スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よろづ春夏冬中 長野まゆみ

4163234500よろづ春夏冬中
長野 まゆみ

文藝春秋 2004-10-09
売り上げランキング : 35,186
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

見てください!この不思議な挿画。長野さんが書かれたそうです。
よろづ春夏冬中、なんてレトロで素敵なタイトル。
『妖しい』というのがぴったりかな。

正直、長野作品はこれまでに一度、読もうとしたことがあったのですが、挫折してしまって。
でも、読書日和さんの感想を読んで、見てみたい!と思ったので読んでみました。

不思議で、少し不気味で、どきどきして。
何だかちょっとだけ、悪いことをしている感じ。
中学生の放課後や、夕暮れのイメージの短編集。
男性同士の恋愛の話がいくつか入っていましたが、私はどきどきしながら読みました。
BL物は、実は好きだったりしますmabataki.gif
でも、これはそういうのが苦手な人でも大丈夫と思います。
私は『空耳』という話が一番好きです。
ちょっと相手を試したくなるときってある!ある!と思いました。

全体的な感想を言いますと、長野さんの作品は好き嫌いがはっきりわかれそうだなぁと思いました。
私は、文章はあんまりすきじゃないけど、話が好みだったからこの本は好きです。

最近、短編を立て続けに読んでいるのですが、短編ってさくさく読めそうで読めないですね。
ひとつの物語を消化しないまま進んでしまうと面白くないし、うまく切り替えができないのです。
少しずつ読んでいくと、
「あれ?前読んだ話はどんなだったっけ?」
ってなっちゃうし。
sonatineは一気に本は読み上げたいタイプなのでちょっと短編がつらくなってきています。
この記事へのコメント
こんにちは。
「ひとつの物語を消化しないまま進んでしまうと面白くないし、うまく切り替えができない」って良くわかります☆
短編集を読むのも長編と同じくらい集中力要りますね~笑
リンク、TBありがとうございます♪
柊 | URL | 2005/08/05/Fri 08:04 [EDIT]
そうなんですよ!たかが短編、されど短編。
その奥にある、本当に伝えたいことを読み取るには読み込まないと難しいなぁと思います。
あ、死神の精度、私も買いました。
でもまだ、読めずじまい…(TT)
sonatine | URL | 2005/08/07/Sun 23:55 [EDIT]
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/61-95c87210
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。