スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミムラの絵本日和


ミムラ
Amazonランキング:135696位
Amazonおすすめ度:


「MOE」好評連載中の絵本レビュー、「ミムラの絵本日和」が一冊になりました。『ふたりはともだち』『もぐらとずぼん』『いつまでも、鰐』…絵本通もうなるセレクトの18冊の絵本の魅力を、子どもの頃からの絵本にまつわるエピソードをまじえ、ミムラが自分の言葉で、真摯に、熱く語ります。巻頭ではミムラのお部屋を特別公開、また絵本作家の坂崎千春、池田あきことの対談2本も収録。


あとがきの冒頭が「びっくりです」で始まっててびっくり。
とても文章がお上手、というわけではないんだけど(もちろん下手でもないです)、
素直で、感じたことをそのまま文章にできるすごく魅力的な書き方をされる方です。
ページを開いて、文章を読みだすと、ミムラさんの感じた、見た情景がありありと浮かんでくるのです。
絵本をもっと、読みたくなりました。
今度、絵本コーナーをのぞいてみよう絵文字名を入力してください

ちなみに・・・私がオススメする絵本はこちら。
醜い花醜い花
(2003/11)
原田 宗典

商品詳細を見る

だーいすきな原田宗典さんの絵本です。
醜い花はみんなのことが大好きだけど、あまりに醜いので嫌われて、そんな自分のことが大嫌いな花です。
自分が砂漠にぽつん、とひとりぼっちになった時のような孤独さに襲われたときに読むと、
心が浄化されていく気がします。
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/590-c7b8a1d1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。