スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五つの箱の物語


今 市子 / 朝日ソノラマ
Amazonランキング:94137位
Amazonおすすめ度:


<評価>
20060523175411.gif

<内容>

今市子ファン必読の、初期のボーイズラブ系作品集。「箱」をテーマにした表題作の連作5編「落日」「君といつまでも休日」「エレベーターのパンドラ」「雪の下の柩」「あたたかい箱」と読み切り4編を収録。


<感想>
すごい・・・の一言。
箱から飛び出す、雰囲気のまったく異なるストーリー。
コミカルだったり、シリアスだったり、切なくなったり、ほのぼのしたり。
私は南くんの恋人の男の子バージョンの話がお気に入りです。
あの話も男の子同士になると、こんなコミカルになるのねー(笑)
BL要素はあるけど、心理的描写が丁寧でほとんど気にならないと思います。エロいのも一切ないし。
恋愛以上のものを描いてるんで、そういうのを気にするのがもったいないです。
この人は、才能がずば抜けてます。
惜しむならば、初期のものなので絵柄やファッションが古いのが残念。
私はそういうのがダメなんですが、この作品は多少そこに妥協しても読む価値があったと満足しています。

最近BLの話が多くなってきたんですが、引いてる人がいたらゴメンナサイ。
好きなんですよねー。
周りに同士がいないので盛り上がれないのが残念
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/313-b66402fd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。