スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奔放な女神たち


真野 隆也,田島 董美
Amazonランキング:884734位
Amazonおすすめ度:


慈愛に満ち、崇高な女神たちが、怒りや嫉妬で身を震わせる…。英雄たちを勝利へと導き、人々を豊饒で潤す女神のありのままの姿は、時として英雄や神々をも翻弄する。美しき女神たちの素顔に迫る。



ギリシャ神話好きだー!

スピリチュアルで天使とかのメッセージ系の話がよく出てくるけど、
この本を読んですごく納得した。
自分の本能に素直で、自由で、力があって苦難さえも生きる糧にして
それぞれのびのび生きてる。
神様っていうと優しいイメージがあるけど、他人の女を寝とったり、
失恋して相手を呪ったり、嫉妬して相手を殺したりと自分勝手。
この人たちのメッセージがそんなに尊いものなんだろうか?なんて考えたり。
でも、不思議とねちっこさは感じなくて、よくやるなぁとさえ思う。

神様の世界はシンプルで美しいもの。もしくは才能のあるものが魅力的なんだなってことがよくわかる。
結構そこさえ恵まれてれば、何とかなってる。
で、神様になるには秀でたものがないとなれないから、個性的だし才能や魅力がそれぞれある。
シンプルで、過酷で、奔放な神様。
読んでてすっごく楽しかったです!オススメアップロードファイル
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/585-654e5045
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。