スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変身

変身 変身
嶽本 野ばら (2007/03/30)
小学館

この商品の詳細を見る

ある朝、星沢皇児が妙に気掛かりな夢から眼を醒ますと、自分が寝床の中で見知らぬハンサムな男に変わっているのを発見した…。



<評価>
20060623215859.gif

<感想>
有名なカフカの「変身」のパロディです。
いつものロリイタチックな感じが減少していてちょっぴり残念だけど、そういう癖のあるのが嫌って人には返って読みやすいかも。
美意識の強い乙女のような皇児だけど、彼の中では筋が通っているのかもしれないけど、

ごめんなさい。

とってもとっても見ていて
ぞわぞわ~っと鳥肌が立ちました。
私もこの人は無理です。

時々、そこまで顔がよくなくてももてる人とか
顔はいいのにもてない人っているじゃないですか。
あれって、女性の扱いが適度にいいとかバランスいい人がもてると思う。
私も今、恋愛期の真っ只中にいますが、本当にそう思う。
性格がすべて!とは言わないけど、性格って大事だよなぁとしんみり思った。

世の中、顔がいいもんばっかり徳をしてー!!!

ってぶつぶつ文句言ってる人におすすめ。
ほんとに顔だけかい?って反省するよ。

さてさて内容ですが。
トントン読めるんだけど、楽しいんだけど、ガツンと心に響かない。
最後のはハッピーエンド?だよね?

もし、あたしがすっごい美女になれたら彼よりはうんと上手にモテる自信がある!
でも現実の私は美女ではないので、やっぱり「顔が好き!」って言う人より「性格が好き」って言ってくれる人のほうが安心して自分を見せられるから、このままでいいや。

彼は顔より性格が大事って最後に気づくけど、それもブ男→美男になった経験があったから。
やっぱりブ男は嫌だ。
・・・とsonatineは思います。
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/376-14991b15
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。