スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミミズクと夜の王


紅玉 いづき / メディアワークス
Amazonランキング:8032位
Amazonおすすめ度:


<評価>
20060517191140.gif

<ストーリー>

死にたがりやのミミズクと、人間嫌いの夜の王。全ての始まりは、美しい月夜だった。―それは、絶望の果てからはじまる、小さな少女の崩壊と再生の物語。
第13回電撃小説大賞受賞作品


<感想>
ひなたでゆるりさんの記事をきっかけに読みました。
「え?何で電撃?」とびっくり。
ライトノベルというよりおとぎ話っぽい感じ。

ミミズクのおかれてた状況はとても重くて、
でも彼女はその「つらい」「苦しい」という感情すらわからないほど過酷な毎日が当たり前で。
ミミズクが不幸だったなんて私が決めちゃいけない。
とても過酷な環境にいながらも、彼女は明るい。
そうでなきゃ、生きていけなかったから。
たくさんの感情を追い出してしまわなきゃいけなかったんだよなぁ。

読み始め、あまりに評判がいいものだから、感動できるかなぁって不安に思いながら読んだんだけど、そんな不安を忘れるくらい、どんどん引き込まれていった。
泣いたか泣いてないかと言われたら、私は泣けなかった派だけど、
すっごい深い部分にぐりぐりっとやられた。
読めて本当によかった。
私、一度読んだ本を読み返すことってめったにないけど、
この本は何度も読み返したくなる。
夜の王の不器用な優しさと、ミミズクの純粋さを見ているうちに
ほほえましくもあり、二人の背景を考えるといたたまれなくもなる。
そんな二人だからこそ、お互いを慈しみ、幸せになれるといいな。

この本を読んで、全然関係ないかもしれないけど普段使っている言葉、態度、しぐさ。
それってずいぶん適当だったなぁと思った。
別にそういったことは書いてないけど、
もっと自分から周りに向けるものをきれいなものにしたいと思った。

私、この本を好き!っていう人とは仲良くなれる気がする。
てか、深く語ってみたいなぁ。布教させたい。
そのくらいはまった!
この記事へのコメント
これなんか面白そうですね。
今度本屋さんに行った時に探してみます。
電撃ですね。スパッと見つかるかな?
ちきちき | URL | 2007/02/20/Tue 21:30 [EDIT]
面白かったですよ~。ぜひぜひ読んでみてください♪
宣伝されてる割においてないとこもあるんですよ。
店員さんに聞いて、私はやっと手に入れることができました。
sonatine | URL | 2007/02/20/Tue 23:53 [EDIT]
はじめまして、しんちゃんです。
良かったですね。そして泣けたー!
とても良い本に出合えてラッキーでした。

TBさせて貰いました。宜しくね!
しんちゃん | URL | 2007/02/22/Thu 16:50 [EDIT]
こんにちは!
素敵な作品でしたよね。電撃文庫ではあり得ない挿絵なしが
いい効果だったと思います。
sonatineさんの感想読んでまたぐっときちゃいました。
いつまでも大切に心にとどめておきたい作品です。
もっと沢山の方に読んで欲しいですね!
リサ | URL | 2007/02/22/Thu 18:15 [EDIT]
しんちゃん&リサさんへ
しんちゃんへ

はじめまして。コメントありがとうございます♪
この本って絶対!愛される本だと思うのです。
出版社の人からも。読者からも。
現にブロガーさんのネットワークからどんどん広がってる感じがするもの。
たくさんの人に読んでもらいたいですね。よい本です~☆


