スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幽霊人命救助隊


高野 和明
Amazonランキング:135724位
Amazonおすすめ度:


自殺者の命を救え! 浮かばれない霊たちが、天国行きと引き替えに人名救助隊を結成、地上に舞い降りた。救うべきは、100人の命…。怒涛の人命救助エンタテインメント。


そらさんからのオススメ本アップロードファイル

そろいもそろって、私が授けた命を無駄にしてくれたもんだ



これ、神様のセリフね。
自殺者を救う自殺者が命を救う話なんだけど、全体的に命は尊いんだよ、というメッセージが伝わってきました。
最初はがむしゃらに、ノルマ的に人命救助をやってた救助隊もだんだんコツをつかんでいって、
それは自身への浄化につながっていく。
実は言うと、ちょっと人命救助があまりにもとんとん拍子にうまくいくもんだから途中少し中だるみしてしまいました汗とか
うーん、でも今の時代に欠けてるものを現わしてるなぁと思いました。
人間関係の希薄化。愛情表現がうまくできない。
それゆえの孤独というか。
人ってほんの些細な優しさで元気になったりするものなんだなーと思いました。
それとか、こんな風に勝手に心の中にぐいぐい入ってきて、おせっかいにもメガホンとって励ましたり、慰めたりと世話をやくってことが必要な時もある、と思うんです。
こういう人たちがいたら、自殺は劇的に減るのに。
いかに個性の時代といえども、絶対に人は一人では生きていけないし、もっと人の中にも、自分の中にも交わっていかなきゃいけないと思いました。

私が一番好きな話は慣れない東京暮らしに自殺を考えてる男の子と、その友達のお話がよかった。
解決策も好きだし、理由も納得できるし、その話はもうすべてが好きラブリィハート
発想にやられたーって感じ。

時々妙な思いつきで、親しくもない人に優しくしたくなったり、
疎遠になってしまうことがありますよね?
それってもしかして・・・と思ってしまいました。
私は落ち込んでる時に友達から急に電話がかかってきたりするタイプなので、
救助隊のみなさま、これからもどうぞよろしくおお願いしますねアップロードファイル
そらさん、ご紹介ありがとうございましたグッドキラキラ
この記事へのコメント
わ~い♪sonatineさん,ありがと~\(^o^)/

>ちょっと人命救助があまりにもとんとん拍子にうまくいくもんだから途中少し中だるみしてしまいました

これ,私もそうだったかも(^^;)

でも,なんか読んでよかったなぁと思える本だったので,
sonatineさんにも気に入ってもらえたみたいで,
と~ってもうれしかったですv-343

>私は落ち込んでる時に友達から急に電話がかかってきたりするタイプなので、

あら~,sonatineさんには強力なお助けマンがついていらっしゃる♪
よかったよかった\(^o^)/

「おせっかいにもメガホンとって励ましたり、慰めたりと世話をやく」人って,今どき,どんどん少なくなってきてるよね。
でも,慰められたり,励まされたり,そんなことをされながら,人って生きていけるんじゃないかなぁなんて,そんなふうにも思います。
マザーテレサみたいにエラくなくても,
やっぱり生きているって,それだけでステキなことだと思ったりして(えへへ。。。*^_^*)
そら | URL | 2008/04/12/Sat 18:21 [EDIT]
この本、読んだ後にしばらくたってから、ふっと思い出すことがあります。
何気ない親切が自分を救ったり、相手を救ったのかななんて考えます。
読み終えた後に思い出すことはマレなので、読めてよかったと改めて思いました。
sonatine | URL | 2008/04/23/Wed 11:00 [EDIT]
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/430-4252d57e
「幽霊人命救助隊」高野和明
重たいテーマをコミカルなストーリー展開で読ませます。 終盤は思わず涙。もう私、こういう話、本当に弱くって。 満足度の高い作品です。 ...
日だまりで読書 2008/04/12/Sat 18:24
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。