スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界珍獣図鑑


今泉 忠明 / 人類文化社
Amazonランキング:305661位
Amazonおすすめ度:


普段、まったく図鑑には興味なかったんですが、本上まなみさんがエッセイで面白い!といっていたので読んでみました。


楽しかったです~~~~~♪♪♪
知識を増やすことって楽しい!!!
ナマケモノには凶暴なのと臆病なものの二種類いるって知ってた?
人魚の祖先といわれた、マナティーとジュゴンを発見した人のがっかりな気持ちってわかる?

くりーむしちゅーの上田さんの気持ちが今はわかる。
知るって楽しい。教えるって楽しい。

知らない世界をもっともっと知りたいっ!!!って好奇心をムズムズくすぐられるのが図鑑の楽しいとこなのねheart.gif
なぜなぜ娘っ子だった子供時代の気持ちを思い出した。
この本は読者の視点で書かれているから読みやすい。
サル科のウカアリというお顔がまっかっかな動物なんて、「酔っぱらいのおっさん」なんてコメントがつけられてるんですよ~57.gif


ちょっと本文の中から、お気に入りをご紹介しますね。

200612011612000.jpg

200612011105000.jpg

合成みたいでしょ?
こんな変な不思議な動物が世界の片隅にいるんですよぉ~。
そう考えるともっともっと知識がほしい!本が読みたい!って思います。

世の中のおもしろいことすべてを見ることはできないけど
できるだけ、知りたい。
まだまだ知らないこと、面白いことがこの世には、たくさんある。
退屈なんてしてる暇はないんだな~と思った一冊です。
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/310-9d25f02a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。