スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正直な娘

正直な娘 正直な娘
唯野 未歩子 (2007/06/21)
マガジンハウス

この商品の詳細を見る

<評価>
20060605131725.gif

<ストーリー>

女優にして映画監督・脚本家、そして小説家。ジャンルを超えて活躍する新鋭が、処女長編『三年身籠る』につづいて書き下ろした恋愛小説の傑作。主人公は16歳の女子高校生。こんな一行で物語は始まる。「世界は変えられないと知ったから、わたしは自分のほうをかえることにした」。見事な開幕。5人の女友達---タレント志望の栞、ロックファンでイギリスへの留学を夢見るサチ、仕切り屋で優等生の裕子、ヤンキーで妊娠してしまう矢野、そして精神を病む萌絵---と恋人の岸田くん。岸田くんは優しい。でも「岸田くんと手をつないで眠りながら、十六歳をむかえた夜。わたしは、世界の終わりの夢をみた」。岸田くんは放浪の旅に出、「わたし」は心をむきだしにしたまま


<感想>
この本は新聞で紹介されてて、興味を持ったので図書館で借りてきました。

「世界は変えられないと知ったから、わたしは自分のほうをかえることにした」


というキャッチフレーズが印象に残って、自分から世界を開拓していく話なのかなぁ?と思ったら、変わらないことで自分を守る話なんだなぁとちょっとがっかりガッカリ2
今時の女子高生ってこんなに軽いのかしら?
軽さと繊細さを持ち合わせてる、という感じもするけど、イマイチ共感できなかったなぁ。
たぶん、こういう主人公と相性が悪いんだろう。
私はあんまり好きじゃなかったです。

でも、妙な正義感があるところと、ちょっとした事でケンカ別れしてしまうとこはあるよな~と思いました。
思春期って、戦争ですよね。自分や他人との。
女子高生もなかなか大変そうだな、と思いました。
この記事へのコメント
こんばんは。
やっぱり変わらないでいられる方法を探してる感じでしたよね。
本当、中高生は大変そう。
もう少し大人になったらいろいろ楽になれるんだけど、ってことはおっきくならないとわからないんですよね。
大人になってからこそしんどいこともままありますが。
ちきちき | URL | 2007/08/28/Tue 21:34 [EDIT]
そうですね。まったく同感です。
もうちょっと同感できる部分が多いともっと楽しめんじゃないかな、と思いました。
森絵都さんの「永遠の出口」とかはすごく共感できたんだけどなー。
sonatine | URL | 2007/08/30/Thu 09:47 [EDIT]
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/379-5602dfb3
正直な娘
女優にして映画監督・脚本家、そして小説家。ジャンルを超えて活躍する新鋭が、処女長編『三年身籠る』につづいて書き下ろした恋愛小説の傑作。主人公は16歳の女子高校生。こんな一行で物語は始まる。「世界は変えられないと知ったから、わたしは自分のほうをかえることに
ぼちぼち 2007/08/28/Tue 21:34
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。