スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン~

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~
リリー・フランキー

扶桑社 2005-06-28
売り上げランキング : 178
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<評価>
20060523175411.gif

<内容>

それはまるで、独楽の芯のようにきっちりと、ど真ん中に突き刺さっている。東京の中心に。日本の中心に。ボクらの憧れの中心に。この話は、かつて、それを目指すために上京したオトンと、ボクと、オカンのちいさな話です。


<感想>
泣ける!と大評判な作品ですが、私は泣けませんでした。
でも、泣く泣かないに関わらず、いい作品だな~と思いました。
大きなことはない。小さすぎることもない。
貧乏な生活。目的のない人生への焦り。
両親への言葉にしない思い、そして愛情。
リリーさんの人生まだまだ長いのに、何だかオカンとすごした日々が
リリーさんの一生のように感じられる。

この本を読んで親孝行って何だ!?と考えました。
世間一般的には、社会的に自立して、仕送りなんかしてたら
「いい息子さんを持って幸せね」
って言われるんだろうけど、この本の前半のリリーさんは全然親孝行じゃない。
むしろ親不孝のジャンルにあてはまる。
なのに、当の本人たちの心情としてはそうじゃない。
少なくとも母親は、そうは思っていない。
そこには見返りのない愛情が存在する。
どんな人間関係においても、自分がしたこと、相手がしたこと
それらの行為には、大抵無意識に見返りを求めてしまう。
何かをして欲しいから尽くす。
何かを与えられたいから尽くす。

だけどそうじゃない関係っていうのもあるんだなーと
私はそこにジーンときました。
あと、オカンの病気に対する思いにも、私ならどう受け止めるのだろうと一番恐れ、目をそむけていたものに対して、ストレートに表現されてました。

オカンの料理や気配りに対して、同じ女性として見習いたい、と思いました。
特に料理は、私、大の苦手なのですが、作れるようになりたいと思いました。料理って人を幸せにするもんなんですね。

追伸。
この本は一年前に購入したのですが、読むまでにずいぶん時間がかかってしまいました。
読み始めたら一日で読めたんだけど、やっぱ分厚い本は読み始めるまでが大変です。。。
この記事へのコメント
こんばんは。sonatineさん。
私も、図書館に予約を入れて読んだのですが、ずいぶん待たされました。
それだけに期待が大きくて、泣こう泣こうとしたのが、返っていけなかったのかもしれません(苦笑
ゆう | URL | 2006/11/15/Wed 19:37 [EDIT]
こんばんわ^^
TBさせていただきました。
素敵な作品ですよね。予想はしていましたが、やっぱり感動的でした。
家族とか、絆とか、親孝行とか、いろんな事を考えましたね。
前半、雅也のことを好きにはなれなかったんですが、後半はうるっときましたね。
ドラマも楽しみです。
苗坊 | URL | 2006/11/15/Wed 21:27 [EDIT]
こんばんは。
この本を読んで親孝行しようと思いつつ、結局何もしてません・・・。
電話ぐらいかけてみようか、と思ってます。
あおちゃん | URL | 2006/11/16/Thu 21:51 [EDIT]
TBありがとうございます
日本の親孝行に大きく貢献した作品でしたね(笑)
ドラマ楽しみだぁ~
sonatine | URL | 2006/11/17/Fri 12:40 [EDIT]
こんばんは!
TB&コメントありがとうございました。
オカンの姿が良かったですよね~
見返りを期待しないオカンの無償の愛が胸に響いてきました。
最後の方にあったオカンのメモには号泣してしまいました。
ドラマも楽しみです。
エビノート | URL | 2006/11/18/Sat 00:05 [EDIT]
やっぱオカンでしょ!
こんばんは。
オカン、魅力的ですよね!
この生き方、考え方、眩しいです。
心の中で、私も一緒になって「オカン」と呼んでいました。

そういや、ドラマありますね。
どうなのかなぁ・・・。

>やっぱ分厚い本は読み始めるまでが大変です。。。
激しく同意。
☆すぅ☆ | URL | 2006/11/19/Sun 00:52 [EDIT]
馬鹿な私。。。
ドラマ楽しみにしてたのに、一番肝心なラスト30分で寝てしまったバカたれです。。。

オカンよかったです。リリーもよかったです。
子役の子もよかったです。曲もよかったです。
だけど、やっぱり原作がよかったです。
ずいぶん飛び飛びで原作読んでないと分かりにくい部分もありました。
彼女との別れの理由がよくわかりませんでした。

☆すぅさん☆へ
ですよね~。私は200ページ以内の本だとほっとします。
300ページで「げっ」となり
それ以上だとなかなか読む気になりません。
東野圭吾の「白夜行」が読めないのもそれが理由です。
sonatine | URL | 2006/11/19/Sun 13:56 [EDIT]
はじめまして。
苗坊さんのブログから辿り着き拝見していたのですが、今日は思い切ってTBをさせていただきました。

原作を読み、テレビドラマを観て、映画も鑑賞しましたが、ワタシも原作が一番良かったと思います。


miena | URL | 2009/03/15/Sun 22:16 [EDIT]
mienaさんはじめまして!
コメントとTBありがとうございます☆
東京タワー・・・。親孝行してないなぁ。

また、よければ見に来てくださいね!
sonatine | URL | 2009/03/25/Wed 12:41 [EDIT]
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/300-4e3aa765
東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン~ リリーフランキー 
著者が、幼少時代から大人になるまでの母と自分、父と自分、そして家族の関係を綴った私小説。母親への愛情、そして時々しか会わない父親への思いが、表現豊かに描かれていた。人物の描写がとても巧みで、方言の会話や、面白おかしい言い回しには、大笑いさせられたが...
かみさまの贈りもの~読書日記~ 2006/11/15/Wed 19:32
東京タワー オカンとボクと、時々、オトン リリー・フランキー
東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~リリー・フランキー初の長編小説。ボクは3歳の時からオカンと2人で暮らしている。オトンと会うことはあまりない。オカンはボクに辛い思いはさせまいと、必死で働き、ボクを育ててくれた。ボクはといえば、オカンにラク...
苗坊の読書日記 2006/11/15/Wed 21:25
「東京タワー」リリー・フランキー
タイトル:東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~著者  :リリー・フランキー出版社 :扶桑社読書期間:2005/12/21 - 2005/12/28お勧め度:★★★★[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]読みやすさ、ユーモア、強烈な感動!同時代の我らが天才リリー・フランキーが骨身
AOCHAN-Blog 2006/11/16/Thu 21:52
東京タワー オカンとボクと、時々、オトン〔リリー・フランキー〕
東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~母親とは?家族とは?普遍的なテーマを熱くリアルに語る著者初の長編小説。(BOOKデータベースより)
まったり読書日記 2006/11/18/Sat 00:01
『東京タワー』 リリー・フランキー
いつまでも支えになる、偉大な存在hReview by ☆すぅ☆ , 2005/12/11 東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~ リリー・フランキー 扶桑社 2005-06-28    すごいすごい!ダ・ヴィンチ1月号でも5236人の本好きが選んだ「Book of ...
「女流作家」の楽しみ方!~林真理子・瀬尾まいこなどの女性作家のエッセイ・文学書評を中心にご紹介してい 2006/11/19/Sun 00:56
「東京タワ-<オカンとボクと、時々、オトン>」 リリ-・フランキ-
東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~(2005/06/28)リリー・フランキー商品詳細を見る もともとリリ-・フランキ-さんの本は愛読している...
十六夜にみる夢。 2009/03/15/Sun 22:08
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。