スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月24日通り

7月24日通り7月24日通り
吉田 修一

新潮社 2004-12-21
売り上げランキング : 45460
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<評価>
20060523175411.gif

<ストーリー>
主人公は、ポルトガルのリスボンと自分の街が似ていることに偶然気づき、町並みを重ねることを日常としていた。
離婚しそうな同級生の友人+職場の同僚
憧れていた高校時代の先輩。
自分とは似ていないかっこよくて、魅力的な弟+冴えない彼女
自分と同じ趣味を持った男性
との出会いをきっかけに、自分の殻を破り、成長していく。

<感想>
この本、7月24日通りのクリスマスというタイトルで、もうすぐ映画が公開されます。
その前に見なければと思い、読みました。
映画のストーリーを見ると、原作よりも主人公が地味な印象。
電車男の逆バージョンを連想するCMだったのですが、この本を読むと全然違うなーと思いました。
恋愛ばっかりかと思ったら、恋愛をきっかけに自分自身の殻を破る、というのがテーマ。

間違えたくない

というのがこの話のキーワードになるんですが
この間違えたくない、というのは弟の彼女のセリフなんです。
イケメンの自慢の弟にできた、地味な彼女。
地味な自分と重なってしまう彼女と、自分への自信のなさから弟へ間違えてほしくないという圧力をかけてしまう。

「俺がそばにいてほしいと思う女が、俺に一番似合ってる女なんだよ。どうしてそれがわかんないんだよ?なぁ?」

このイケメン弟、しっかりしてるじゃないですか!
んでもって、モテ男にそこまで言わせる地味ーズのヒロインは
純粋で冷静な自己分析と優しさを持ち、性格のかわいさだけじゃなくて、少し闇の部分を持っていて、そこが女性から見てもちっとも嫌味じゃない。
芯の弱そうで強い女性、という感じで、彼女にはとても好感が持てた。
そんな彼女を選んだ、弟にも。
そして彼女と向き合うことで、強くなれた主人公にも。

ただねー、ちょっと「ん?」って思ったのが
弟には「(あんたはイケメンだからあんな子を選ぶなんて)もったいないじゃない」と言いつつも
実際、地味カノと対面して話したときは、
「そうじゃないの。あなた無理してたから。。。」
と言ったときは、そういう意味もあるかもしれんけどそうじゃないやろ!と突っ込みを入れたくなりました(笑)

まぁ、それは置いといて。
憧れの先輩と友達の関係。
その友達と夫の関係。
その合間に挟まれてしまった主人公は、ある意味不幸だけどある意味でラッキーだったような気がします。
小悪魔な女性なら、両方ゲットしていただろうし、地味な彼女でも多少は甘い時間を得ることができました。
この憧れの先輩っていうのは、冷静に見るとフラフラしてて味方に見えて敵のようで…でも悪い人じゃないのかな、なんて思ってしまうのはやっぱり男性作家さんだからかしら?
こういう人、いそうですもんね。
女性の敵になりそうなキャラですが、ギリギリで嫌いにはならなかったです。
一方、主人公の友達にはムッとすることも多々ありました。
一言で言うと、ずうずうしい、自分が中心じゃないと嫌な姫体質女
それに振り回される周りの人々。
正しいこと、本当のことが強いわけじゃない。
間違えたくない地味な女とは反対に、間違ってても愛しい女がいて、
主人公はイライラを募らせる。

この話は、と地元に残った人の気持ちも描かれているのですが、地元組の私としては、「街に負ける」と言う気持ちが20060605131725.gif???でした。

さてさて最後の紹介するのが、自分と同じ趣味を持った男性、ですが。
こんな出会いがあったら、私は一発でやられてしまいます20060517191140.gif
Can stop fallin' loveですよ!

さっぱりとした内容でしたが、心理描写とかそれぞれの人物の性格がしっかりと描かれていて、ちっとも飽きずに読みました。
大きな設定とか、ストーリーにスピード性はそこまでありませんが、
読んでいて前向きになれる本でした。
喪女さんは必見よ

映画を絶対見る!と思ってたのですが、これを読んだらもういいかも。。。とお腹いっぱいになってしまうくらい満足heart.gif
と、いうかすごくいい物を書いているので受け狙いで恋愛にのみ焦点が当てられないかが不安なんです。
うーん、映画どうしよう。。。
この記事へのコメント
こんばんは。
こんばんは。sonatineさん。
この作品、私も大好きです。
地味な主人公が出てくると、嫌でも共感しちゃいます(笑)

映画のタイトルは、『7月24日通りのクリスマス』ですが・・・
なんだか説明臭くて、間延びしてるように思えるのはわたしだけかな??苦笑

ゆう | URL | 2006/10/21/Sat 21:23 [EDIT]
あははhttp://blog7.fc2.com/image/icon/i/F995.gif" alt="" width="12" height="12" class="emoji">
本を読んだらうさんくさく感じますよね。クリスマスと関連ないしhttp://blog7.fc2.com/image/icon/i/F9AC.gif" alt="" width="12" height="12" class="emoji">
わたしも地味という言葉に敏感ですhttp://blog7.fc2.com/image/icon/i/F9CF.gif" alt="" width="12" height="12" class="emoji">
あとあと、この本って洋書の雰囲気があると思いませんか(・・?)
タイトルも表紙のデザインも地味なんだけど、隠れた名作って感じがしますね。↓
あ、隠れてないかhttp://blog7.fc2.com/image/icon/i/F9C7.gif" alt="" width="12" height="12" class="emoji">
sonatine | URL | 2006/10/21/Sat 22:19 [EDIT]
こんにちは。
再びです(笑)

そうそう。洋書っぽいと私も思いました。
派手さはないけど、ずっと残っていく作品だと思います。
今でも、充分に親しまれてるとはおもいますが、もっと大騒ぎになるくらい評判になって欲しいです(笑)

でも、主人公が地味だから無理かな?(爆)
ゆう | URL | 2006/10/22/Sun 15:22 [EDIT]
やっぱり!ゆうさんもそう思ったんですね。
よかった~☆
映画のあとで評判になるかも。
その時に、実はもう読んでるんだって自慢できるのが、嬉しいですね。
sonatine | URL | 2006/10/23/Mon 19:08 [EDIT]
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/284-dceba6e0
7月24日通り 吉田修一
自分の住んでいる冴えない町をリスボンになぞらえ、空想に浸っているOLの本田小百合。この町同様、冴えない自分自身の過去や現在に、苛立ちを感じながら過ごしている。恋に恋している状態の小百合にとって、ハンサムな弟や、学生時代のかっこいい先輩の存在が、夢であ...
かみさまの贈りもの~読書日記~ 2006/10/21/Sat 21:12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。