スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クジラの彼

クジラの彼 クジラの彼
有川 浩 (2007/02)
角川書店

この商品の詳細を見る


<評価>
20060523175411.gif

<内容>

「沈む」んじゃなくて「潜る」。潜水艦とクジラと同じだから。
人数あわせのために合コンに呼ばれた聡子。そこで出会った冬原は潜水艦乗りだった。いつ出かけてしまうか、いつ帰ってくるのかわからない。そんな彼とのレンアイには、いつも大きな海が横たわる。恋愛小説作品集。


<感想>
「いい年した大人が活字でベタ甘ラブロマ好きで何が悪い!」
有川さんの甘いラブストーリー大好き。
海の底、空の中の続編ということですが、私は未読でチャレンジ。

読書ブロガーさんに甘甘と評価されてますが、
私は普通のちょうどいい甘さだと思いました。
特にクジラの彼の、久々にあったとこの彼のセリフとか
普通に言えそうで、でもキュンってくるセリフが節々にあって
そうそう!こういうのに私は弱いのよ!
と思いました。

クジラの彼と脱柵エレジー、ファイターパイロットの君が好みです。
私事ではありますが、実は最近彼氏と遠距離になりまして
会えない、ということで勝手に自分を重ねてました。
本当に好きだったら、自分のことより相手のことを思いやることが必要、というメッセージが伝わり、私も相手への思いやりを大切にしていこうと思いました。
読めてよかったぁ~。
この記事へのコメント
私もその二冊を未読で読みましたが、後に二冊ともよんで、再びここへ戻ってきました!読んでからだとまた違った「ぐふふ」があってよいですよ♪というかあの二冊もそれぞれにすごくすばらしい本だったと思うので、機会がありましたらぜひぜひ♪おすすめです!
chiekoa | URL | 2007/04/03/Tue 13:12 [EDIT]
sonatineさん、おかえりなさいです。
いつもほぼ読み逃げのワタクシですが、
再開してくれて嬉しいです♪
甘甘が必要なときにはこの作品を読もうと思います。
MOW | URL | 2007/04/03/Tue 14:52 [EDIT]
chiekoaさん

そうですかー。そんなに勧められると読みたくなります!
ぐふふもむふふも大好きです。ベタ万歳!!!

MOWさん

ただいまです~♪
再開して、コメントがないのも寂しいなぁとおもっていたので、
MOWさんのコメントでほっとしました(^^)
甘甘な気分になりたいときはお勧めですよ。
sonatine | URL | 2007/04/04/Wed 21:12 [EDIT]
sonatineさん、こんばんは。

甘甘。
良かったですね。
しかし、本当みんなこうゆ話好きじゃん、と思うと勇気が出ます(何の?)女の子で良かった♪

遠距離恋愛、大変でしょうけど頑張ってください。
でもやっぱ、会えないのはつらいですね…
ちきちき | URL | 2007/04/04/Wed 22:21 [EDIT]
そうですね~。甘いの好きですねぇ。
大人な恋より甘い恋をしたいです。
遠距離はまだ実感ないです。
これから時期にじわじわと沸いてくるんでしょうね。
そんなときは読書が友達さ☆
sonatine | URL | 2007/04/04/Wed 22:29 [EDIT]
こんばんわ^^
私も有川さんの意見に賛成です!
ベタ甘好きで何が悪い!ですよね~
本当にいい作品でした☆大満足です。
私は「クジラの彼」と「有能な彼女」が好きです。
「海の底」も好きなので^^
有川さんにはずっとついていきますよ~
苗坊 | URL | 2007/04/14/Sat 17:06 [EDIT]
やっぱり!苗坊さんもベタ甘好きと思ったんです!
私も甘いの大好きです!
最終回はとびきり甘くしてもらいたいですね。
sonatine | URL | 2007/04/17/Tue 22:04 [EDIT]
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/349-0bc8dddc
クジラの彼 [有川浩]
クジラの彼有川 浩 角川書店 2007-02「クジラの彼」「ロールアウト」「国防レンアイ」「有能な彼女」「脱柵エレジー」「ファターパイロットの君」が収録された、短編集。すべて自衛隊モノラブロマンス!です。きゃー!きゃー!きゃー!…もう、あぁ、大好きだー!「いい年
+ ChiekoaLibrary + 2007/04/03/Tue 13:11
クジラの彼
「沈む」んじゃなくて「潜る」。潜水艦とクジラと同じだから。人数あわせのために合コンに呼ばれた聡子。そこで出会った冬原は潜水艦乗りだった。いつ出かけてしまうか、いつ帰ってくるのかわからない。そんな彼とのレンアイには、いつも大きな海が横たわる。恋愛小説作品集
ぼちぼち 2007/04/04/Wed 22:22
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。