スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見えない誰かと


瀬尾 まいこ / 祥伝社
Amazonランキング:3422位
Amazonおすすめ度:


<評価>
20060523175411.gif

<内容>

「以前の私は人見知りが激しく、他人と打ち解けるのに、とても時間がかかった。社会に出てからも、わざわざ親しくもない人と一緒に何かするくらいなら、一人でいたいというつまらない人間だった。でも、…」誰かとつながる。それは幸せなことだ…待望の初エッセイ。


<感想>
私の利用する図書館にはインターネットで予約できたり貸し出し情報が見れるサービスがある。
瀬尾さんのこの本はずっと貸し出しOKになっていて、不思議だなぁ?予約が殺到しそうなのに・・・と思いながらもいざ図書館へ。

理由がわかりました。あるべき場所にない
司書さんに探してもらって、「もしかしたら今お客様が読まれているのかも…よかったらご予約をされませんか?」とすすめられた。
じゃあ予約しておこうかな~と思ったら、「ありました!」と。
接客後も、一生懸命探してくれて、あるべき場所にない本を探し出してくれたのだ。
嬉しかったなぁ~若くて初々しい姉ちゃんが、とても清々しい対応をしてくれて。
もしかしたら、この姉ちゃんも瀬尾さんのファンで、読みたい気持ちをわかってくれたのかしら?
何にしても、本好きとして、こういった司書さんがいるというのは頼もしく、嬉しい体験だった。
そんないい出会い方をした本だったが、内容のほうも清々しい本だった。

瀬尾さんの小説と瀬尾さんのイメージが重なった。のんびりしてて、でも仕事には誠実に向き合ってて。
脱力系だけど、とてもいい先生なんだなと思った。
温室ディズほどじゃないかもしれないけど、所々生徒の嫌がらせとか大変な事件はある。
けど、瀬尾さんはくよくよしなくって、してるのかもしれないけど、生徒を恨んだりはしてない。
人を大切にする。自分も大切にする。
仕事に対して、好きで情熱もあるけど、いい感じに力が抜けてて、そんな瀬尾さんの姿勢が好きだなぁと思った。
仕事を必死でやってる人を見ると苦しくなる。
正直焦りもあるけど、そんなに頑張らないといけいないのか人生って。

瀬尾さんの疲れて一年休業の話は、意外だった。
そして、休んでもいい、とココロが軽くなった。

決められたレールを歩くこと。道を踏み外さないこと。
人並みに仕事に就くこと。
社会人になったら、逃げられない。
一度そこに行ったら引き返せない。
列車はどんどん進んでいって、そこに私の意志なんてない。
ただ、そこに乗っていれば、「間違い」はない。

社会人になって、そういったイメージがぼんやりあった。
道から外れること。
それは可能だけど、世間の目、安定をすてることへの不安などリスクも負わなければならない。
納得なんてしていないのに、どんどんどんどん進んでいく。
私が迷うのなんて、お構いなしに。

そういう不安があった。そして今もぼんやりある。
仕事に対しての考え方。迷い。
それもぼんやりある。
いつも自分が正しいとか、間違ってるとかそういったことを言い切るほど自信はない。
だから、こうしなさい、と言い切る本を読むと反発したくなる。不安の裏返しってやつ。
そして、瀬尾さんのように大らかで、柔軟性があって、自分の気持ちに正直で、仕事に誠実に向き合っている人の本を読むと本当に癒される。
明日も頑張ろうって思える。
エッセイだけど、読んだあとは小説と同じ爽快感があった。
この記事へのコメント
おはようございます。sonatineさん。
こんな本が出てたなんて知りませんでした!!
早速、チェックしなければ!!!!
ゆう | URL | 2006/12/29/Fri 10:27 [EDIT]
そうです。要チェックですよ~。
私もブログで知ったんです(^^)
気分よく読める本でしたよ。
sonatine | URL | 2006/12/30/Sat 18:56 [EDIT]
こんばんは。
これから読もうと思ってる本です。
なんか結構売れてるらしいですよ~。今は知らんけど。
また本読んだらコメントしに来ます~
ちきちき | URL | 2006/12/30/Sat 20:15 [EDIT]
へぇ~、そうなんですか!
読んだらぜひ感想聞かせてください☆

関係ないけど瀬尾さんの表紙って、こういったタッチが多いですね。ブサカワイイ系とかさっぱり系。
強運の持ち主は、思い切ったなぁと今は思います。
sonatine | URL | 2006/12/30/Sat 20:20 [EDIT]
sonatineさん、こんばんは~。
いいエッセイでしたね。