リサさんへ

>sonatineさんの感想読んでまたぐっときちゃいました。
えへへへ。うれしいコメントありがとうございます。
この本にめぐり合えたのはリサさんの記事があったからです。
素敵な本と感想ありがとうございました。
これからも頼りにしてます~。
sonatine | URL | 2007/02/22/Thu 19:44 [EDIT]
私も二階読みました。ぐっと…きますね。
そして私はこのお話も好きだし、作者さんもとても好きだ!と思いました。これからおっかけます。
chiekoa | URL | 2007/03/01/Thu 12:10 [EDIT]
chiekoaさん、こんにちは~。
私もあとがきの作者さんの言葉にほれてしまった一人です。
次の作品が気になりますね(気が早い?)
できればライトノベルっぽくない路線で言ってほしいなぁ。
sonatine | URL | 2007/03/02/Fri 13:55 [EDIT]
はじめまして。
こちらの記事にTBさせていただきました。

私は例にもれず泣いてしまったひとりです。
そしてその涙でこころが洗われました。
登場人物たちがよかったですね。
彼らが抱える"喪失感"を埋めるのは、やはり"愛"なのですねぇ。
至る所にさりげなく散りばめられる純真な愛に、私もこころを満たされました。
Rutile | URL | 2007/05/29/Tue 00:06 [EDIT]
コメントありがとうございます。
登場人物たち、みんなよかったですね。
私も心が満たされました。
この本が好き、という人には無条件に好感が持てるくらいです(^^)
にしても、こんなにいい本なのに、なぜ話題にならないんだろう?
ムムム、普及させたいぜ。
sonatine | URL | 2007/06/08/Fri 14:01 [EDIT]
こんにちは。TBさせていただきました。
私も、最初はあまりに好評で、私は好きになれるのかなぁとちょっと不安がありました^^;
でも、本当に素晴らしかったです。
初めて、本を読んでボロボロ泣きました。
ミミズクが本当に純粋で素直で可愛いんですよね。
私もこの本好きです!
sonatineさんと仲良くなれます^^
本好きのブログ内ではかなり話題になってますよね。
私も普及させたいです^^
苗坊 | URL | 2008/09/23/Tue 10:48 [EDIT]
わーい♪苗坊さんとも仲良しですね☆
私もきっかけは本好きブロガーの皆様で話題になっていたので読んでみました。
ブログの交流をやってて良かったなぁって思いました。
さっそく今度布教してきます★
sonatine | URL | 2008/09/30/Tue 23:14 [EDIT]
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/341-b8e5e440
『ミミズクと夜の王』紅玉いづき
ミミズクと夜の王紅玉 いづき電撃文庫2007-02by G-Tools死にたがりやのミミズクと、人間嫌いの夜の王。全ての始まりは、美しい月夜だった。―それは、絶望の果てからはじまる、小さな少女の崩壊と再生の物語。第13回電撃小説大賞受賞作品泣きました。それはさめざめと泣くよ
ひなたでゆるり 2007/02/22/Thu 18:10
「ミミズクと夜の王」紅玉いづき
ミミズクと夜の王紅玉 いづき (2007/02)メディアワークス この商品の詳細を見る魔物に食べられたい少女ミミズクは元奴隷。手足は鎖に繋がれ、額には332の焼印がある。いつしか心を壊したミミズクは魔物の森に現れる。
しんちゃんの買い物帳 2007/02/23/Fri 09:12
ミミズクと夜の王 [紅玉いづき]
ミミズクと夜の王紅玉 いづき メディアワークス 2007-02死にたがりやのミミズクと、人間嫌いの夜の王。全ての始まりは、美しい月夜だった。―それは、絶望の果てからはじまる、小さな少女の崩壊と再生の物語。感想はうまく書けそうもありません。私にこの本を読むきっかけ
+ ChiekoaLibrary + 2007/03/01/Thu 12:08
ミミズクと夜の王 紅玉いづき
ミミズクと夜の王 (電撃文庫 こ 10-1) オススメ! 魔物のはびこる夜の森に、一人の少女が訪れる。 額には「332」の焼き印、両手両足には外されることのない鎖、自らをミミズクと名乗る少女は、美しき魔物の王にその身を差し出す。 願いはたった、一つだけ。 「あ?...
苗坊の読書日記 2008/09/23/Tue 10:41
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。