スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「好き」をシゴトにした人

「好き」をシゴトにした人―WORK FILES 01‐59「好き」をシゴトにした人―WORK FILES 01‐59
大岡 まさひ

主婦と生活社 2004-06
売り上げランキング : 259003
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<内容>

犬服デザイナー、ラーメンコンサルタント、移動カフェ…。自分の仕事を自分でつくった人。みんなが見落としてた「すきま」を仕事にした人。好きなことを職業にした人。59人のストーリー、それぞれのスタイルを紹介。


<感想>
写真もいい。テーマもいい。だけど、文章がもう一歩というのがamazonの評価のようです。
確かに、ものすごくその人に迫った文章ではなく、さわり程度にインタビューといった印象。
だけど、私がこの本に求めてるのはそんな大それたものではない。
夢を抱く自由
それを得るためにこの本を手に取ったのである。
文章は正直、私は二の次である。

大人になったら…と将来に夢を持っていた子供のころ。
大人になった今、いったいどんな夢を抱いているか。
現実的に叶えるのにお金がかかる、時間がかかる。
生活が…、家族が…。
なんて考えると、夢よりも現状維持を優先したりする。
でも、こういう本を読むと「いつか私も好きなことで仕事をするぞ」と
夢が膨らみ楽しくなる。

私は好きを仕事にすることが一番とは思わない。
安定を求めて仕事をすることが一番だとも思わない。
そのときの自分の気持ちに素直になって
自分の一番優先したいことを実現できているのがベストだと思う。

私のことをちょっと書かせてもらうと
今は安定優先なので、仕事に冒険はしたくない。
だけどいつか、時期がきたら
学校にいって、図書館司書とかマッサージ師とかパソコンの資格を取りたいな、と密かに育んでいる夢がある。

もし、好きをシゴトにしたいと思うのなら
この本は、思い切ってやってみなよと背中を押してくれると思う。

そうでない人は、夢を抱く時間を楽しむことをオススメする。
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/255-bf01bc34
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。