スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴールデン・スランバー


伊坂 幸太郎
Amazonランキング:28位
Amazonおすすめ度:


俺はどうなってしまった? 一体何が起こっている? 首相暗殺の濡れ衣を着せられた男は、国家的陰謀から逃げ切れるのか?


本屋大賞1位、おめでとうございますクラッカー
私は伊阪さんのファンではないので、この作品を読むことはないだろうと思っていました。
だって、500Pもあるし・・・絵文字名を入力してください"
でも、気になってる人が伊阪さんの大ファンで、「これ面白いから」と貸してくれ、読むことにしました。
ビートルズのアビードードがあうよ!と言われて、聞きながら読みました。
確かにぴったり。時々浜崎あゆみのユーロビートに浮気したら全然合わなくてアップロードファイル
最初は物語に入っていくのに苦労して、辛くて何度も投げ出したい衝動に駆られたけど、
読みきって感想を語りあわねばならない使命があるので、こらえて読む。
物語が急展開したアノところから、ぎゅーんって面白くなった!
ヤバイ!!!やめられないっ!!!なんじゃこりゃー。
もう最後が気になって気になって、加速して読むのに全然進まなくて、
進んでも進んでも先が見えない。
推理小説にありがちな、身内・親切な人が一番怪しい説を念頭に入れ、みんなを疑いながら読んでいって、「あ、こいつ怪しそう」なんて推測しながら読んでいったけど全然違うじゃーん。
「信頼と習慣」というキーワードが随所にちりばめられ、最後までそれを貫いた作品でした。
周りの人が妙に協力的だったのは???だったけど、それもこの主人公の人徳なのでしょう。
印象としては東野さんに似てて、東野さんの方が読みやすいけど、小道具の使い方は伊阪さんに勝る人はいないでしょう!
花丸とか痴漢は死ねとか、やられましたnaku2.gif

さて、本題に入りましょ。
国家組織が変な方向に向かうと怖いなーと思いました。
銃も殺人も暴力もOK。さらに、か●●●まで!
日本でこういうことがありえるかはわからないけど、ないって思いたいけど冤罪は多いですよね。
何で!?という思いも残るけど、現実って白黒はっきりした終わり方ができるとも限らないし。
ハッピーエンドとは言えないけど、希望を残した終わり方でしたキラキラ

以下、ネタバレ

なぜ彼を殺人者に仕立て上げなければならなかったのか。
その組織の全貌が明らかになるわけではなく、彼は絶望的な中で逃亡に成功し、
そういう意味では勝ち抜いた。
ただ、家族や知り合い、今までの自分を捨てて、新たな地味男(ここが非常に残念!)にならなければならなかった彼のことを思うと、くやしさが残った。

なぜ?が解明しないほど不気味なものはない。
不気味な事件に巻き込まれ、執念で命を勝ち取った男に切なさがこみあげてくる。
テレビのニュースも、鵜呑みにしてはならないな。


補足
この本の持ち主から、森は生きてるのに気づいた?って聞かれた。
言われた箇所を確認してみたら、確かにそう思えなくもない部分があった。
ヒントは20年後を語ってるジャーナリスト。

そこでは森の声も聞こえなかった。

この記事へのコメント
こんばんは。
アマゾン、28位っすか。すごいな、本屋大賞。

とにかくドキドキハラハラし通しの読書でした。
何度結末を見て安心して読もう!と思ったことか。
我慢したかいがありました♪
ラスト、ああなっちゃったんで痛快とまではいかなかったけど、いっぱい心動かさせられました。
伊坂さん好きなので、なかなか冷静な感想にならないんですよね(^_^;)
ちきちき | URL | 2008/04/23/Wed 20:23 [EDIT]
痛快といかなかったのは残念だけど、私もすごく楽しい読書でした。
こういった事件ってありそう・・・
sonatine | URL | 2008/04/24/Thu 18:28 [EDIT]
こんにちは。TBさせていただきました。
補足の所をみて、はっとしました。
もう本を返してしまったので確認できないのが悔しいですが、生きているなら嬉しいです~^^
伊坂さんの作品、久しぶりに読みましたが、やっぱり良いですね~^^
読む手が止まりませんでした。
苗坊 | URL | 2008/07/27/Sun 12:18 [EDIT]
うふふ。確証はないけど、可能性は高いと思いますよ。
あんまり取り上げられてないみたいなので気づいてる人少ないのかな???
伊坂さんの作品は小道具がたくさんでおもしろいですね♪
私も読む手が止まりませんでした。
sonatine | URL | 2008/08/02/Sat 12:00 [EDIT]
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/435-b56c4e79
ゴールデンスランバー
JUGEMテーマ:読書 冴えわたる伏線、印象深い会話、時間を操る構成力……すべての要素が最強の、伊坂小説の集大成!! 仙台での凱旋パレード中、突如爆発が起こり、新首相が死亡した。同じ頃、元宅配ドライバーの青柳は、旧友に「大きな謀略に巻き込まれているから逃げ?...
ぼちぼち 2008/04/23/Wed 20:24
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。