スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵本あれこれ。


図書館で絵本フェアをやっていた。
私のよく利用する図書館は、設備も整っててレファレンスも非常に優秀。
おまけにフェアもやってくれる本好きにはたまらない環境なのです。
んで、懐かしい絵本を発見しました。

ますだくんは、子供のころはただ面白いなぁ~って読んでたんだけど、
うまいなぁ、とかこういう子いるよなぁ。と懐かしさがこみあげてきました。
いじめっこを怪獣で表現しちゃうとことか、「やだな」の間の取り方とか、あーわかる!というのとあーかわいいっていうのとたまらなく愛しい本です。

ごんぎつねは、国語の教科書で読みました。
切なくて切なくて、でも大好きなこの作品。
子供にはちと切なすぎるかもしれないけど、自分に子供ができたらぜひぜひ読ませたい本。

最後はみすずさんの明るい方へ。
最近「明るい方へ 明るい方へ」物事を考えようとふと思って、このフレーズって確か金子みすずの作品だよなぁと思い、お持ち帰り。
すごく素朴。こんなに純粋な言葉を紡ぎだせる人だったんだなぁ。
絶賛されるのもよくわかる。
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/438-dec0385d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。