スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅色HERO


熱い、熱い女子バレーマンガです。
廃部になったバレー部を復活させ、春高目指して頑張る姿は読んでてアドレナリン全開!!!
主人公が気持ちがいい。
ホットギミックは2人以外がおざなりだったけど、こちら周りの人がしっかり描かれていて、
どの子にも物語があるんだなぁって思います。
とっても面白いラブリィハートまだ続いてるので、これからも読んでいこうと思います。

マンガを大量に大人借りして読んで、夢中で読んでいるうちは楽しいのですが、
読み終えた後の喪失感ったらない。

マンガでは、ドラマチックな展開で生き生きと主人公が動いているけども、
現実の私はぼーっとしてて熱中できるものが何もない。
読む分には主人公がエネルギッシュな方が楽しいんだけど、
手元に置くには谷川史子さんのような静かな物語の方がいい。

ふと思ったんだけど、学生時代にこうやって熱中するものがあった人たちは
今頃どうしてるんだろう。
プロではなく、ごく普通の会社員として働いている人たちはどう過ごしてるんだろう?
それを趣味として続けているのか。
あの頃はよかったなぁなんて、思い出にふけってるのか。
子育てとか仕事とか、他のことにバリバリ情熱を傾けているのか。
とても気になる。
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/580-fc8052bb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。