スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜明けの縁をさ迷う人々

夜明けの縁をさ迷う人々夜明けの縁をさ迷う人々

角川書店 2007-09
売り上げランキング : 142418
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

もしあなたが世界からこぼれ落ちても、私が両手をのばして、受け止めよう―『博士の愛した数式』『ミーナの行進』の小川洋子が世界の片隅に灯りをともす、珠玉のナイン・ストーリーズ。


現実世界とはちょっと違う童話チックな話もあるし、ありそうであり得ない世にも奇妙な物語が好きな人にはもってこいな本です。
普通に生きられなかったり、ちょっと人と感性が違ってて、この主人公たちの守るべきものは1つ。
その偏ったところがかなり好きハート
装丁もビターな展開も、純粋なきれいすぎる狂気も怖いけど魅せられる。
個人的には涙を売って楽器の音色を上質なものにする「涙売り」、「教授宅の留守番」が特にお気に入りです。
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://neteoki.blog7.fc2.com/tb.php/610-37417a24
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。