スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月の砂漠をさばさばと


9歳のさきちゃんと作家のお母さんは二人暮し。毎日を、とても大事に、楽しく積み重ねています。お母さんはふと思います。いつか大きくなった時、今日のことを思い出すかな―。どんな時もあなたの味方、といってくれる眼差しに見守られてすごす幸福。かつて自分が通った道をすこやかに歩いてくる娘と、共に生きる喜び、切なさ。やさしく美しいイラストで贈る、少女とお母さんの12の物語。


タイトルとおーなりさんのかわいい表紙に魅せられ読んでみた。
作家のお母さん。こんな素敵なお母さんだったらいいな。
サキちゃんの想像力をグンと広げてくれて、毎日をキラキラKIRA KIRAさせてくれる。
いや、お母さんもサキちゃんにハッとさせられるのだからお互い様か。
二人の関係がとてもうらやましい。
想像力って大切だなぁって思う。

お母さんはサキちゃんと同じ目線で、たっている。
友達のようでもあり、お姉ちゃんのようでもある。そしてお母さんでもある。
猫が飼いたい話、サバのみそ煮の話・・・どれもありふれたものばかりなのに、
とっても暖かさであふれてる。普通の幸せ。
そして、子供とお母さんの世界が一番だった限りある時間。
そう思うと、ちょっと切ない。

大人になり、絶対的に守られる年ではないけど、当時より少し離れて私を見守ってくれる親。
いつか私も見守る立場になる。
そのときに、このお母さんのように、そして親のように愛情をたっぷり注いであげたい。
常識や偏見。世界は生きにくいこともあるけども、たくさん楽しいものも溢れてるんだよって伝えられたらいいし、そう思って生きていけたらいいな、と思った。
この記事へのコメント
こんにちは。TBさせていただきました。
この作品、好きですね~
ちらっと書かれているイラストがとってもかわいいですし。
母娘の関係がとっても素敵ですよね。
お父さんはいないですけど、いい親子関係が築け照るなぁと思いましたし。
月の砂漠の替え歌もかわいかったです^^

そういえば、「ひとがた流し」に、この2人が登場します。10年後くらいでしょうか。2人は主人公ではないので、そんなに深くはかかれていないですが。
おおきくなったサキちゃんを読みたい!と思いましたら是非どうぞ^^
私は「ひとがた流し」を読んだ後に、この2人だと気づいたのですが^^;
苗坊 | URL | 2009/09/23/Wed 16:05 [EDIT]
こんにちは。情報ありがとうございます!
読んでみます☆10年後の彼女たち楽しみです。
最近、この本がどうしても手元に置いておきたくて購入しました。
私も大好きです。
sonatine | URL | 2009/09/25/Fri 01:28 [EDIT]
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/577-3db5c939
月の砂漠をさばさばと 北村薫
月の砂漠をさばさばと 小学校3年生のさきちゃんはお母さんと2人暮らし。 お母さんは作家という仕事をしており、さきちゃんが寝る前にお母さんが作ったお話をしてくれます。 そんな2人の生活を描いた短編集。 おーなり由子さんの挿絵付きです。 凄くほのぼのしてい?...
苗坊の徒然日記 2009/10/29/Thu 18:42
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。