スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イヴの夜

イヴの夜イヴの夜
小川 勝己

光文社 2006-10-21
売り上げランキング : 35889

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<評価>
20060605131725.gif

<ストーリー>
恋人を惨殺された挙句、殺人犯の疑いをかけられ社会から追い出されてしまった光司。
デリヘル嬢をしながらも、人との交流がうまくできないひとみ。
関係のない二人がイヴの日に、勘違いから殺人未遂にまで発展し・・・。

<感想>
この作品の売り文句。それはsonatineの大好きなテーマ不器用さん
このワードがあるだけで、無条件に読まなければ!という気になります。
さてさて、期待に胸を躍らせながら読み始めた作品でしたが、
評価厳しいですが、心は動かされたんです。
面白いな~とも思ったし、読ませるだけの力はある。

前半は二人の不器用っぷりが、どもり、人の和にうまく入っていけない、妄想癖などの描写がていねいで、これぞ不器用の中の不器用って感じで、ものすごく惹き込まれました。
容疑者に対するマスコミの対応について、痛い、腹立たしい、ひどい、と思いつつ、マスコミ側の視点の「働きマン」を読んでいたから彼らだって好きでこんなことしてるわけじゃないんだよな~って複雑な気持ちでした。
きっと、世の中にはこういった被害者がたくさんいるんだろうなぁ。

なんて、いろんなことを考えながら読んでいったのですが、二人が出会ったところらへんから変な方向に進んでいくんですよ。
この話の山場のシーンでは、滑稽で苦笑してしまいました。
その後の二人の関係も不自然すぎる点がいくつもあって、
きっと結末を先に考えられたんだと思うのですが、そこに行き着くまでの展開が急すぎる。
ごく普通の不器用さんが売り文句だった前半に対して、後半は明らかに怪しい人なんですよ。

作者紹介のところに

「人間の誰もが持つ、心の弱さ、負の要素の書き方には定評がある」


ってあったけど、確かにそういうの得意そうです。
おしむなら、構成力。
この人、ハードボイルドな展開よりも
ひかりをすくう、みたいな素朴でシンプルなストーリーの方が絶対合う!と私は思いました。
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/316-22359140
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。