スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天然理科少年


長野 まゆみ / 角川書店
Amazonランキング:559189位
Amazonおすすめ度:


<評価>
ふつう

<ストーリー>

放浪癖のある父に連れられ転居をくりかえす岬は、転校先の山間の中学で、不思議な少年・賢彦に出会った…。飛び級をしたのではないかと思われる程小さい賢彦に、好奇心をむき出しにする岬であったが…。


<感想>
時々無性に、長野さんの文章を読みたくなる。
独特の美しく古めかしい言葉遣いに、浸りたい気持ちでいっぱいになる。
他にも美しい文章を使われる作家さんはいるのに
長野さんじゃなければだめなのだ。

美しいものに触れたい。
美しい世界に浸りたい。
繊細で純粋なようで、人を傷つけたりする図太さもある。
浮世離れした世界。
現実とは似ても似つかない世界が、いい。

そんな期待をしてしまう。
さて、この天然理科少年はというと、
あれれ、現代的というか…危うさがない。
あたしが求めてるのはもっとアンバランスでふらふらする感じなのー!

・・・と思いつつもすいすい読んだんだけどね。
まぁ、オチは段々読めてくるんだけどもいんじゃない?
天然理科少年やその他に関する説明がいきなり所々にでてくるんだけど、これはいらないのでは???
面白くないことはないけども、これは長野さんの中ではベストではない。そう思った。
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/335-fc7195e3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。