スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変わりたいあなたへの33のものがたり


別に変りたいと思ってるわけではないですが、立ち読みしていたら思いの外面白かったので購入してみました。
おとぎ話と私たちの身近な話をひっくるめた物語が載ってます。
哲学本は小林正観さんにはまっているので他のものには興味がなくて、
またこういう本は押しつけがましくてなんだかなぁ・・・と思ってたのですが、
意外にホロリと泣いてしまいました。
これを読んだ時に、本当に本当に精神的に弱っていて、話がとても心にしみました。
読むべくして読む本。
そんな気がしました。

めったに風邪をひかなかったのに風邪をひいていた私。
目的がなくて、どうやって毎日を過ごしたらいいかわからない私。
失敗をしたくなくて、運命に逃げていた私。

そんな私にたくさんのメッセージを与えてくれました。
おかげで元気です。

この本のいいところは、おとぎ話と現代の話をまぜてものがたりとしていることで、
ぐっと親近感がわくところ。
読者がどう感じ、どう変化したか、そして自分と同じように弱っている状態から力を取り戻す経緯がとても勇気づけられました。
ちょっと、押し付けじゃない?って思うところもあるけど、私はこの本が読めて良かったなぁと心から思います。

その中でも特に印象に残った物を。

動物園の猿とサーカスの猿。長生きするのはサーカスの猿。
僧侶は滝に打たれてもほとんど風邪をひかない。



ある人がお釈迦様に暴言をはいたがお釈迦様はちっとも動じません。
そして言いました。
「もし他人に贈り物をしようとして、その相手が受け取らなかった時、その贈り物は一体誰のものだろうか」



この話にビビっときた方は、ぜひ読んでみてください。
この記事へのコメント
こんばんは。

更新が少なくて心配しましたが、元気を取り戻したようでうれしいかぎりです。読書にかぎらず何かとの出会いで人間は大きく変わっていくものですね。

ことしも一年ありがとうございました。来年もどうぞよろしくおねがいしますね。

来年もその調子でおたがいがんばりましょう。よいお年をー。
kbb | URL | 2008/12/31/Wed 18:05 [EDIT]
kbbさん、あけましておめでとうございます。
心配掛けてしまいましたね。
もう大丈夫です。これからはマイペースに更新していきますが、読書生活は不滅です(笑)
こちらこそ、今年もよろしくお願いします。よいお年を☆
sonatine | URL | 2009/01/03/Sat 09:43 [EDIT]
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/508-75ab1942
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。