スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

婚約のあとで


阿川佐和子
Amazonランキング:2444位
Amazonおすすめ度:



婚約のあとに結婚への迷いを抱える「波」と、その周りの女性の恋愛事情の短編集。
これを割り切って、セレブの世界の小説と読むといいかもしれません。
ベースがお金持ちで、大企業で、若手女社長で・・・という方たちばっかりなので、
一般女性を基盤として読んじゃうとたくさんのずれが出てくると思います。

特に、やたらと浮気の話が出てきたのはイヤーな感じでしたアップロードファイル
それをあっさり許しちゃったりするのも「ちゃうやろ?」「かっこつけすぎやろ」と。
つまり出てくる女性がかっこよすぎなのです。
もろさもあるけど、基本的に強い。
普通、浮気されちゃったり出て行かれたなら半狂乱になるでしょ?
その描写をあえて避けている。
その辺が阿川さん、書きたくないのかなって思いました。

さあ、その点を充分理解ができたら面白く読めます。
まずメイン主人公の波。
大手企業につとめて、仕事もバリバリで、美人でモテモテでいい家柄でイケメンと婚約中。
私はこいつがとーっても嫌いでしたbikkuri01
何でも手に入ってて、それに対する嫉妬があるのかもしれないけど・・・
最初、主人公の時はふむふむと読んでたけど、他の人が主人公の時に読むと
無性に腹が立つ、エビちゃん風OL(勝手に命名)に見える。
てか基本的にこの本に出てくる女は自分本位で、優しそうに見えるけど周りを振り回すタイプが多い。
でも、それに気づかないで自分の殻でクヨクヨしてる。
そんな女に男性は限りなく優しいのだ。

人生っていのはね。二者択一の繰り返しだ。
でも、どんなに不純な動機でも、あるいはいたし方ない理由でも、それは自分が選んだ道だからね。
その結果がどれほど予想外の方向に行っても、一つ一つの道を一生懸命選んでいれば、積もり積もって必ずいい人生になるんだよ。



の波パパの言葉がよかったなぁ。この本の中で庶民派に見えたのは彼だけだったのよね。
まぁ、こういう名言をしみじみ言えて、本の雰囲気から判断するとこのパパも浮気はしてただろうなぁアップロードファイル

最後に、

女性っってのはね、今が大事だから。
過去や未来より現在が。未来の夢を語るより、現在を満足させられればその方が安定する。


という達人の名言があって、そうかもーと妙に納得。
人によりそうだけど、今が満足なら過去のことも未来のこともあんまり気にならないからね。
全体的に恋愛に対する寛容さが長く続く秘訣みたいな雰囲気があって、
有川さんで、ベタ甘中毒になった私にはビターすぎました。
が、阿川さんの書き方は好感が持てました。
他の本で再トライしてみたいと思います。
この記事へのコメント
こんばんは。
そうですか。波、嫌いでしたか(笑)
出てくる人たち、やっぱりセレブっていうか、全体的に余裕が感じられましたね。
ガツガツしてないというか…
読み心地は悪くなくて、たまにはいいなあって思いました。
ちきちき | URL | 2008/09/28/Sun 18:49 [EDIT]
ちきちきさん、こんばんは。

波…苦手ですねぇ。
逆に妹ちゃんの方が好きです。
かなりずるいことしちゃいましたが。

登場人物は好きになれなかったけど、私も読み心地は好きです。
たまにはセレブ小説もいいですね。
sonatine | URL | 2008/09/30/Tue 23:17 [EDIT]
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/486-d220fe45
婚約のあとで
JUGEMテーマ:読書 この人で本当にいいの? これが私の生きる道? 彼女たちの「選択」を描く恋愛小説。 「この人に決めた」。そのあとで知る、彼のことといくつもの障害――モヤモヤを抱える29歳の姉、倫ならぬ関係にひた走る妹、都合のいい女に徹する同世代、生ま?...
ぼちぼち 2008/09/28/Sun 18:50
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。