スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美人とは何か?/中村うさぎ

美人とは何か?―美意識過剰スパイラル美人とは何か?―美意識過剰スパイラル
中村 うさぎ

文芸社 2005-12
売り上げランキング : 28658
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<評価>
毒々しいpp_12.gif

<内容>

美人とは何か? コスメ、ファッション、美容整形-。世にあふれる「美意識」にこんがらがってしまったアナタを救う。中村うさぎが身をけずって辿りついた美人論。『文芸社ON-LINE』連載に加筆修正、単行本化。



<感想>
リカちゃん人形と、バービー人形。
あなたはどちらが好きでしたか?
リカちゃんはいわゆる依存型。バービーはナルシスト型で自己中心的。
それを人間に置き換えて書いてあるとこが面白い。

バービーちゃんの陶器のような白さと、長身のスタイルも魅力的だけど、私は昔からリカちゃんの方が愛らしくて好感を持ってました。
いわゆる依存型=男受け・受身型というわけですが、
私はうさぎさんを誤解してました。
てっきりうさぎさんも男受けしたくて、整形してると思ってました。
こりゃ大違い!
うさぎさんは男受けより女受け。
時代にのっとった美人より、整うことを第一とする人だったんですね。

はっきり言っちゃうと私には合いませんでした。
隙がないというか、反論しようものならガブって噛みつかれそうな勢い。
読んでるうちにものすごーく疲れてきて、読むのをやめちゃいました。
野ばら理論とか、くらたまさんとか、蝶々さん、岩井志摩子さんなどの美人論は過酷だけど読んでて面白かったけど、
ブスとか、顔とかそういう話ばっかりだと毒々しくて…。
かと言って美容論で内面ばっかり言われても腹が立つんですけどdrop0.gif
amazonでは評価いいみたいなので、合わなかっただけかもしれませんが、
自己評価は★☆☆☆☆で。

今日は図書館に行ってきました。
毎月図書館には2回ほど行きます。
借りるの五冊+予約をしてる本2冊ぐらい?で
一回につき7冊ほど借ります。

7冊×2回=14冊

1ヶ月に大体読みます(読めないこともありますがdrop0.gif

ジャンルは小説が多いですが、エッセイとか軽く読めそうなものを数冊入れるようにしています。
最近は掃除の本もお気に入りheart.gif

図書館からの本がないと、時間が空いたときにどうしようって、焦るんですよね。
積読本もまだあるのに…。
図書館も活字も私にとってなくてはならないものだなーとしみじみ実感しています。

● ● ● ● ● ● ● ● ● ●
あと、何となくですが最近は図書館にイイ男がいないかウォッチングするのが癖です。
別にどうかしようってわけじゃないんですけど。
そしたら、ハンサム君は決まって彼女と来ていたり、受験生でガリガリ勉強してたりするんですよ~。
その他はおじさんだったり、オタク系だったり。
女の子は普通にかわいい子が来てるのに、なぜー?

図書館で素敵な出会いがあればよいのにな。
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/252-bdbd8d29
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。