スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七つの黒い夢

七つの黒い夢七つの黒い夢
乙一 恩田 陸 北村 薫

新潮社 2006-02
売り上げランキング : 21517

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<評価>
20060605131725.gif

<ストーリー>

天使のように美しい顔をした私の息子。幼稚園児の彼が無邪気に描く絵には、想像を絶するパワーがあった。そしてある日―。乙一の傑作「この子の絵は未完成」をはじめ、恩田陸、北村薫、岩井志麻子ら、新感覚小説の旗手七人によるアンソロジー。ささやかな違和感と奇妙な感触が積み重なり、遂に現実が崩壊する瞬間を描いたダーク・ファンタジー七篇。静かな恐怖を湛えたオリジナル文庫。


<感想>
表紙とタイトルから怖い話を想像していたのですが、
まったく怖くありませんでした。
乙一以外は冴えないなぁ、といった印象。
天使のレシート、10月はSPAMで満ちているは発想は面白いんだけど、結末がいやーな感じでどうしても好きになれず。
背筋がゾクっとくるようなホラーも、精神的な嫌悪感からくる寒気もなにもなく、何が伝えたかったんだろ?と不満が残る本でした。
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/273-c320966f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。