スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月のうた

月のうた
月のうた穂高 明

おすすめ平均
stars文字で見る3Dドラマ
stars月に彩られた4人とその物語
stars少女の成長物語

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

優しい本でした。
母親を亡くし、大好きなおばあちゃんを亡くし、父親と継母と暮らす民子。
年の離れた結婚をして、馴染めない家庭に入った継母の宏子。
民子の母親、そして民子に恋する息子を持つ祥子。
そして、父親の4人の視点で描かれた本。

世の中にはその人しか知らない事柄が、たくさんあるんだなぁと思った。
その人の行動、言動、考え方は誰かが知らないうちに違う誰かとの関係によって生み出される変化で形作られている。
たとえば、誰かを責めたくなった時に、意見を聞きなさいって言うでしょ。
聞いたことで、誤解が解けるかもしれないから・・・。
違う価値観の人、自分とは違う他人を理解する、受け入れるって精神のレベルを上げることが必要。それって優しさってことなんじゃないかなぁ。
その優しさは人から与えられて、自分も与えることができるのであって。
そうやって人と人がどんどん繋がっていく。
それは脆い絆かもしれないけど、すごくあったかくて嬉しくてかけがえのないもの。
そういう大切さをじんわりと感じる、優しい話でした。
陽一と民子の友情?愛情?の関係がすごく羨ましくて、こういう幼馴染がいたらなぁと思いました。
パンチは足りないですが、優しくなりたい気分の人にお勧めです。
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/414-f9b8ecd1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。