スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸福な食卓 瀬尾まいこ

4062126737幸福な食卓
瀬尾 まいこ

講談社 2004-11-20
売り上げランキング : 3,578
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

素敵な小説でした。
この本を読めて、本当によかったと思いました。

「父さんは今日で父さんをやめようと思う」
主人公・ 佐和子の“少しヘン”な家族(父さんをやめた父さん、家出中なのに料理を持ち寄りにくる母さん、元天才児の兄・直ちゃん)、そして佐和子のボーイフレンド、兄のガールフレンドを中心に、あたたかくて懐かしくてちょっと笑える、それなのに泣けてくる、“優しすぎる”ストーリー。


主人公を取り巻く環境は一見、とても変わっていて、不幸なように見える。でも、中をのぞいてみれば普通で、面白くて、みんなマイペースに暮らしている。
佐和子のうちでは、みんながそろって朝食をとる。
重大な報告も、朝が早いときも遅いときも、非合理的に。
『幸福な食卓』というありきたりのタイトルだけでは図れない意味が含まれている。

佐和子のボーイフレンドや直ちゃんとの関係。
冷静で大人びた彼女と、子どもっぽい男性陣。
その会話がとても面白くて好きでした。

直ちゃんの恋愛観、そして父親の自殺未遂が彼にもたらしたもの。
悩みがなさそうにしている人でも、みんなどこかで繋がってるんだなぁって。変な感想だけどそう思いました。

そして、ラストの話。

ズドーンってやられました。
大どんでん返し、とでもいいましょうか。
でもまさか、瀬尾作品でやられるとは思わなかったけど。

この話があってこそ、この作品は終わるのだけど。
生きてくるのだけど。
そして、この話が嫌いではない。
だって、とてもいい話なんだもん。
父親、母親、兄、友達、兄の恋人
さまざまの視点からの見方があって、優しさがあって
人って面白いなぁと思いました。

あまりにいい話だったから、
早速、大好きな友人に貸してあげよう
この記事へのコメント
sonatineさん、こんにちは。
私もこの本、大好きです!最後は号泣してしまいました~。
あまりに良かったので、息子にストーリーを話して聞かせてあげたら、やっぱり最後のところに衝撃を受けていました。
本当は自分で読んで欲しかったんですが、本よりゲームが好きな子なので読んでくれないんです(>_<)
ruka | URL | 2005/07/27/Wed 16:41 [EDIT]
やっぱり!この本ってとてもいい本だから人に読んでって勧めたくなっちゃうんですよね☆
rukaさんはストーリーを子どもさんに話したんですね。
私も子どもができたら、自分の好きな本を聞かせたりしたいな。
sonatine | URL | 2005/07/28/Thu 19:55 [EDIT]
こんにちは。
この本を読んだ頃、シンクロするようにしんどい出来事があったばかりで
瀬尾さんの文章に泣かされました。
泣いて泣いて、でもすっきりしました。
泣くことを自分に許せるような気持ちにさせてくれる、そんな小説でした。
TBありがとうございました~!
柊 | URL | 2005/07/30/Sat 10:55 [EDIT]
こんにちわ。
久しぶりにこんな本読みました。
なんだか心にもやができてしまって・・
おく | URL | 2006/03/26/Sun 11:13 [EDIT]
おくさん、はじめまして。
心にもやですか・・・そんな時もありますね!
sonatineもしょっちゅうあります。
瀬尾まいこさんや重松清さんの作品を読むと、気持ちが前向きになれる気がします。
sonatine | URL | 2006/03/26/Sun 11:54 [EDIT]
こんばんわ。
TBさせていただきます。
感動しましたね。びっくりでした。
家族の絆や危うさが、良くわかる作品でしたね。
でも、ラストには驚きでした。
瀬尾さんには珍しい感じですよね。
ハッピーエンドではないかもしれないですけど、嫌いではない終わり方でした。
苗坊 | URL | 2006/08/01/Tue 21:40 [EDIT]
こんにちは。
私もこの終わり方、嫌いじゃないです。
この話は登場人物みんなが魅力的で、好感が持てて
読んでいて気持ちのよいものでした。
(最後にずーんと落ち込みましたけど)

瀬尾さんは新刊がでましたね!
早く読みたいなぁ~
sonatine | URL | 2006/08/04/Fri 20:44 [EDIT]
こんばんは。
大どんでん返し、やられましたね。
そうくるのかと、思いもよらなかったので結構ビックリしました。
でもいい話。
今度映画を観てみます♪

このみ。 | URL | 2008/08/16/Sat 22:36 [EDIT]
瀬尾さんでやられるとは思ってなかったです。
最後は誰でもびっくりするエピソードなだけに、使い方によってはすごく安っぽく見えちゃうことがありませんか?
この作品で、それを扱うことによって、主人公は周りの優しさに支えられて立ち直るんだけど、映画ではエンディングで曲と主人公のきぃちゃんがつらいけど、生きる強さを身につけたことがよく表れていて大好きな終わり方です。
切ないけど・・・ぜひ見てみてくださいね。
sonatine | URL | 2008/08/21/Thu 11:48 [EDIT]
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/58-483bf130
幸福な食卓/瀬尾 まいこ
 毎朝、必ずみんなで揃って食べる朝食。そんな佐和子の家族。 そんなある朝、お父さんが突然、『父さんは今日で父さんであることを辞めようと思う』と突然宣言した、そんな場面から話は始まります。  始めのうちはさらりとした読みやすい文章で、幸せな家族の中でお父さん
読書発電所 2005/07/28/Thu 12:26
[本]瀬尾まいこ「幸福な食卓」
幸福な食卓瀬尾 まいこ / 講談社4本の連作小説からなる1冊。「幸福な朝食」佐和子中学2年生の春。父親が突然“父さんをやめる”宣言をする、という衝撃的な場面から始まる物語。「バイブル」佐和子中学3年生。とても大切な存在になる大浦くんとの出会い。そして何だかとって
Four Seasons 2005/12/21/Wed 21:16
「幸福な食卓」瀬尾まいこ
父さんが自殺を失敗したときも、母さんが家を出たときも、朝は普通にやってきた。そして、その悲しい出来事のあとも…。泣きたくなるのはなぜだろう?優しすぎるストーリー。 「父さんは今日で父さんをやめようと思う」 こんなひと言から話が始まる。 母さんは離婚するわ?...
テンポ。 2008/08/16/Sat 22:38
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。