スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナンバーワン・コンストラクション

ナンバーワン・コンストラクションナンバーワン・コンストラクション
鹿島田 真希

新潮社 2006-07-28
売り上げランキング : 51931

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<評価>
色々あるけど結局おもしろくない20060605131725.gif

<ストーリー>

建築史家の若手教授、彼に弟子入りする小説家志望の青年、教授が片思いの愛を捧げる少女、少女を残酷に支配する婚約者の美青年。現代の都市の話題の建築を舞台に、交わされる、永遠、生と死、愛、芸術を巡る会話。男と女、男と男、意表をつく展開を遂げる恋愛関係。人間が生きるための空間、建築、その新たな可能性を探し、現代の絶望に立ち向かう、若き新鋭の画期的長編。


<感想>
何から伝えればいいのか…pp_08.gif
number one construction=一番の建築
建築を愛にたとえて話を作る、という発想は評価できる。
だけど、何か話し自体がわけわからん方向にいっちゃってる。
メイン人物が5人出てくるんですが、みんな嫌いです。

私がこの話を要約するならば、普通の教授と研究生がいる。
教授の片思いの相手は、精神を病んでる婚約者で、人が苦しむことに快感を覚える変態で、どんどん巻き込まれて病んでいく、という話。

理論で生きる意味を語ろうとしてる人物たちにうんざり。
本人たちも、1+1=2だー!!!!みたいな自分の理論は正しいって主張してるんだけど、だんだんあれ?そうだよね?って疑心暗鬼になって
結局そういうもんじゃ割り切れん!という雰囲気…なのかしら?

ごめんなさい。読んだけどさっぱり理解できてません。

面白いから読む本と、義務で読む本があります。
面白いから読む本は、自分の好みの本で、面白いからページをめくる。
義務で読む本は、興味はあるものの、読み出してもなかなか面白くない。
もうちょっと読んだら面白くなるかも…とがんばってページを進める。
最初ダメかもって思っても、どんどん引き込まれることってあるんですよね。
それでもダメな本もありますけど。
これは明らかに後者で、私、かなりがんばって読みました。
読み終えたあと、ものすごく疲れましたdame.gif
読み終えられた、ということは読めない本ではないとは思うのですが
私とはとっても相性の悪そうな作家さんです
この記事へのコメント
コメントありがとうございました。
観念だけの小説って、私向きではないようです。でも彼女の別なものも読んで是非書いてください。
sonatineさん、しっかりと本読んでいて、自分の感想書かれている、エライ!さっそく「お気に入り」に入れさせてもらいました。
私は多分あなたのお母さんよりもっと年上の世代だと思うけれど、本も映画も音楽もリアルタイムのものが好きで、楽しんでいます。
 
ハッチのライブラリーⅡ | URL | 2006/09/12/Tue 08:55 [EDIT]
こんにちはー。コメントありがとうございます!
エヘヘ。褒められちゃったi-237
うちの母親は52歳です。年上でしょうか???

うちは本好きが私しかいないので、年代の違った人ともたくさんおしゃべりしたいです。
私もお気に入りに入れさせてもらいましたi-184
sonatine | URL | 2006/09/12/Tue 10:01 [EDIT]
あのー、お母さんより少し(と言わせてください)年上です。
よろしくお願いします。
ハッチのライブラリーⅡ | URL | 2006/09/12/Tue 18:04 [EDIT]
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/259-7682e63b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。