私も一年休業の話はびっくりしました。でもそれもちゃんと実になってるところがすごいなあと思ったり。
同い年なので私もがんばらねば!と思います。

表紙はまさにブサカワイイ系。確かに強運の持ち主は正統派?カワイイ系ですもんね。作品の味としてはやっぱりブサカワイイのがあってる気もしなくはないんですが…
ちきちき | URL | 2007/01/09/Tue 21:43 [EDIT]
(^o^)/
 こんばんは。
遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。m(__)m

sonatineさん、この本といい出会い方してますねー♪
私もこの気持ちのよさはなんだろうと考えて、やっぱり
>大らかで、柔軟性があって、自分の気持ちに正直で、仕事に誠>実に向き合っている
これだと思います。

今年もいろんな瀬尾作品に会えますように☆
☆すぅ☆ | URL | 2007/01/10/Wed 00:44 [EDIT]
ちきちきさんへ

ブサかわいいイメージがもう定着してきましたよねー。
あーでも幸運の持ち主もかわいかったなぁ。
どちらも捨てがたい・・・。
瀬尾さんのことをまじめな正統派、と思ってたんですが休業の話を読んでますます好きになりました。ゆっくりしてるところがいい。。。

☆すぅ☆さんへ
瀬尾さんの作品は、毎回毎回待ちきれないくらい読むのが楽しみです。
今年も読みたいですね~♪
sonatine | URL | 2007/01/13/Sat 00:55 [EDIT]
こんばんわ^^
とっても前向きにさせてくれる本でしたよね。
瀬尾さんもいろいろあったんだなぁって思いました^^
やっぱり働いてると、いろんな事があるんですね。
エッセイってあまり読まないんですけど、この作品は読んで良かったと思いました。
ますます瀬尾さんのことが好きになりましたね。
苗坊 | URL | 2007/01/27/Sat 19:17 [EDIT]
苗坊さん、こんばんは。
私もこの本を読んでますます瀬尾さんが好きになりました。
幸福な食卓は映画化されましたね。
近々見に行って、映像版の瀬尾ワールドを楽しみたいと思います。
sonatine | URL | 2007/02/05/Mon 23:03 [EDIT]
すみませ~ん!!
sonatineさんのブログで、この作品を知ったのに、読んだ報告をし忘れてました。
見てみれば、コメントを入れたのは去年でした。ほんとに、ごめんなさい。

sonatineさんが書かれているように、本当にステキなエッセイでした。あったかくなれて、読めてよかったです。
もっともっと読みたいですよね。


ゆう | URL | 2007/02/07/Wed 21:14 [EDIT]
コメントありがとうございます~。
いえいえ、当の本人は忘れてましたから。

温室デイズからエッセイ。教師の話も素敵だけど、
プライベートの瀬尾さんとか、ぜんぜん違う話も読んでみたいなぁふとと思いました。

でも、瀬尾さんの作品が読めればなんでもよいです。
大好き☆瀬尾さん。
sonatine | URL | 2007/02/07/Wed 22:19 [EDIT]
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/320-eb0fab07
見えない誰かと
『見えない誰かと』瀬尾まいこ(祥伝社)「以前の私は人見知りが激しく、他人と打ち解けるのに、とても時間がかかった。社会に出てからも、わざわざ親しくもない人と一緒に何かするくらいなら、一人でいたいというつまらない人間だった。でも、…」誰かとつながる。それは幸
ぼちぼち。 2007/01/09/Tue 21:45
『見えない誰かと』 瀬尾 まいこ
温かな眼差しに映るものhReview by ☆すぅ☆ , 2007/01/07 見えない誰かと 瀬尾 まいこ 祥伝社 2006-12    教師と作家というふたつの顔を持つ瀬尾まいこ。本書は著者初のエッセイ。小説の中に絶えず流れる登場人物への温かな眼差し...
「女流作家」の楽しみ方!~林真理子・瀬尾まいこなどの女性作家のエッセイ・文学書評を中心にご紹介してい 2007/01/10/Wed 00:45
見えない誰かと 瀬尾まいこ
教師であり、作家である著者の教師としてのエピソード、学校や生徒達への思いを綴った初めてのエッセイ集。他の先生方とのふれあいや、生徒達とのやり取りが、正直に素直に綴られていて、読んでいてとても気持ちがよかった。そして、教師として、真摯に生徒達と向き合...
かみさまの贈りもの~読書日記~ 2007/02/07/Wed 21:08
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。