fri 13:44
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。