スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

でかい月だな


水森 サトリ
Amazonランキング:159722位
Amazonおすすめ度:


満月の夜、友人に崖から蹴り落とされた「ぼく」。命は助かったが、右足に大怪我を負う。そんな「ぼく」の前に、二人の変人科学オタク・中川と邪眼を持つオカルト少女・かごめ、そして「やつら」が現れる…。第19回小説すばる新人賞受賞作。


読書ブロガーさんの間でちょこちょこ紹介されている「星のひと」が読みたかったんだけど貸し出し中にてこちらをお持ち帰り。

えーっと、なんというか???????????な本です。
ストーリーがめちゃくちゃ。浮世離れしてるようで現実から離れてもなくて
青春小説なのは間違いないけど、とにかくさっぱりわからない。
が、読めます!
登場人物がとっても魅力的だから。

私は中川くんがとっても好きで、読みながら恋してしまいましたラブリィハート
物事の本質を見抜く冷静さと、見守る優しさを備えた素敵な秀才くんです。
「ほらお座り。お手」とかキャベツシュートとか笑っちゃった。かわいい!!!
「まっとうな科学者はひとを救ったりはしないんだ」や(名台詞なので伏字に)
君は友達が殺人者になることを命懸けで止めたんだ
にはぐっときたね。
綾瀬くん(僕を蹴り落とした加害者)は美少年で、蹴り落とした理由もうぅってくるものだったのに、
あんまり生かされてなかったなぁ。
中川くんが魅力的すぎてキラキラ
不完全ではあるけれども、水森サトリさんは気になるなー。
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/450-5ef4566a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。