スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

透明な地図 原田宗典

4924880051透明な地図
原田 宗典

TOKYO FM出版 1992-11
売り上げランキング : 501,927
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

sonatineの一番好きな作家さん、原田宗典さんの海にまつわる短編集。
不思議な島に迷い込んだ日本人旅行客の、不思議なお話。
原田さんの『どこにもない短編集』に似ている感じで、普通の日常からすこしずつボタンが掛け違ってしまって、戻りたいのに戻れなくなってしまったという感じ。
わかりやすくいえば、世にも奇妙な物語に似ています。

モデルとなった島の写真がたくさんあるのですが、本当にきれいで、sonatine写真のことはど・素人ですが、うわーきれいだなぁって単純に感動してしまいました
本に書かれている島は、美しいんだけどエピソードをみると、背筋がぞくっとする話もあって、きれいなんだけど近寄ってはいけない禁断の島ってイメージがあるんです。
でも写真は実際の島をとってるわけで、多少ギャップは感じるものの、そうそう現実に再現するならこんな感じ!と思えました。

この話は、タイトルが美しいだけに人間ドラマっぽいのかな?と思ったらミステリーで、少しびっくりしました。
読み終えて、たしかに透明な地図のように、不確かで肝心の部分が抜けてたり、道がなかったりする不安定さを見事にあらわしていて「さすが、原田さん!」って思いました。
原田さんはエッセイもものすごく面白いし、詩もこころにずーんと響くいい詩を書かれます。
でもなによりも好きなのは、この人は作家さんだ!ってすごく思えることなんです。
文章は誰に見せてもすばらしいものだし、読者を楽しませながら自分の広い世界にぐいぐいと引っ張り、少しの間だけ違う世界に迷い込んだ気分になってしまうのです。
この記事へのコメント
こんにちは。

ちょっと古い記事だけどコメントしちゃいます。
原田宗典はエッセイもおもしろけど、断然小説の方がおもしろいと思っている一人です。小説でも長編もいいけれど、短編がすごいうまい!海の短編集も人の短編集も旅の短編集もどれもよかったですよねぇ。
なんて、sonatineさんの原田さんの好きぶりがよくわかる記事なので思わずコメントしてしまいました。
kbb | URL | 2006/03/25/Sat 12:26 [EDIT]
そうなんですよ~!
エッセイも素敵だけど、私も小説、とくに短篇が大好き\(~o~)/
同感してくださるかたがいて嬉しいかぎりです☆
sonatine | URL | 2006/03/25/Sat 12:44 [EDIT]
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/46-f4527929
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。